アジア杯 日本vsUAEとオーストラリア・・

日本vsUAE
昨夜の両者崖っぷち対決 高原の格の違い魅せつけた素晴らしい2ゴールと、俊輔のPKで前半で3-0と普通の国であれば後の時間落ち着いて試合をコントロール余裕があると思われる展開でした。
この時点で恐れるものは相手のダーティプレーと気まぐれな審判だけって感じでしたが・・

ところが後半UAEが一人少なくなった後、カウンターで1点返されると、まだ2点リードがあるとは思えない 一転あたふたムード・・・
この時一番悪夢が過ぎったのはオシムではないでしょうか?
この国の人のメンタリティを知るこの監督は、他では考えられないこの国の人達が最も混乱するパターンに陥ったことを瞬時に理解したと思います。

終了間際のボールキープも、何処か安心して観ていられないというか、どの位置でキープし続けるのか、選手によりなかなか意識が統一されなかったですし、特に水野は経験の乏しさを露呈してましたね。

王者の風格と言って良いのか解りませんが、結果としては勝つべくして勝ったと言って良い試合でした。

心配なのはアジア杯恒例の露骨な削るプレー続出で、鈴木啓太の怪我は大事に至らなかったのでしょうか?
アジア杯の審判はアジアの審判では無く、欧州から来てもらって選手のプレーレベルだけでなく審判のクオリティも上げて仕切らないと、毎試合怪我人を献上してるような大会になり続ける気がします。

これで日本はグループ1位浮上で、グループ最終戦ベトナムに負けなければ勝ち抜けとなります。
ホームで予想以上?の善戦をしているベトナム相手はそんなに簡単ではないのでしょうけど、
サブのメンバーを駆使して決勝Tに向けて1位通過を決めて欲しいものです。
ところが・・・


オーストラリアvsイラク
初戦ほぼ負け試合をなんとか1-1ドローに持ち込み、この試合勝ち点3は欲しいオーストラリアでしたが、なんと1-3で負けてしまいました。
昨夜深夜の再放送?で試合を観ましたが、プレミア選抜かと思わせる蒼々たるメンバーを擁するオーストラリアでしたが苦しんでましたね。
キューウェルもヴィドゥカも二ールも明かに格上のオーラを醸し出しているのですが、ここはいつもと勝手が違うアジア・・・
イラクの選手はもしかしてキューウェルとか知らなかったりして・・・

面子的にも事前準備という意味でも万全と思われた優勝候補筆頭のオーストラリアがグループ3位に沈んでいます。
突破の可能性は十分あるのですが、こうなると日本がB組1位通過しても、A組2位はオーストラリアという可能性は大なんですよね。
というか予選通過自体綱渡りなのですが、通過したとしてほぼ2位かと思われます・・

準々決勝で早くも日本vsオーストラリアという大会開始前の予想での事実上の決勝戦が見られる可能性大です。
この対戦 今大会絶対観たい組み合わせですが、ベスト8でどちらかが落ちるというのも勿体無いものがありますよね。

その前にオーストラリアはホームのタイとの対戦でいいとこ無しで予選落ちしちゃうかもしれないですが・・・


*エキサイトブログの外部TB受付が再開されたようです。
 TBして頂いてた方々にはご迷惑をお掛けしておりました。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-14 11:33 | 各国代表