リバプールvsボルトン

この試合 ホームで強いリバプールが圧倒的に攻めてましたけど前半無得点。
しかし後半 爆発しちゃいましたね
カイトの捌きからペナントのマイナス気味のクロスをクラウチが長身を活かしたボレーシュートが炸裂!
その直後同じくカイトが形を作ってジェラードが叩き込んでアッと言う間に2点獲ってしまいました。
カイトはその後自ら持ち込み難易度の高いDFをあざ笑うかのようなシュートを決めて3-0で勝利です。

特に後半だけを見れば新年早々かなり良いものを観させて頂きましたって感じです。
ボルトンは元リバプールのディウフはボールを持つたびにブーイングされてました
彼は悪役が似合いますけどね
好調アネルカは全く自分のプレーをさせて貰えませんでした。

今日のリバプールの面子はマルク・ゴンサレス以外は全員○でしたね。
良いとは言えペナントは相変わらずでしたが・・・
彼はイメージできるものが足りないんですかね?
リバプールの持つ展開力からすると彼のプレーはいつも意外性が感じられないです。

クラウチは結果が出て良かったです。
その後も決定機がいくつかありましたが外してましたけど・・・
今日の試合はカイトにつきますね。
彼がセンターでボールを持って縦横無尽に動き回るのを観てると本当に頼もしいです。

この調子で週末のカップ戦 アーセナルとの2連戦も期待しちゃいますよ!

*リバプール好きの皆様本年もよろしく御願いします。
[PR]

by beckham306 | 2007-01-01 23:59 | 欧州各国リーグ戦