ベッカム最後の会見 他


ベッカム 最後の記者会見

明日のリーガ最終節を前にベッカムが最後の記者会見を行なっています。
その時の写真を見ましたが、ベッカムも悪い意味ではなく歳をとったなぁと感じましたね。なんといっていいのかよく解りませんけど感慨深いものがあります。
現役選手としてまだ数年トップレベルでのプレーはできると思いますが、なんだかその後についてもいろんな可能性を感じさせられた映像でした。

「ここでの4年間、僕は何ひとつタイトルを獲得できなかった。でも、日曜(17日)にはそれが変わってくれると思う。胸がいっぱいになるだろうね。クラブを去るのは本当に寂しいだろうな」

カペッロや首脳陣がどんなにお願いしてもスペインで過ごした4シーズンに別れを告げることは間違い無いと思われますし、マドリー去就問題なんてこの先の彼に開かれていると思われる人生からすると小さなものかもしれないと感じました。


去就という意味で一番の関心はカペッロ
マドリーが優勝してもしなくてもベッカムがマドリーを出ることに変わりはないと思うのですが、監督のカペッロはどんな結果であっても、どちらに転ぶのか見えません。
優勝しなければ退任は確実なんでしょうけど、優勝したとしてもその可能性はやはりあるようです。
全ては最終節が終わってから話合われるとされていますが・・・


デシャンはマンC?
マンC行きの噂があったラニエリがユーべの監督に就任してしまったので、そのユーべを辞めたデシャンにマンCが声を掛けただけの気がします。
デシャンが率いるレベルのクラブとしては物足りませんね。


どうやらカモラネーシのインテル入りが・・
トレセゲに続いてユーべ退団の意向を示しているカモラネーシですが、リヨン行きとか噂は出ていましたが いよいよインテル行きに信憑性が増してきたようです。
アルゼンチン出身の選手沢山居ますし、彼にとっては意外と居心地は良さそうな要素もありますけど、ユーべはライバルチームにそんな簡単に出してしまうのかは疑問です・・・


フェイエの新監督はファン・マルバイク
落ちるところまで落ちた感のあるフェイエノールトですが、新監督は01-02シーズンのUEFA杯優勝に導いたファン・マルバイクを呼び戻すことになりました。
このタイミングでこれ以上の適任は存在しないと思います。

ファンマルバイクといえばドルトムントに行くときに小野を連れていこうとしたほど、小野にとって最大の理解者だと思います。
PSVやアヤックスのようにかつての黄金時代のメンバーを呼び戻すこともあるかもしれませんね。
その時はお声が掛かるような気がします。


ヒデが日本でチャリティーマッチを計画
中田ヒデが来年、日本でドリームマッチを開催することを企画していると報じられています。
これは中田ヒデ率いる世界選抜チームと、Jリーグオールスターの一戦という内容のもので、先日のフィーゴ企画のチャリティーマッチ参加も、選手への参加打診の営業も兼ねて参加したらしいとも・・・・

ちなみに中田ヒデの国内での最後のプレーは2005年11月の日本代表vsアンゴラ戦で、もし実現すればカズvsヒデなんて見どころも想像され注目を集めることは確実です。
[PR]

by beckham306 | 2007-06-16 14:07 | 欧州各国リーグ戦