ユーロ2008本大会組み合わせが決定

東京Vの監督は柱谷、横浜FCは都並ですか・・・ うーん

さて今週末からはACLチャンピオンになっておきながら、J2下位のクラブとJ2降格がとっくの昔に決まっているクラブに連敗し、J優勝を逃してしまった浦和と昨期CLチャンピオンでありながら今期リーグ戦ホーム勝星無しのCAミランが対戦するかもしれないCWCがいよいよ始まります。
それにしても浦和は心配ですね
1週間で気持ちを切り替えられるかどうかは難しいと思います。
苦しいとは思いますがミランと対戦する前にセパハンに敗れることだけは、なんとしても避けて欲しいと願います。
こんな舞台でミランと戦えるチャンスなんて二度とないと思いますから・・・

ミランと云えばカカが大方の予想通りバロンドール受賞したそうで・・・
今更って感じですけど おめでとです


本題ですが、イングランドのいないユーロ2008のGL組み合わせが先程決まりました。

<グループA>
スイス
チェコ
ポルトガル
トルコ

<グループB>
オーストリア
クロアチア
ドイツ
ポーランド

<グループC>
オランダ
イタリア
ルーマニア
フランス

<グループD>
ギリシャ
スウェーデン
スペイン
ロシア




青字は個人的勝ち抜け予想です。

しかし なんなんですかグループCは!
W杯の準決勝に残った国かと思うような豪華な顔ぶれ!
ユーロが本当に濃いです
ルーマニアは残念(笑)ではありますがこの3つの対戦で次に大きく繋がる強さを身に着けられると思えば半端な組で負けるより長い目で見ればいいかもしれません。

グループAはスイス、トルコの因縁の対決が実現してしまいました。
これはあまり盛り上がれる因縁ではありません。
できることなら同組は避けて欲しかったです。
大会期間中 試合内外共に何も起こらなければいいのですが・・・・

これを抜きにしてもこの組は縺れそうな気がします。
スイスは地元アドバンテージもあり大会的にもGLはクリアして欲しいと思いますが、もう1チームはポルトガルもあっさりと勝てるとは思えませんし難しい組だと思います。

グループBはオーストリアは地元開催とは云え可能性低いと思いますので、ドイツは堅いとしてクロアチアは思ってる以上に強いような気がしてます。

グループCはオランダが纏まれず自滅・・・と予想。

グループDはユーロといえばギリシャですが、ヒディングマジックに陥れられ?敗退と予想。


あんまり根拠のないことばかり書きましたが、この組み合わせを見ただけでもユーロって本当に濃い大会だなぁと実感させられます。
つまらない組み合わせなど1試合もないと思いますので今からとても楽しみです!
[PR]

by beckham306 | 2007-12-02 22:21 | 各国代表