エールディビジは得失点差1でPSV優勝

昨夜はローマダービーなんかをやってた訳ですが、あまり話題になってないようですけど わざわざ観るほどではないと言っては失礼ですが渋い試合でしたね。
トッティも2位を確定させる為、無理を押して出場してましたが、両チーム決定的な場面もあまり無く0-0でした。


その裏でエールディビジの最終節が行なわれていて、後半の途中あたりで放送されてることに気がついて観ましたけど、AZ、PSV、アヤックスの3クラブが勝ち点が並んで最終節になってたんですね。
得失点差で優位なAZはなんと3-2で負けてしまいました。
アヤックスは0-2で勝利。
PSVは前半2-1で折り返すもそのままでは得失点差で及ばない状態でしたが、後半3点の追い上げを魅せて5-1で勝利。
その結果なんと得失点差1の差でPSVが優勝を決めました。
最後の1点は今シーズン限りで引退の噂もある PSVを引っ張ってきたコクーのゴールです。

試合が終わった後AZは負けたので仕方ないですが、勝ったにも優勝できなかったアヤックスの選手のぐったり度は 無残なものがありましたね。
ダービッツなんかはサバサバしてましたけど、若い選手は立ち上がれなかったです。
そりゃそうですよね 1年間戦ってきてどこかであと1点入れていればよかった訳ですからね。
全ての選手が その時決めてれば・・・とか後悔してたんだと思いますよ。

負けたAZもぐったりしてましたけど、サポは暖かく拍手してたのは美しい光景でした。
PSV、アヤックス、フェイエのどれかが優勝するのが当たり前のこのリーグでAZは最後迄優勝を争った訳ですからね。
なんだかlんだ言ってファンハールは凄いです。
優勝したPSVもコクー亡き?後、来期どうなるのか注目です。後継者はセンデンですか?
毎シーズンそんなこと言ってて、なんだかんだ言って強いので心配は要らないのかもしれませんけど・・

エールディビジは優勝は無条件でCL出場ですが、2位~5位はプレイオフで権利を争わなきゃならない為 優勝とそうでないのとは大違いなんですよね。
このあたりの仕組みは他のリーグでも採用するとおもしろいのではないかと思うのですが、やる方としてはシーズン終了した後のプレイオフは2部落ち争いだけの×ゲームにしたいでしょうね。


話は変わりますが来期イングランドプレミア昇格はロイ・キーン率いるサンダーランドとバーミンガムに決定だそうです。
ファーガソンvsキーンなんてのが早くも観れちゃうんですね(怖・・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-04-30 12:55 | 欧州各国リーグ戦