オーストリアvs日本

オーストリアvs日本
0-0という結果は残念ですが、遠藤のFKに詰めた田中達也のシュートが決まっていれば、内容も結果も日本があらゆる面で上回っていたと言えるような内容だったと思います。
それもこれもは毎度毎度の決定力不足という言葉が全てで、あの内容のフットボールができるチームなのにそれに相応しいFWが存在しないことは、オーストリアの監督も指摘していたように、「0-0で終われたのは日本にまともなFWが居なかったからだ」という言葉どおりで、あの試合を観たオーストリアの人達もそれを感じたことでしょうね。

しかしオシムは矢野を育てるつもりなのでしょうが、彼は化けるような雰囲気を感じないのですが・・・
達也はあの決定機さえ決めてれば、それだけで全然評価が違ったのに・・と思います。
松井は、このチームにフィットしてないのが良く解ります(笑
風穴を開ける意味でも、1対1の勝負重視路線でこのままかき回し続けて欲しいです。
是非次は先発で使って欲しいですね
稲本は総じて攻守共に効いてましたが、疲れてくるとなのか、途端にプレーが粗くなってくる癖は相変わらずで、オシムもその兆しが現れるとすぐ替えてました。
あれは彼にとっては課題です。

ただ、いつもなら勝てる試合をドローで終わり、しかもPK負けという日本の不甲斐なさを強調してしまう試合でしたが、なぜか多少優越感さえ感じてしまう印象でした。
欧州の中堅国にアウェイで検討したというのではなく、明かにやってるフットボールの質が相手を凌駕してたからだと思います。


日本がどうのこうのより心配になったのは、むしろオーストリアの方で、あれがいつもの調子なのかは知りませんが、正直もっともっと強いのかと思ってましたので、あれではホスト国としてユーロを戦うのにグループリーグ突破することはかなり難しいのではないでしょうか?
印象としてDFは屈強だとか、FWにスター選手がいるとか特徴的な部分が何もないですよね
監督自身が認めているように中盤が物足りないのだとすると、売り物がないチームだなぁと思いましたね。
オーストリアでは代表監督にオシムを招聘する動きが水面下で活発になっていると報じられてますが、この試合を観た現地の人達は、オシムがオーストリアを今日の日本の中盤のような玉回しができるチームにしてくれることに、その期待を新たにしたとしても頷けるものがあります。
今回の遠征でオシムは終始ご機嫌のようですけど、日本代表監督契約は単年度契約で更新していく内容らしいので、突如辞められる可能性もある訳ですよね・・・


現地でこれを見たであろう三都主と宮本はどう感じたでしょうね?
三都主は1月にも浦和復帰の方向だと報じられていますが、CL出場の道も絶たれましたし、現地で行なわれている代表の親善試合にも呼ばれず、モチベーションの維持が難しいことは解らんでもないですけどね。
ザルツブルグ側もターンオーバー制を敷くことを念頭に選手を抱えてたようですので、UEFA杯の対戦相手も くじ運悪くAEKアテネですし、早々に欧州杯戦敗退となれば放出は止む無しというところでしょう。
宮本も当然ながら・・・

日本にとって強化という側面からは正直期待外れだったオーストリア戦ですが、11日のスイス戦はとても重要な試合になると思いますし、日本の実力のポジションが解る いろんな意味で興味深い試合になると期待したいです。
[PR]

by beckham306 | 2007-09-08 13:38 | 各国代表