エバートンvsリバプール 他

試合開始時間があんなに早いことに気が付かず、後半からしか観られませんでした。
結果は1-2でリバプール勝利だった訳ですが、得点はエバートンはヒーピアのOGリバプールはPK2発と、それも一人少な相手に散々攻めて挙句決定機を外しまくり終了間際のフィル・ネビルのハンドのPKでようやく逆転。
2点目のPKのハンドは、完全に一点モノでしたので、実質ロスタイムに追加点で勝利となっていた訳で、むしろあのPKをカイトが外したりしたらかなり沈滞ムード漂う試合になっていたと思います。
その後の終了の笛がなる間際にエバートン側がPK貰ってもおかしくないシーンがあってエバートンサポは怒ってるでしょうけど、個人的にはリバプールもたまにはこうゆう試合で勝ち点3を貰うこともないとやってられねーよと偏った見方をしています。

それにしても点獲れませんね・・・

その後の放送でミドルスブラvsチェルシーでドログバがチャンスをきっちり決めてのを観て、それに較べてリバプールは絶対的に頼りになるFWの軸がまだ固まってない印象が続いてます。
トーレス、ヴォロニン、カイトこの3人それぞれ素晴らしいFWですが、誰か抜け出す存在になって欲しいです。
そうすればクラウチの使い方もはっきり見えてくるような気がするんですけどね・・・・

ジェラードの途中交代は賛否両論あると思いますが、交代で出てきたルーカスはきっちり仕事をしたと思いますので、この試合はこれで良かったと思いたいです。



昨夜のその他のプレミアは、テンカーテがグラントさんと狭そうに並んで座ってたチェルシーは、渦中のドログバがきっちり決めて勝利。
アーセナルはどん底ボルトンになかなか得点を奪えず、これはドローか?と期待しましたが、
後半トゥレのシュートが決まって万事休す そのままガタガタと崩れ去って行きました・・・
マンUもルーニーの2得点を含む4ゴールを挙げてヴィラに大勝。
マンCはエラーノのゴールでバームンガムに勝利し、しぶといところを見せてます。
冬の補強時期までこの調子を維持されたら、更なる補強の噂も絶えないだけに完全に4強に勢力になりそうです。

昨夜は上位陣が軒並み勝ち点3を上積みした日でしたね。
リバプールも状態はメチャメチャよろしくないですが、とにかく今は内容はともかく勝ち点3を獲り続けて崩れる兆しのないアーセナルに喰らい付いていきたいですねぇ
[PR]

by beckham306 | 2007-10-21 17:39 | 欧州各国リーグ戦