イングランドが!スコットランドが!

今朝のユーロ予選の結果で新たにチェコ、ルーマニア、ギリシャの勝ち抜けが決まりました。
それにしても10/23の予選の結果が概ね順当だったのに比べ、今朝は満を持しての波乱がありましたね。

何といってもイングランドがロシアに負けたことでしょう!
先週末の段階では、なんだかんだとイングランドの予選通過が見えてきてしまったなぁと勝手に楽勝ムードだった訳ですが、一転自力通過が不可能なことになってしまいました。
それも次の試合の相手はクロアチアですからね
ロシアもフラフラしてますから2連勝は確実とは思いませんけど、かなり厳しい状況になっちゃいましたよね
イングランド不在のユーロが現実のものになろうと・・・・

それにしてもヒディングは前々から この日に賭けていたんでしょうね
ユーロ予選を通過できなくてもロシア代表監督は続投するなんて、白旗宣言ともとれるコメントをしていたのも今となっては、この戦いに向けての心理作戦のひとつだったのかもと思えてきます。
正にヒディングマジックは健在でした。
この試合を観戦していたアブラモさんも チェルシーの監督はやっぱりヒディングしかない!と思いを新にしたのではないでしょうか?

反面マクラーレンは 元の駄目駄目監督ぶりを曝け出してしまいました。
審判の判定に文句をつけてますが、もう既に過去の人として語られようとしています。
もう後任監督の噂で花盛りです。
筆頭候補はモウリーニョ
そういえばモウリーニョが名古屋の監督就任説を真面目に報じてた新聞がありましたね・・・ あれは流石に笑いました。

モウリーニョより数週間前にロンドンを訪れたカペッロが信憑性があるのでは?
とも書かれてますが、トットナムの監督をやるとは思えませんので、これは噂になっても仕方ないでしょうか?
ちなみにGoal.comに載ってるオッズでは、
モウリーニョ、スコラーリ 5.1倍
カペッロ 8倍
ヒディンク、アラーダイス 8倍
オニール 10倍
ベナブルス 12倍
ベンゲル 14倍
ピアース、リッピ 16倍


ヒディングだったらそれはそれで凄いことですけどね・・
フェリポン、カペッロあたりが可能性もあり、パンチもありそうなところですが、他は無いんじゃないかなぁ
アラダイスでいいなら、すぐにでもニューカッスル辞めてくると思いますけど。


そしてもうひとつの波乱はグルジアvsスコットランドでしょう
昨日のブログにスコットランドがイタリアとの大一番の前に引き分けたりしちゃうのでは?
と書いたら、それより酷く負けてしまいました。
この直接対決ではない相手に敗戦は致命的といっていいでしょう。
イタリアはこの結果に気が抜けているのではないでしょうか?
な-んだ次0-0でもまだいいのか!と・・・


C組はトルコがホームでギリシャに負けたことで、ノルウェーが浮上してきました。
カリューがユーロで観られるのは良いことです。
トルコはどうしちゃったんでしょうか?

F組はスウェーデンは勝てば決められたのに北アイルランドとドロー
ここもスペインと共にほぼ決まりでしょう。


次節は11/17です。
ノルウェーvsトルコ、スコットランドvsイタリア、ロシアvsイスラエル、スペインvsスウェーデン
なんかが関心の的でしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2007-10-18 23:50 | 各国代表