ソシエダの降格

べッカムと交代で入ったレジェスの2ゴールでマドリーの優勝が決まったんですね。
この采配(賭け?)でカペッロは首が繋がってしまったような気がしています。
同じくとっても微妙だったレジェスも残留しちゃうんでしょうか。

最終節までもつれたにも関わらず イマイチ盛り上がりに欠けたような気がするのは僕がWOWOW未視聴だということだけでしょうか?(笑)
バルサやセビージャが優勝できなかったことがそれほど納得のいかないことでもないのは 多くの人が感じてる感想なんでしょうね。

そして本当にベッカムのクラブチームでのトップレベルのプレーは最後となってしまいました(多分)。
MLSに行っても代表には呼ばれ続けると良いのですが・・・・



レアル・ソシエダの降格
そんなリーガですが ショックなのは同じレアルでもソシエダが降格したことのほうです・・
ソシエダが特に記憶に残っているのはリーガがまだNHK-BSで放送されていたときの02-03シーズンでソシエダが優勝争いをして最終的に2位で終えたときの事です
その時のメンバーはカルピン、コバチェビッチ、ニハト、イ・チョンスが居ました。
そして光り輝いていたのは今をトキメクシャビ・アロンソでした。
この時のこのクラブは見ていて楽しかったですし、なんだか知らないうちに引き込まれていくチームだったなぁという記憶があります。

翌年はCLで決勝Tまで進出したものの脚光を浴びたシャビ・アロンソを放出し、その後下降線を辿った気がします。
セルタもそうでしたが中規模以下のクラブがCLを戦うことはもの凄くリスクがあるというか、その反動を考えると欧州杯戦なんて出てなければ・・・と怖さを実感します。

シャビ・アロンソの兄ミケル・アロンソは今もソシエダでプレーしていますが今回降格を味わった一人となってしまいました。
奇しくもライバルのビルバオは残留を決めて明暗を分けてしまいましたが、降格が決まり立ち上がれない選手にサポは暖かく拍手で称えたと報じられています。

どうかセルタのように行ったり来たりのクラブになりませんように・・・・
(ちなみにセルタのシトロエンロゴのユニ持ってました ネームはモストボイ!で)



福田 ヌマンシアで賞を貰う
同じく終了したリーガ2部のヌマンシアで福田がチーム得点王と地元メディアが選出する最優秀選手賞を獲得したんだそうです。
彼は本当に現地で受け入れられてるということがよく解りますよね。
J復帰も噂されていますが 彼の経験 現地での評価はもっと日本でも評価されてもいいのかなと思います。


最後にリバプールネタをひとつ
ユーべとローマがべラミーを狙う?
ベニテスはべラミーを放出することを決めたらしいと書いてありますが・・・
そしてべラミーの行き先はユーべとローマが考えられるのだそうです。

ラニエリは、既にベラミー獲得の打診を図っているらしいと・・・
しかしリバプールはローマとはマンシーニとのトレードを含む交渉に纏めたいらしいとも・・

この話が本当なら是非ともマンシーニ欲しいけど、でも彼はローマから出て欲しくないしなぁ・・・
ただこんな噂が頻繁に出るということはもう1枚FW獲ればべラミーが出て行くのは既定路線のように思えちゃいますね・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-06-18 23:49 | 欧州各国リーグ戦