昨夜のリバプールはどうでもいいとして、ルーニーはあそこまでしていいものか?

ポーツマスvsリバプール
来期CL出場圏を確定していて且つCLを控えて露骨に面子を落として望みます。
ファウラー、デュデクが観られるのは うれしいことですけど、パレッタ、インスアそしてヒーピアのDFはかなりチャレンジな感じです。
彼のせいだとは思いませんがデュデクが出場した試合は今期殆ど勝利してないのでは・・・

試合はクラブ史上初の欧州カップ戦圏内が見えているポーツマスがやる気満々!
日本ではお馴染み ポーツマスでは出場機会が少なく移籍を仄めかしているニコ・クラニチャールのゴール等で前半で2-0となり、案の定若いDFはボロボロです。
特にパレッタ君には試練でしたね。

後半持ち直しましたけど試合は2-1で負けるべくして負けちゃいました・・・
この日のもう一人のFWはべラミーでしたので、CLはカイト、クラウチということでしょうね・・・


このどうでもいい内容のこの試合の前に、壮絶な戦いが行なわれてました。
エバートンvsマンU
後半早々2点目を追加し なんと2-0でエバートンがリードです。
これはいけるかぁと思った矢先に、ここまで気合だけで頑張ってきた若手GKターナー君が痛恨のミスでオシェイにゴールを許してしまいます。
ここからはファーガソン劇場でした。

満を持してCロナを投入すると、その直後よりによって元マンUのフィル・ネビルのOGで同点!
その後は元エバートンのルーニーのゴールで逆転!
終了間際に追い討ちを掛けるようにルーニーが時間稼ぎの馬鹿にしたかのようなフェイントの連続でボールキープを始めるとスタジアムは暴動寸前の雰囲気に!
彼の古巣相手にあれをやってしまう神経は図太いを通り越してると思いましたね。
間違いなく街を歩けないでしょうね 刺されますよ
 
最後の最後にこの試合が初出場?のイーグルス君に綺麗な駄目押しゴールを決められ、本当にモノが投げ込まれ始めて試合終了・・

同時刻に行なわれていたチェルシーvsボルトンが2-2のドローで終わった為、マンUは価値ある優勝を確信する逆転勝利となりました。
ボルトンも欧州カップ戦行きに貴重なドローです。
そのボルトン アラダイスはどうやら今期限りで退団のようです。
もしかしてイングランド代表監督ですか?


これでモウリーニョはどうやらプレミア獲得には白旗を挙げたようです。
しかもCLでバラックに続き、頼りのリカルド・カルバーニョが負傷で使えないことになりました。
リバプール相手にカルバーニョ不在で今期負けてますので、モウリーニョは頭が痛いでしょう。
1stlegも彼のフィードから得点しましたしね。

リバプールはジェラード、キャラガー、レイナをポーツマス遠征にも帯同させず休ませてますので、今シーズンの集大成のような試合を魅せてもらいましょう!
[PR]

by beckham306 | 2007-04-29 19:55 | 欧州各国リーグ戦