移籍の噂と云うか想像の域を超えないようなお話をダラダラと・・

ピースカップって?
今韓国ではピースカップと呼ばれる世界の8クラブを集めた大会が開かれています。

参加しているのはどうゆう基準で呼ばれたのかは不明ですが、ボルトン(イングランド)、グアダラハラ(メキシコ)、ラシン・サンタンデル(スペイン)、レディング(イングランド)、リヨン!(フランス)、リバープレート(アルゼンチン)、城南一和(韓国)、そして日本から清水エスパルスです。

一昨日リヨンvs清水という羨ましい対戦があり、2-0でリヨンが勝利しています。
この大会優勝賞金2億4000万という世界からそれなりのクラブがわざわざ集まるに相応しいものなのですが、主催者が問題があると思われても仕方ない団体のようで清水エスパルスにも被害関係団体から参加取りやめの申し入れがあったとも伝えられています。
この高額賞金の原資は・・商法で集めたお金なんでしょうかね。
ちなみに韓国プロサッカー連盟の会長はこの団体の理事長なんだそうです・・・
  
 

移籍の噂話 チェルシー、ミラン次第で・・・
いきなりのお題目ですが、マドリーが来週にデュデク入団発表を予定しているそうですが、実はメインはロッペンの入団発表では?と報じられてます。

ロッペンの移籍金は¥33億程度だそうで、チェルシーはこのタイミングでダニエル・アウベスを獲得するらしいと・・・
既にマルダを獲得してますので、ロッペン放出はさほど大きな痛手ではないのではと思われるところに満更嘘ではないのでは と思わせるものがあります。

更に今オフの補強では静かなミランがまたまたシェバ獲得に¥38億のオファをチェルシーに提示したとも書かれています。
そもそもモウリーニョはシェバに興味はあまりないでしょうから、この件はアブラモさん次第なんでしょうね。
1年前に買った半値で売ることにすんなりOKできるものなのかは・・・
その場合チェルシーはFWに誰を補強するのかと云うと、ミランとも争っているアレシャンドレ・パトですよね。

上記のシェバのお話もアレシャンドレ・パド次第というかパトありきなんだと思います。
ミランがパトを獲ればシェバなんかいらないんでしょうし、チェルシーもパトが来ればシェバを手放す判断ができるでしょうし・・
そう考えるとシェバって1年で移籍金以上に人として大暴落しちゃってますよね。

ミランはオリベイラもサラゴサに放出してしまいましたので、それなりの補強に目処がついてるんだと思えるのですが、ロナウジーニョとかコパ・アメリカ後に発表とか有り得たりしてね。
来期のFWがロナウド、パト、ロナウジーニョなんて構成だったら怖いですね。

パト獲得には先日ヒメネスを獲得したばかりのインテルも参戦してるみいですけど、ちょっと蚊帳の外って感じがします。

だらだらと想像の域を超えない話ばかりを書いてしまいましたが、今オフのミランの動きは不気味です。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-15 22:32 | 欧州各国リーグ戦