続報 バレンシアの新監督のお話

今日行なわれるカーリングカップ リバプ-ルvsカーディフが行なわれますが、それってロビー・ファウラーがアンフィールドに戻ってくるってことですよね
見たくても見る術もない訳ですが、ロビーさんの一撃で負けちゃいそうな気もしないではない今日この頃のリバプールですから、変な意味で心配ではあります。

ここ数日バレンシアネタ継続中ですが、今日も
続報 バレンシア新監督の噂!
無職の大物監督全て候補となってましたが、ついに現状最優先交渉先と思われるネタが出ています。
それはPSVのクーマンだそうです。

ソレール会長リッピが第一候補らしいのですが、リッピドナドーニがユーロ出場を逃した場合その後釜に座ろうとしてるらしく、11/17のスコットランドvsイタリア戦まで受諾の回答はできないと言ってるそうです。
しかしそれまで待てない(このあたりがそもそも物事の順序がおかしい)バレンシア側は、リーガの経験もある現PSVのクーマンを札束で引っ叩いて?強引に引き抜こうとしているらしいです。

しかし テン・カーテといい クーマンといい それなりのクラブの現職監督がホイホイ移るほどオランダのクラブの監督の報酬は少ないんでしょうか?
しかもPSVはCLを戦ってるクラブですからね 
ファンデ・ラモスやテン・カーテのケースと同じで、そんな簡単に捨てて行っていいものかと思ってしまいます。(テン・カーテはCLも無くモチベーション低かったと思いますが・・・)

リッピが第一候補ってセンスもよく解りませんが、そのリッピはドナドーニの後釜に就く可能性を待ってるってのも本当だとしたら凄いですよね。(嘘っぽいですが・・・)
イタリア代表はもしドナドーニを替えるようなことがあるなら、それこそカペッロなんかが適任じゃないかと・・・

バレンシアの監督選びは、まだまだ一筋縄には行かないような気がします・・・・


インテル GKがいない?
久々にインテルネタです。
トルドが右足の粉砕骨折だそうで、ジュリオ・セーザルは腰を痛めていて、主力GK二人が不在の危機なんだそうです。
第3GK 35歳オルランドーニが今夜のジェノア戦も出場するしかないんですが、セリエAでは横綱相撲状態になってると思い込んでいたインテルに思わぬ落とし穴です。

インテルはヴィエラが年内復帰できないらしいですし、スタンコビッチも駄目みたいですけど、リバプールと較べてあまりピンチを感じないのは強くなった証?
今夜はローマダービーで、ローマも勝ち点3は簡単に読めないでしょうし、なんだかんでインテルはまだ運は向いてますよね。


宮本はザルツブルグ残留!?
浦和復帰の方向で調整していると報じられてるマテウス派?の三都主とは対照的に、トラップ派の宮本はザルツブルグから契約延長の打診を受けているそうです。
これは素晴らしいことですよね
宮本のお陰で日本でのレッドブルの販売が著しく伸びたとも聞きませんので、選手として評価されたということなんでしょう。
辛抱強く今期もCL予備戦出場枠を確保できれば、次はいいことあるかもしれませんね。
シャフタール戦のリベンジもしたいでしょうし。
もし来年宮本がCLに出場するようなことがあったら三都主はどう思うでしょうね?
[PR]

by beckham306 | 2007-10-31 23:11 | 欧州各国リーグ戦