トットナムvsリバプール 他昨夜のプレミア

トットナムvsリバプール
ここ数試合個人的には内容は満足してないのですが、結果は伴ってきているリバプール。
年内最後の試合 アウェイで強豪?スパーズとの対戦は後半戦に向けてアウェイの苦手意識完全払拭含めターニングポイントとなりそうな気がしてました。

リバプールのスタメンはベニテスは余計なことをせずに真のベストメンバーを揃えてきたと思います。
対するスパーズはレノン、ジーナス、キングが怪我、ロビー・キーンも出場してないという肩透かしな面子。
でもその代わりデフォー、マルブランク、ベルバドフが脅威でした。

試合内容は特に前半は個人的には余裕を持って見てられたと言うか、失点しててもおかしくないシーンはありましたが、リバプールらしい攻めの形が随所に見られて頼もしかったです。
解説の粕谷は最近クラウチが出場しないので、パッシングの矛先を右サイドのアウレリオに変更してきましたね。
確かにこのベストメンバーの中では劣るポジションではありますけど、あそこまでの揚げ足取りはどうかと思います・・・・
前半終了間際のルイガルの得点で先制し、結局これが決勝点でした。

しかし後半べラミーが負傷交代、その後カイト→クラウチになった後は怒涛のスパーズの猛攻でしたが、奇跡的に凌ぎきりアウェイで勝利できました。
後半攻められはしたものの、何故かあまり負ける気はしなかったです
あくまで個人的な印象ですけど久々に頼もしいリバプールを見た気がしました。
しかしベニテスはクラウチを放出することはないと言い切ってますけど、なんだか微妙な存在になっちゃましたねぇ・・・

実際この勝利は大きいと思います。
アウェイで勝ちきれたことと順位も4位に上げ、次節ボルトン戦も連勝することができると、いよいよポーツマス、ボルトンを引き離し、アーセナル含めた4強のポジションを確固たるものにできると思います。

そのアーセナルは主力温存でシェフィールドU戦に臨みましたが、シェフィールドUはGKが負傷で替わりのGKがベンチに入れてなくフィールドプレイヤーがGKを努めるという状態にも関わらず得点できずに1-0でまさかの敗戦です。
アーセナルは5位に後退でリバプールが4位に上がりました。

ボルトンvsポーツマスの上位対決は3-2でボルトン勝利で3位浮上。
チェルシーはフラム相手に2-2で引き分けてしまってマンU6とポイント差に広がりました。
また3位ボルトンとは8ポイント差まで縮まってきてます。
モウリーニョはDFの崩れで補強よりテリー、チェフの早期復帰の重要性を訴えていますね。
それからFWはドログバしかいないに等しいとコメント・・・
シェバには見切りをつけそうな勢いです。
マンUvsレディングは3-2でマンU勝利で磐石の首位キープ。
このままマンU独走はつまらないので、そろそろコケテ欲しいんですけどねぇ



今回が今年最後の投稿となりますが、個人的には仕事の環境に変化があったりして、できる限る毎日1回投稿することをモチベーション?にしてきました。
日頃皆様に当ブログに訪れて頂きながら、皆様のブログを閲覧させて頂くことは欠かさないようにしておりますが、なかなか積極的にコメントをさせて頂くことができていないことには心苦しく思っております。
にも関わらず皆様からのコメント、TBを頂戴していること とても感謝しています。

来年度もリバプール、インテルの更なる繁栄(笑)を祈願すると共に、皆さんと日々の出来事に一喜一憂できることを楽しみしています。

それでは来年もよろしく御願いします。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-31 17:39 | 欧州各国リーグ戦