バルテス引退、インド遠征メンバー 他

バルテス現役引退
フランス代表GKファビアン・バルテスが現役引退を表明しました。
バルテスは93年にマルセイユでCLチャンピオンに貢献、95年からモナコそしてマンUに移籍しましたが、ファーガソンのお目に適う安定感を見せることができませんでした。
そしてマルセイユに戻りましたが、今期は所属クラブも決まっておらずW杯決勝イタリア戦が現役最後の試合ということになります。

スキンヘッドがトレードマークのバルテスは、個人的な印象としてカーンなんかに較べると天才肌のGKと言えると思います。
信じられないようなビックセーブを連発するかと思えば、凡ミスを犯したりと安定感の無さを補って余りある瞬間芸を持った人という印象があります。

ドイツW杯のフランス代表正GKは当然クペと思っていましたが、ドメネクバルテスを選んで一悶着ありました。
どう考えてもキャリア終盤のバルテスよりクペのほうが安定感あると思いましたけど、でもこの大会バルテスはミスをしませんでしたよね。

世代交代が進まない(進める必要がない?)フランス代表にとって、ひとつの時代を象徴する人がいなくなりました。


インド戦召集メンバーは現地のカレーを喰えることが条件!
オシムジャパン11日インド戦遠征メンバーを発表しましたが先日のガーナ戦と変わりませんでした。

このインド遠征 過保護?を嫌うオシムは、食料事情の悪い現地に中東遠征同様シェフを帯同させないことを決めたそうです。
「選手がいかに違った環境で対応できるかみたい」とのこと。
来年7月のアジア杯本大会はタイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムの4カ国で開催される
為、柔軟な対応力、図太さを養う意味もあるのだといわれてます。

まぁ食中毒になっては大変ですけど、第一線のスポーツ選手が少々のことで腹を壊していたりするのも繊細過ぎると思いますし、多少酸っぱくなったもの!を食べたくらいではビクともしない人でいて欲しいとも思います。
これがW杯本大会なら万全を期すべきだと思いますが、一回の消化試合でシェフを帯同するというのも他のスポーツではあまり考えられないような気もしますし。


テベスとマスチェラーノは移籍したほうが良い!
アルゼンチン代表バシーレ監督は、ウェストハムに移籍したテベスとマスチェラーノに移籍を奨めたと報じられてます。

マスチェラーノは2部でのプレーでもユーべに行くべきだったし、テベスは現在の左ウイング以外何処でもこなせるはずだ!とのこと。

本人は移籍を否定してるみたいですけど、今のところクラブにとっても本人達にとっても上手くいってないのは間違いないですよね

彼らの移籍にはアメリカのエージェントが関与しており、ウェストハムに手を出しているロシアマネー含め複雑な事情があるように思いますので、本人達の意向だけでは如何ともし難い状況に巻き込まれてる可能性もあると思います。
とりあえずウェストハムで活躍できるようにになることが一番良いことだと思いますが・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ
[PR]

by beckham306 | 2006-10-07 18:03 | 各国代表