ヴォロニンが代表監督と決裂、ウリエがフランス代表TD

今夜のポーツマスvsリバプールは生放送じゃないんですね・・・

ヴォロニンがウクライナ代表監督と決裂!
先日イタリアに負けてユーロ出場はほぼ絶望となったウクライナですが、ヴォロニンがウクライナ代表のヴロヒン監督と修復不可能な状況にあることが記事に書かれています。

ヴロヒン監督は、
「私に対し、ヴォロニンのような物言いをしてくる選手は、ウクライナ代表の監督として我慢ができない!」

ブォロニンは、
「ブロヒンは僕に対して、攻撃的な言葉を多く用いながらすごく威圧的な言い方をしてきた。でも、僕はあんな風に恫喝される覚えはない。彼と同じ態度でやり返した」
「彼が監督になったときから、互いの関係はピリピリしたものだった。ブロヒンにとっては彼自身と(キャプテンの)シェフチェンコだけが大事なんだろう。彼が今後僕を招集するとは思えないね。少なくともこの予選の間は」


かなりの激論があったようですね・・・
個人的には、ウクライナはもうユーロ予選は望みがない薄い訳ですし、ヴォロニンが代表召集に左右されずリバプールで常に読めるFWとして安定した活躍をしてくれることの方が遥かにラッキーと思っちゃいますねどね。

しかしこのコメントが本当だったとして、いままで良き相方なのかと思われていたブォロニンとシェバの関係って実はどんな感じなんでしょうね?
察するにそんなに仲が良さそうには感じられませんけど・・・
そう考えると、リバプールvsチェルシーってヴォロニンvsシェバっていう新たなイベントが発生したってことでしょうか?
リバプールで重要な仕事を果たしているヴォロニンとチェルシーでもはやリスペクトされたFWではないシェバと、プレミアでは代表とは反対の立場である訳ですが、ヴォロニン的にはどちらがウクライナのエースなのか、よく観てろ!って感じでしょうか?
(実際シェバのウクライナでの立場は、スポーツ選手という枠を離れても政治的意味合いとかヴォロニンとの比較なんてものではなく もっと超越した存在なのでしょうが・・)

そのシェバは今夜のブラックバーン戦でスタメン復帰と予想されてるようですが、代表での好調ぶりをクラブでも見せられるでしょうか?


ウリエがフランス代表のTD就任へ
先日スコットランドに負けて黄色信号が点っているフランス代表にウリエがテクニカルディレクターとして指名されたと報じられてますが、予選終盤の微妙なポジションとタイミングでウリエを代表入りさせると聞いて一抹の不安を覚えるのは僕だけでしょうか?
9894W杯予選で出場権を土壇場で逃した時の監督はウリエでしたよね・・・




明日インテルと対戦するカターニャで森本が先発すると言われてますが、森本はいよいよ反町監督が五輪代表に召集を示唆したと報じられてますが、インテル戦でそれを確信させる活躍を魅せられるでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2007-09-15 21:50 | 各国代表