マクラーレンの後任はモウリーニョ!?

リーガはマドリーが勝ってしまってバルサ、セビージャ、マドリーがそれぞれ1P差の大混戦になってしまいました。
しかし今期のマドリーがそれでもこの位置にいるというのが驚きです。
これで間違って優勝でもしてしまったらカペッロ留任なんてことになるんでしょうか?
それは首脳陣含め膿を出し切るきっかけを逸してしまうのではないでしょうか?


今日の気になった記事はこれです。
イングランド代表、マクラーレンの後任はモウリーニョか?
ユーロ予選大苦戦のイングランド代表 その元凶とされる監督のマクラーレンですが、なんと後任はモウリーニョだという唐突な記事が出ています。

モウリーニョのイングランド代表監督就任につながる重要な要素は4つだそうです。

、6/6にエストニア戦が控えていること
2、アブラモビッチがモウリーニョと手を切りたがっていること
3、モウリーニョ本人がイングランドに残りたがっていること。
4、モウリーニョがチェルシー以外のビッククラブを率いるには既に大方の監督の座は、ほとんどが埋まってきたから。



うーん どうとでも云えそうな理由ばかりですけど、1番は別にモウリーニョだからっていう理由じゃないですよね 別にアラダイスでも、オニールでも良い訳で・・・
4番は そんなことないと思うんですけどね
モウリーニョさえ行きたければマドリーなんかすぐにOKなんじゃないかと・・

如いて2番目のアブラモさんとの関係は確かに終わってるのかも とは思いますので、じゃぁどうすんの?ってのはあります。
チェルシーはモウリーニョが居なくなってもアブラモさんのお抱えヒディングが控えてる訳でなんとかなりそうです。
むしろ混乱するのはロシア代表の方で・・・・


記事はこう締めくくっています。
人当たりが良くなくとも、モウリーニョが勝てる監督であることは間違いない。スベン・ゴラン・エリクソンも強い批判にさらされたが、最近では再評価されている。女王陛下の国は、再び外国人監督に代表チームを委ねることになるかもしれない。と


確かに事実です 誰がなんと言おうとこの人程勝てる監督は存在しないでしょうし、モウリーニョが就任することに反対する人は誰もいないでしょうね。

モウリーニョが監督のイングランド代表かぁ・・・・うーん
[PR]

by beckham306 | 2007-04-09 23:43 | 各国代表