リバプールvsトットナム 他

昨夜 表題の試合を観る前にTVを点けて、いろんなチャンネルを見ていたら、たまたま古田の引退セレモニーが放送されてまして、古田も本当に引退かぁ・・・なんてボォーっと観ていたら、中井アナをはじめとしてご家族、ご親族を交えての写真なんかを撮ってるシーンなんかもあり、珍しく湿っぽくない引退セレモニーだなぁと思ったのはいいですが、写真撮影に混じってるのが石井のかみさんの木佐アナがいるのを発見し、流石というかアナになるような女は本当スゲェなぁと思いました。



そんな後で結構期待して観たリバプールvsトットナム
プレミアで倉敷さんの実況は結構珍しいのではないでしょうか?
入場シーンでベルバドフとヴォロニンが肩を叩き合ってからピッチに出て行ったのは印象的でしたが、倉敷さんが流石ブンデス専門だけあって、レバークーゼンでこの二人がツートップだった時のお話なんかを交えた紹介は、よろしかったと思います。

アンフィールドでは圧倒的に分が悪い戦績のスパースということもあり、今日こそ気分を一新してくれることを期待しつつ先制点をジェラードのFKからロビンソンがGKとして してはいけない溢し方のお手本を見せてくれたところを、ストライカーとして見逃してはならない決定機としてきっちりヴォロニンが決めくれた時は、もうこの試合がゴールショーの始まりか!!!!と勝利は当然のように思っちゃいましたけど、その後あんな展開になるとは・・・・

個人的な話ですが、最近リバプールの試合を観てると特に後半になると急に睡魔が襲ってくるんですよ
この試合も後半はおぼろげながらにしか記憶がないのでですが、ロビー・キーンに振り斬られるDF?やトーレスが終了間際に帳尻を合わせるかのようなゴールは覚えていて、なんとか奇跡的に2-2のドロー・・・

Fトーレスヴォロニンはそんなに悪くなかったと思うんです。
ただヴォロニンは頼りになる奴ですが90分通じてベストのパフォーマンスを見せられるタイプじゃぁないような気がします。
この試合の先発パターンであればヴォロニン→カイトが継投策ではないかと?

それから最近の盛り上がらないリバプールの元凶はあえて言っちゃいますけどジェラード!!がかなり責任があると思ってるんですが・・・
居るのか居ないのか、存在感ない試合が多いように感じます。
こんな試合を続けていたら、サポが納得する訳がないことはジェラードが一番身に染みてるとは思いますけど・・

リバプールはそれでままだ4位です。
今ならまだ間に合います。心に響く試合と結果を残して欲しいものです。
トットナムは毎度思うことですが、この面子でこの順位はどう考えてもおかしいですよ


その他アーセナルはサンダーランドに一度は追いつかれながらも、ファン・ペルシーのアンリばりのシュートで突き放して勝利しました。
アーセナルの試合は観ていてスリリングで気持ちいいです。
この試合は観ていて眠くならなかったのはロイ・キーンもネクタイがやたらと短いことが気になったことだけではないと思います。
実況はやたらとセンデロスが危なっかしいと煽ってましたね
あとイハン・ハートがサンダーランドに居たんでびっくりしました。
同郷のロイ・キーンに拾われたんでしょうか?

マンCはエラーノの2ゴールを含む3点でミドルズブラに勝利し3位キープ
マンCはインテルからヴィエラ獲得を狙ってるという噂も・・・

渦中のチェルシーは絶不調ボルトンに0-1で辛勝
シェバはドログバがいなくてもスタメンから外れてますね
いよいよアブラモさんも見切りをつけたのか?
アヤックスでは散々やじられてるテン・カーテのチェルシーのコーチ?監督?就任は後はクラブ間の違約金の折り合いだけだそうで、時間の問題って感じですので、もはやそちらに期待してるのか?
ボルトンのアネルカはビッククラブへ出たいと売り込むコメント出しまくってますが、チーム内では大丈夫なんでしょうか?

プレミアは次節10/20となりますが、特にリバプールはこのインターバルを有効に活用してもらいたいものです。
[PR]

by beckham306 | 2007-10-08 20:29 | 欧州各国リーグ戦