リバプール クリンスマンとの接触を認める

長谷部のヴォルフスブルグ入りが内定したようですね。
17日に現地でメディカルチェック後に調印となるとのことです。
果たしてマガトは本当に獲りたいと思ったのかどうか解りませんが、せっかくのチャンスですのでポジションを得られるよう頑張って下さい。

海外組には悪いニュースも・・
ザルツブルグで地味にポジションを得ている宮本が練習中に左太もも裏の腱(けん)を断裂する重傷を負い今期絶望だそうです。
年齢的にも欧州での活躍は残り少ない時間の中でのチャンスとなっているだけに あまりにも痛いです。
来期CL出場するところまでは、頑張って欲しかったんですけどね。


リバプール クリンスマンとの接触を認める!
アメリカ人オーナーが11月にクリンスマンに監督就任の打診をしていたことを公表したそうです。
まぁ 裏ではいくらでもそうゆうことはあるんでしょうけど、なんで今この時期 公表したのか?ってことですよね 問題は・・・
この時はベニテスがオーナーへの忠誠を示したから、この話は白紙になってと書いてありますけど、言うことを効かないんであれば、いつどうなっても知らないよ!という最後通告的な意味合いが含まれてるんでしょうね。

日に日に外堀を埋められていってる感があり、こんな状態でチームを安定して運営していくことができると思う方がおかしいんじゃないかと思います。
というより 遠まわしに崩壊させようとしてるんでしょうね きっと
解任ではなくベニテスの方から、「辞める」と言わせる気なのかもしれません・・・
まさかニューカッスルと同じ道を歩むことになってしますのでしょうか?

そのニューカッスルは未だに後任が決まらずです。
レドナップ、マーク・ヒューズに接触したらしいですが振られ、最も相応しいと思われるシアラーもなかなか首を縦に振りません・・・
そんな中 浮上してるのがなんとジェラール・ウリエ!
シアラーがコーチでウリエが監督って案が出てるらしいです。

ウリエじゃ 怖くもなんともないので、こちらはOkですけど(笑)
前途多難ですね ニューカッスルは・・・

リバプールには こんな風に路頭に迷うことは絶対避けて欲しいですけど、本当に1試合1試合 目が離せなくなってきちゃいました。
[PR]

by beckham306 | 2008-01-16 00:07 | 欧州各国リーグ戦