リバプールvsボルトン

リバプールvsボルトン
ゴール前でキャラガーとレイナが衝突して零れたボール(このシーンの例えに”マイアミの奇跡”のようだと実況が云ったのには笑いました)を無人のゴールに流し込むだけだったアネルカは なんでだか外しちゃいましたね。

ボルトンはこのチャンスを逃したツケは重く、それからジェラードが全てに絡む4得点で快勝でした。
特に2点目のロング・ハイスピード・スルーパスからFトーレスが落ち着いて決めたシーンは圧巻でした。
あれをされたら負けたほうも納得でしょう(笑)
キューウェルも個人的にはようやく安心して見ていられるようになってきましたが、出来はまだまだ物足りないです。


ボルトンはアネルカ一人がとっても怖かったですけど、ディウフは気の毒な程ブーイング浴びてるし、成す術がなかった感じです。
これでアネルカが1月に出て行ったらどうなるんでしょう?


リバプールはこれで3位浮上です。
2位チェルシーと1試合消化が少ないので、このまま勝ち続ければ単独2位が期待できるところまできました。
12月は試合数がとっても多いですが、せっかくの勢いを維持し続けて欲しいものですね。
CLマルセイユ戦の直後のプレミアでのマンU戦がありますが、ここは叩いておきたいですね。
その後カーリング杯で早くもチェルシーと中って、その後プレミアでポーツマス戦までが山場です。
これを乗り切れば年末の対戦は、ご馳走のダービー!と、これも叩いておきたいマンC戦です。

今後の為にもマスチェラーノの完全移籍の話が纏まるのも あとわずかと報じられてますし、CL勝ち抜け決めたらDF1枚だけ補強してもらいたいです。
もちろんクラウチはキープです!。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-03 23:00 | 欧州各国リーグ戦