10/13ユーロ予選の結果

Grp A
アルメニア 0-0 セルビア
ポーランド 3-1 カザフスタン
ベルギー 0-0 フィンランド
アゼルバイジャン 0-2 ポルトガル


消化試合数とポイント
ポーランド 12 24
ポルトガル 11 20
フィンランド 12 20
セルビア 11 17
ベルギー 11 12

ポーランドはスモラレクのハットトリックで快勝
ポルトガルはホームのアゼルバイジャン側に二人の退場者が出たそうでアウェイでも勝利。
セルビアのドローは痛かったですね
フィンランドはドローです。足を引っ張り合った感じで残り試合数を考えると厳しくなったといえますが、まだポルトガルvsフィンランドの直接対決もありますしね・・



Grp B
スコットランド 3-1 ウクライナ
フェロー諸島 0-6 フランス
イタリア 2-0 グルジア


消化試合数とポイント
スコットランド 10 24
イタリア 10 23
フランス 10 22
ウクライナ 9 13

スコットランドがウクライナの微かな希望の光を消すことになりました。
シェバは代表では結構ゴール決めるですけどね・・・
ウクライナはドイツW杯での成功で、予選序盤は少し気が抜けたところもあったと思います。
これで世代交代含めて、本気でやる気を出すきっかけになるんじゃないでしょうか。
イタリアはピルロのFK、グロッソのゴールで手堅く勝利。
フランスは試合開始3時間前に現地到着でも余裕の勝利。
この試合Youtubeで観ましたがフェロー諸島の試合会場のグランドにはちゃんと観客席がありました!
昨日のブログで失礼なことを書いてしまいました すいません・・

これで3ヵ国で椅子を争うことになるわけですが、こうなるとこの中で勝ち抜け方を一番知ってるのはイタリアのような気がします。


Grp C
ハンガリー 2-0 マルタ
モルドバ 1-1 トルコ
ギリシャ 3-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ


消化試合数とポイント は
ギリシャ 9 22
トルコ 9 18
ノルウェー 9 17
ボスニア・ヘルツェゴビナ 10 13
ハンガリー 10 12

ギリシャがハリステアスらのゴールでボスヘルを退けました。
トルコはこのドローは痛いです
トルコは10/17の直接対決で勝利するしかないです。



Grp D
キプロス 3-1 ウェールズ
アイルランド 0-0 ドイツ
スロバキア 7-0 サンマリノ


消化試合数とポイント は
ドイツ 9 23
チェコ 9 20
アイルランド 10 15
スロバキア 10 13
キプロス 9 13

ドイツが予選勝ち抜け一番乗りとなりました。
この予選ドイツはやたら安定してましたね
W杯前には誰も代表監督をやりたがらないほどボロボロだったことを考えると、めざましい回復ぶりです。
クリンスマンの功績って、思ってる以上に大きいものだったのかもしれませんね。
チェコはドイツとの直接対決を残してましたが、ドイツの勝ち抜け決定であまり意味のないものになってしまいました。
このままだと2位はよっぽどのことがない限りチェコでしょうね
アイルランドは駄目かぁ とほほほ・・


Grp E
クロアチア 1-0 イスラエル  
イングランド 3-0 エストニア


消化試合数とポイント は
クロアチア 10 26
イングランド 10 23
ロシア 9 18
イスラエル 10 17

クロアチア強いですね またエトゥアドル・ダシルバのゴールで勝利です。
イスラエルが伏兵になるかもとか期待してましたが駄目でした。
これでクロアチアは他の国の状況如何に関わらずあと1勝すれば予選突破が確定するそうです。
イングランドも気持ちの良い試合したみたいですけど、ここでもクラウチの名前がないのはショックです。
それからもうベッカムは要らないとかの声は失礼だと思います!!
Aコールが怪我しちゃったみたいですけど、17日のロシアとの直接対決で結果を出すことさえできれば突破できるでしょう。
なんか急につまんなくなりました(笑


Grp F
アイスランド 2-4 ラトビア
リヒテンシュタイン 0-3 スウェーデン
デンマーク 1-3 スペイン


消化試合数とポイント は
スウェーデン 9 22
スペイン 10 22
北アイルランド 9 16
デンマーク 9 14

スペインはFトーレスの代役タムードが大活躍だそうで何よりです。
スウェーデンはリヒテンシュタイン相手に当然の勝利で、次節 この予選もっとも盛り上げてくれた北アイルランドに勝利すれば予選突破らしいです。
スペインはスウェーデン、北アイルランドとの直接対決をまだ残していますが、騒いだ割にはどう転んでもなんとなく大丈夫なんじゃないでしょうか?


Grp G
ルーマニア 1-0 オランダ
スロベニア 0-0 アルバニア
ベラルーシ 0-1 ルクセンブルク


消化試合数とポイント は
ルーマニア 9 23
オランダ 9 20
ブルガリア 9 18

頂上決戦でオランダが負けてしまいました!
バベルが寝坊をして罰としてスタメンを外されて、その代わりにお鉢が回ってきたロッペンがブレーキだったらしいですね・・・
ファンバステン采配イマイチだったようで・・・
チェルシーの監督のお誘いを受けたり、集中できてなかったのでしょうか?

ルーマニアも次戦アウェイのブルガリア戦で負けたりするとこの勝利に意味がなくなりますので、まだ縺れる要素はあると思います。
[PR]

by beckham306 | 2007-10-14 20:18 | 各国代表