バロシュはチェルシーに行くはずだった 他

バロシュはモウリーニョに誘われていた!
カリューと交換でリヨン移籍が発表されたバロシュですけど
自身のコメントで、SWPと交換でチェルシー行きの話があったことが報じられています。
この話はバロシュはチェルシー入りに同意していたもののSWPがヴィラ行きを拒否した為流れたそうです。

リーグ戦で対戦した試合の後、モウリーニョ自らがバロシュに対してロッカールームへの通路で「チェルシーに来ることに興味があるか?」と聞いてきたらしいです。
それ対して「もちろんイエスと答えたよ」と答えたとのこと。

これが本当ならバロシュはちょっと喋り過ぎな気がしますが、もし彼がチェルシーに行くことになってたらちょっと複雑な気分ですね
個人的にはバロシュはリバプールに居続けて欲しかったFWですので・・・

バロシュはヴィラで過ごした時間についてこう語っています。
「初シーズンで僕は負傷をし、チームは降格圏内をさまよう戦いを強いられた。そして今も、降格圏内ギリギリのラインで戦いを続けている。このようなことは個人のレベルではどうにもならないよ。僕らはヨーロッパの舞台にも姿を現してはいなんだから。もう包み隠さず言うよ。アストン・ビラとの契約は決していいものではなかった。あそこでの生活が終わり、今はホッとしているんだ」
酷・・・

しかしここしばらく水面下に沈んでいたバロシュモウリーニョは注目していたとは驚きです。
凡人には理解できない部分はあるんでしょうけど彼の何処に今のチェルシーに貢献できる要素を見出したのか興味深いというか不思議でもあります。
チェルシーでバロシュシェバ、ドログバ、ロッペンらを押し退けて活躍することはイマイチ想像できないんですけどね・・


トマソンがビジャレアルに期限付き移籍
ビジャレアルはシュツットガルトからデンマーク代表FWトマソンを今シーズン終了迄の期限付きで獲得したと発表しました。
期間終了後には買い取りオプションが付いています。

ビジャレアルは、怪我で長期離脱のニハトの代役を探していたところニハトの代理人がトマソンの代理人と同じであったことからトントン拍子で話が纏まったように書かれてますけど、彼ははシュツットガルトでの2年目の今シーズン怪我でスタートに出遅れ出場機会を失っていた状況に渡りに船だったんでしょうね。

しかし今シーズン ビジャレアルに移籍したニハト、ピレスは二人とも大怪我を負い今シーズンほぼ棒に振る可能性が高いです。
トマソンも疫病神が居そうなビジャレアルで怪我などしないことを祈りますよ。

トマソンはこれまで小野在籍時のフェイエでUEFACUP優勝メンバーとなり、その後ニューカッスルでパッとせず、ミランで献身的なプレーで好評価、その後シュツットガルトでプレーしてました。

ちなみにビジャレアルはトマソン以外にマラガのサルババロシュ!(人気ありますね)、ミランのリカルド・オリベイラを候補としていたそうです。
もしかしてミランはロナウドを獲得できたらオリベイラ放出なんてこともあったんでしょうかね?
もしそうならオリベイラ放出はあまりにも無謀なことだと思いますね


リバプールがアヤックスのFWを獲得
リバプールはアヤックスからU-19オランダ代表FWジョディ・ブルーワー(18)を獲得したそうです。
このジョルディはアヤックスのアカデミーに所属していてユースの契約のみでプロ契約を結んでいなかった為、リバプールでのキャリアを選択できたそうです。

リバプールがこの冬サンプドリアのU-21代表GKパデッリ、ボカのインスア、今回のジョルディと将来を担うであろう?若手を次々と獲得しています。

将来を見据えた補強も重要ですけど、目先の問題としてDFが絶対必要だと思うんですけどね
どうなってるんでしょうか・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-01-25 21:09 | 欧州各国リーグ戦