ボルトンvsリバプール 他

ボルトンvsリバプール
この試合生で見る気満々だったんですけどTVは「喰いタン」勢力に占領されてしまいました(笑
CMの時だけちょこちょこチェックしてましたけど、解説が粕谷じゃなくて心が休まりましたが、試合内容は負けるべくして負けたように感じました。

レイナのハンドは運が無かった感じもしますが、でも今ジーズンの彼は不安定であることは間違いないですね。
DFが浮き足立ってる要因としてレイナがどっしりとしてないからというのも多少あるのかもしれないとか思ったりしちゃいます。
DFといえばこの試合ヒーピアは完全に やばかったです
CBはキャラガー、アッゲルで固定しましょうよ

ペナント→ルイガルでしたが、もはやペナントを先発で使い続ける価値はないような気がします。
僕の中では彼がボールを持つともう期待できなくなっちゃってます。
カイトは大丈夫だったでしょうか?

対するボルトンはアネルカが居たんですね・・・
ディウフも元気でした
相変わらず鑑賞に絶えないつまないサッカーは変りありませんでしたが、渋い面子が揃っていて何気に迫力ありました。
1点目のハンドからのFKは事故としても、2点目は完全にやられてました。

結局2-0で3敗目です
ベニテス采配は冴えていないことは間違いないでしょう
ベニテスはインテルがマンチーニの後任としてにモラ会長がリストアップの先頭に挙げているとの報道もありましたねぇ
有り得ないとは思いますけど・・・


チャールトンvsアーセナル
チャールトンの先制点はオフサイドでしょ
その後 アーセナルはそのイライラからか危険なタックルでイエローが出まくって荒れそうな雰囲気。
審判のイエローの基準も曖昧で余計荒れ気味。
ファンペルシが2点入れてアーセナル勝利したみたいですけど、ギャラスは酷使し過ぎでは?


チェルシーvsアストンビラ
スタンフォードブリッジでの無敗記録を止める1-1の引き分けです
アストンビラはセルティックから呼んだぺトロフが効いてましたね
スコットランドから来てあれくらいやれるなら、思わず俊輔にも期待しちゃいました。
その他バロッシュ、アンヘルと懐かしい面子が張り切ってました。
6位と好調なのも頷ける内容。

チェルシーは試合開始早々ドログバの得点でいつもの手堅い逃げ切りパターンかと思いましたけどロッペン流血、シェバは相変わらず潜水艦で1-1からSWP、カルー投入も良いとこ無し。

個人的にはこの試合でエッシェンは負傷交代して、日本にも来ないというパターンを想定してましたけど、最後まで出場してましたし特に怪我をした風もありませんでしたよね?
これで来日しなかったら どうゆう言い訳でしょうね?


フランクフルトvsHSV
フランクフルトvsHSVという高原の古巣対決をやってましたので、こちらもチョロチョロ見てました。

高原は先発してて ドリブルで突っかけてファウル貰ったり、存在価値はあるようでした。
フランクフルトが良いというよりHSVが酷いですね
そんな中でもソリンは貫禄ありました こんなチームに彼は勿体ないです。
フランクフルトはまだ無敗らしく昇格組としては良い位置をキープしてます。


最後にセリエB ユーべの話題ですけど 昨夜vsピアチェンツァが行われトレセゲ2ゴールで快勝だそうです。
これで勝ち点マイナス4 首位ブレシアと15ポイント差です。
そろそろBでの試合に慣れてきましたかね 
序盤戦の番狂わせも聞かなりましたし

にほんブログ村 サッカーブログへ
[PR]

by beckham306 | 2006-10-01 16:09 | 欧州各国リーグ戦