vsオーストラリア戦

人数が一人少ないオーストラリア相手に横パス、下げるパスで時間を無駄に使いPKになる前に決着をつけられなかったことは大きな課題を残してしまいましたね。
PKに持ち込んだオーストラリアには神憑りGK川口のお陰で勝つことができましたが、延長戦終了迄できっちり勝負をつけて欲しかったですよ。

審判は日本贔屓な感じでしたね。
AFC的にも初参加のオーストラリアに大会前に偉そうなことばかり発言されて、いきなり優勝されるのも気に喰わないって感じなのかなぁと・・


普段プレミアとか見ない人はこの試合でキューウェルにかなりダーティなイメージを持ったでしょうね。
途中投入されて早々にダイビングでイエロー!
その後も怪我した振りしたり、シュミレーション気味のプレー連発で、かなり胡散臭いプレイヤーと認知されたことでしょう。
一緒に見ていた友人が娘に あれは悪いおじさんだ!と言ってました(笑
キューウェルはこんな中途半端なところで負けて、これからリバプールに合流するんでしょうけど、去年迄とは違うレベルの面子の加入でポジション確保の勝負に挑まなくてはならないシーズンになります。 

ヴィドゥカオシムの教えの甲斐あって中澤に押さえ込まれて途中で下げられてしまいました。
奇しくもキューウェルと交代となってましたが、ちゃんと普通に抱擁して交代してましたね。

それから酷いのはGKのシュウォーツァー
あれでミドルズブラの正GK任せていいのでしょうか?
あのGKからゴールを奪えないのは、がっかりでした。

二ールも両足痙攣しちゃってましたね
そんな二ールに付け込めない日本もどうかと思いましたが・・

ブレシアーノとアロイージは結構エキサイトしてガツガツやってましたね。
天敵ケイヒルは今回は不発でした。

オーストラリアってW杯の敗戦から怖いイメージになってましたけど、ヒディングというドーピング効果がかなり大きかったんだなぁとつくづく感じました。
今日のメンバーも今までならW杯予選のプレイオフでしか集めることができない最強メンバーだと思いますけど、選手一人一人は素晴らしいことは間違いありませんが、監督の存在感はあまりにも希薄でしたよね。


日本はどうなんでしょう・・・
試合を支配していたのは間違いありませんが、相手に合わせたプレーが多すぎますし、何より
何が何でも決めるんだ!という気迫が中澤以外からは感じられません。
PKに持ち込まれる前に勝負を決められればステップアップ感を感じることができたんでしょうけどね。
準決勝は順当に行けば相手はサウジでしょうか?
勝って決勝はイランとの対戦を希望します。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-21 23:03 | 各国代表