ベッカム デビュー! 他

キューウェル アジアの難しさを痛感?
すっかり悪役として認知されてしまったリバプールの羽賀健二?ハリー・キューウェルは敗戦後
「これからは、アジアに対して異なるアプローチをしていくことになる。アジアでの戦いがどういうものか、それがどれほどハードなものか、これでよく分かったよ」
大会前の楽観的な認識を悔いるコメントをしています。

これだけのスター揃いのベストメンバーでアジア杯に望んでくれたことは、観る側にとってはありがたいことでした。
優勝すればコンフェデ出場という舞台を踏めることもあり、ここはとりあえず優勝しとくか!的な気持ちがあったことはが否めないんでしょうね。

オーストラリアは代表として本当のシビアな戦いは、実質W杯プレイオフの2試合以外に経験する場が無かったという自らの立場をあまり理解してないのかもしれません。
アジアは彼ら個人個人のプレーしている欧州のリーグとは格段に劣るレベルですが、中東、東アジアの同じ括りでは語れない国々との対戦そして気候、欧州でのプレーとは異なる戦いを制していかなければ、自分達の普段プレーしている国々と戦える舞台に立つことができないことを少しは理解したかもしれません。
今の正直な気持ちは 大変なところに転籍しちゃったなぁ・・・って感じかも

一方アロイージ
「自分たちは、相手の方が慣れている気候条件でアジアカップを戦い、運悪く負けたということを忘れてはいけない」
こんなこと言ってるようじゃ W杯予選も痛い目に会いますよね・・

そのキューウェルは、7/24からリバプールが参加するBARCLAYS ASIA TROPHYの開催地香港で合流するのでしょうか?

この大会の日程ですが
7/24
ポーツマス vs フルハム 
リバプール vs サウスチャイナ 

7/27
3位決定戦とファイナル 

となっており、ポーツマスとフルハム何れかとは試合をすることになります。
この辺でトーレスあたりがゴールを決めてくれると肩の力も抜けてくるんじゃないかと期待したいです。


ベッカム vsチェルシー戦でデビュー!
MLSロサンゼルス・ギャラクシーに移籍したベッカムが21日のチェルシーとの親善試合に予定通り途中出場したようです。
ベッカムは左足首の怪我の回復が思わしくなく出場が危ぶまれていましたが、後半終了10分前に交代出場しお披露目ができたようです。

ちなみにこの試合には夫人のヴィクトリア、トム・クルーズ夫人のケイティ・ホームズ、アーノルド・シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事らがスタンドで観戦したそうで、出場しない訳にはいかなかったんでしょうね・・・
おまけにこの試合のチケットは、ブラックマーケットで2000ドルの値がついていたらしいです。

試合の方はテリーのゴールで0-1で敗れていますが対戦相手のモウリーニョは、この試合の持つ興行的?な意味の重要性を深く理解し、
「ベッカムには触るな!」
と指示を出していたそうです。

一見 八百長?とも獲られかねないこの発言に
「サッカーの歴史はこういったことで形作られている。親善試合やエキジビジョンマッチでは多くのスター選手が特別な扱いを受けてきた。エウゼビオやペレといった選手たちもそうだ」
と勝つことだけがフットボールにとって重要なことではない!と形振り構わず常勝軍
団を作り上げてきた近代の名将が、大人なところを魅せています。


ファウラーはカーディフ移籍
ファウラーのウェールズのカーディフへの移籍が決まりました。
シドニーFC行きも真剣に検討したようで、オーストラリアまで交渉に行ったようですが、ご家族の希望もあり実現しなかったようです。
カーディフは稲本がWBA在籍時に少しの間レンタルに出されてクラブですよね。
移籍先が決まって一安心しました。
 
[PR]

by beckham306 | 2007-07-22 22:23 | 欧州各国リーグ戦