ウィガンvsリバプール 他

ウィガンvsリバプール
リバプールがアウェイ初勝利です。
しかも0-4というスコアで 一見安心できる結果です。

でも内容はというと 前半の決定的チャンスはウィガンの方が多かったです。
決定的な2、3発をレイナが防いでくれてました。
リバプールはそれまでたった2度のチャンスをべラミーが2発共 見事に決めたのが違いであって美しい3点目が入るまではどう転んでもおかしくない内容だったと思います。

この試合FWはべラミーをワントップ気味でカイトは少し下がり目のフォメは見事にはまりましたね。
べラミーはここまで不発気味でしたから精神的には苦しかったと思いますよ
吹っ切れたような表情でしたね 
俺を誰だと思ってんだ!みたいな
これでカイトとの組み合わせではこちらの方が上手く行ってると思われていたクラウチの出番が少なくなるのでしょうか。

3点目は圧巻でジェラード→べラミー→カイトの美しい繋ぎで戦意を喪失させる留めのゴールでした。

ウィガンは3点目が入るまでは圧してましたけど、チャンスを決められなかったのと、4点目はOGだし この日はツキが無かったと思うしかない感じでした。

試合が後半早々ルイガル→ペナントで、いい感じだったのが崩れて、ダラダラした試合に・・・
僕も眠くなってきて 試合終了を見てません・・
ペナントはこのままでは期待されながら力量を発揮できなかったクロウカンプ状態ですね

リバプールはこれで5位に順位を上げました。


その他の試合
アーセナルvsトットナム
こちらも3-0とワンサイドゲーム
しかし内容は見応えのある試合内容で、トットナムの方が押し気味だったと思います。
ウィガン同様ツキが無かったですね
審判も酷かったです ファウルの判定もPKも・・・
ただトットナムは面子も豪華ですし、やはりこんな順位にいるチームではないことを実感しました。
ジェナス、レノン、キーンは存在感ありました
ベルバドフがダメダメでしたけど・・・

アーセナルはベンゲルがCLに温存の為アンリをこの試合のベンチに入れないことで二人が喧嘩したとの報道がありましたけど、大丈夫なんでしょうか?

アーセナルはビラとポーツマスがドローでボルトンがレディングに負けた為順位を3位に上げましたが、この試合を見る限りリバプール同様、アーセナルもまだまだ安定感のあるチーム状態ではないですね。


マンUはミドルスブラに無難に勝利して、ニューカッスルがUEFACUP、自身はCLの都合で今週試合が延期になったチェルシーに6ポイント差をつけることになりました。

ラーションの電撃マンU入りは、ヘルシンボリの監督で今神戸のコーチ日本に戻ってるバクスターの進言でラーションは決断したらしですね。
余計なこと云わんでも・・・

プレミア絡みでは昨日Jで優勝した浦和の三都主に1月移籍オファがプレミアの3クラブ(ウィガン、ウエストハム、ボルトン)からあるそうですね。
本気で行く気があるなら、今が最後のチャンスでしょう。



*最近インテル ネタを書いてないんですけど、昨夜は放送があるのかどうかも確認してませんでした。
結果はシエーナに2-0で11連勝ですか・・・
2位ローマに4P差で快走するインテルですが、首位で勝ち続けるインテルっていうのも、こんなこと言っちゃいけないんでしょうけど、調子狂うというか、複雑です・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ  
[PR]

by beckham306 | 2006-12-03 18:12 | 欧州各国リーグ戦