オシム談話、ベッカム引退?他

昨日のガーナ戦ですけど、今更ですけど如何ともし難い身体能力の差を思い知らされた対戦だったと思います。
同じ生き物同士の戦いとは思えませんでした。
試合後のオシムの談話で興味深い?ところを拾ってみました。
 
「今日のガーナのような強豪相手に、こういう内容の試合をすることこそが簡単ではなかった。ある程度チャレンジは成功したが、しかしフィニッシュまでの成功につなげることはなかった。フィニッシュ、これが一番の問題だ。」

「試合前に10個のFKが約束されているわけではない。FKを得るまでのプロセスが大事なのだ」

「それよりも心配事がある。夜眠れないほどの心配だ。というのも彼ら(欧州組)の出る試合が夜中に放送されるだからだ(笑)。」

「いちいち細かい指示はしなかった。なぜなら日本語ができないからだ(笑)。」

「結婚して40年になるのだが、まだ家内との間にオートマティズムがない(笑)。それなのに、選手との間にわずか数回だけ練習をしているだけで、どうしてオートマティズムができると思うのか」

「これは選手によく伝わるように書いていただきたいのだが、攻撃も守備も両方できる選手でなければ、その選手の未来は短い。」

「もしかしたら欧州の選手を呼ばない期間が長すぎるのかもしれないが、欧州ははるか遠い場所にあるのだ。どうしようもなくなったときに、最後のチャンスをもたらす人々として助けに来てくれる、そのための準備をしようと思っている。もし欧州の選手を呼んで、最初の試合に負けてしまったら、彼らは救世主としての役割を果たせないのだ。」


オシムはなんだか海外組に気を遣い過ぎてるようにも思います。
呼びたい選手がいるのなら、国際Aマッチデーならバンバン呼んで良いと思いますけどね。
今回のように変な日に親善試合組んで呼ぶのは止めて欲しいですけど。
それから松井、俊輔が来て試合に負けても 全然がっかりなんかしませんから・・・



ベッカム2年後に引退?報道
現在マドリーと契約更新の交渉を行っているベッカムについてカルデロン会長が
「私が知る限りベッカムは2年内に引退する。残りの年をレアルで終えることになったら素晴らしい」
と発言したことが 夕刊の見出しになるくらい報じられてます。

ベッカムの代理人これを否定していますけど、つい先日もマドリーとの契約を延長せずMLSのニューヨーク・レッド・デビルズでプレーして引退するという報道もありましたので、マドリーに居てもカペッロに主力として使われる確立はあまり高くないですし、もう代表も呼ばれなそうですし、アメリカで優雅に一稼ぎして引退というのも彼の場合有りかも・・とか想像しちゃいます。

いずれにしてもベッカムの雄姿を見ることができるのはあまり長くはないような気がしてきました。



ジダンからのお返事はないそうです
ジダンとの頭突きによる出場停止を終えてマテが7日のユーロ予選ウクライナ戦でイタリア代表に復帰します。
そのマテジダンとの仲直り工作について語ったようです。

「ジダンとの仲直り? 何とかしてやってみようとしたけど、返事はない。あとに残るのはワールドカップだけだ」

「僕はあらゆる手を尽くして仲直りを試みたけど、一度も返事はなかった。いろいろな人から提案があって、国連からの手紙も受け取った。もう嫌になってきたよ」

ジダンの心中を代弁すると
「お前みたいな奴とは 二度と関わり合いになりたくないんだよ!」
て感じでしょうか

人気blogランキングへ
[PR]

by beckham306 | 2006-10-05 21:20 | 各国代表