リバプールvsダービーと親分登場

リバプールvsダービー
6-0は素晴らしい結果ですが、素直に喜びたいとは思いますがダービーは先日のスパーズ戦もこんな感じでしたし、CL予備戦トゥールーズ戦とこのダービー戦の2試合の結果、内容はシーズン中最も楽な試合が2試合並んだと考えたほうが良いと思います。
次節のアウェイでのポーツマス戦で0-2で勝利だととても嬉しいですけど・・・

ゴールを決めたのはアロンソ2点、トーレス2点、 バベル、ヴォロニンですが、解説にもバベルはまだ浮いてるとか言われ続けて、去年のペナントよりはましだろと思ってましたけど、(今シーズンのペナントは見違えるようですが),ゴールという結果が出たことは良かったです。
ヴォロニンは凄い奴ですね 
べラミーの替わりは荷が重いのでは?と思ったりしてましたが、正にスナイパーですね
彼の存在はリバプールが高いステージに上り詰めるのに重要な役割を担う気がしてきました。
べラミーさんはウエストハムで得点したそうで、そちらでも腐らず頑張って下さい。

この試合一番献身的プレーをしてたは途中から出てきたベナユンだと感じましたが、華々しいゴールラッシュの裏で、アロンソが決めてなければ間違いなくPKとなっていたであろう痛そうな場面含め、彼にとっては報われない試合でした。
でも サポの気持ちは掴んでるでしょうから 大丈夫だ!

カイトは決めて欲しい場面多々ありましたけど、彼はバベルなんかと違っていいとこ魅せる努力をする必要なんかないので、このままのプレーを続けて行って欲しいです

皆さんクラウチを心配されてるようですが、彼はこんなことで腐ったり、焦ったり、出場機会を求めて移籍しようかとか考えたリはしませんよ きっと・・・
彼はなんと言っても結果が出ないのに試合に出され続けるつらさ(笑)を知ってる男ですからね
あの頃の毎週末に胃がキリキリ痛む状況を思い出せば、現状の立場はむしろ出番がきた時は任せ解けよ!と心にゆとりがあると期待したいです
ただイングランド代表的にはクラウチの試合感が少ないことはマイナスかもしれないですが・・


マンUvsサンダーランド
親分が帰ってきちゃいました って感じ・・・

ロイキーンは当然ながらオールドトラッフォードでスタンディングオベーションで迎えられました。
ファーガソンはピッチの前で握手しようと先に待ってたら、シカトされそのままスタンドの監督席へ行ってしまうという流石はロイキーンでした
今更白々しく にこやかに握手なんて あんたのその手に乗るかよ!って感じでしょうか・・・

そしてそのロイキーンの前でスールシャールの引退発表       
ロイキーンもその時だけは降りてきて抱擁
これはかなり感動的でした
いつかは監督としてのキーンvsスールシャールなんて対戦が観られるといいですね

試合は殆ど観ずに寝ちゃったのですが、試合は復活サハのゴールで1-0だそうです。
試合後のロイキーンとファーガソンのツーショットは観られたのでしょうか?
この試合は歴史的に観る価値のある場面が多い試合だったと思いました。


その他ニューカッスルでオーウェンがゴールを決めた勝利してますね
それから話は飛びますが、昨夜試合があることも知らなかったインテルvsエンポリズラタンの2ゴールで今期初勝利してます。
[PR]

by beckham306 | 2007-09-02 14:29 | 欧州各国リーグ戦