チリ戦と小野とバロシュ

日本vsチリ
チラチラッとしか観てないのですが、土曜の19時という時間帯に放送すべき価値のあった試合では無かったように感じました。
過去に逆戻りしたように錯覚しました。
岡田監督は「選手はよくやっていた」 というようなコメントを試合後にしていましたが、こんなときどうするべきなのか明確な考えはあるのでしょうかね?
あくまで初戦且つ親善試合で駄目出しするのは尚早なんでしょうけど、日本は少なくとも今までより上のステージを目指さなくてならないチームであるべきで、その上のステージなど経験していない日本人監督に、それを託すのはリスキーだと改めて感じてしまいました。
根拠はないですが、オシムは指揮を取れるようになるまで回復すると思います。
岡田監督には申し訳ないですが、結果的には早い段階で暫定監督となってしまうことを希望します。


小野 ボーフム移籍
恐らく欧州に戻る最後のチャンスなんでしょう
故障があまりにも多すぎる彼ですが、その点だけは慎重に日本人離れしたその実力を存分に発揮してきて欲しいと思います。
今でも小野がフェイエから浦和に戻ったタイミングは、彼にとって人生を左右する後悔すべき出来事だったと思ってます。
どんな条件であってもボルトンでもドルトムントでも移籍するようにすべきでした。
間違いなく通用するものを持ていて、その実績もある訳ですから俊輔以外は寂し目の欧州でプレーする日本人として(大黒は骨折したみたいですし・・・)ブンデスリーガ放映権争奪となるくらい活躍しちゃって下さい。


バロシュがポーツマスへ
リヨンで居場所を確保できていないバロシュがプレミアに戻ってきます。
ポーツマスに買取特約付の半年レンタルだそうです。
彼って理想的なFWの王道を行くようなタイプでリバプール時代から好きなんですけど、なんだかんだで彼が活躍したのってユーロで得点王になってことだけで、どこのクラブでも正直持っているポテンシャルの割にパッとしない気がします。
ポーツマスで爆発的に活躍されてもリバプール的には複雑ですが・・
[PR]

by beckham306 | 2008-01-26 23:15 | 各国代表