リバプールvsサンダーランド 他

リバプールvsサンダーランド
前半のしょぼい展開には触れずに・・・・
先制点のクラウチのヘッドは、あれを決める為に存在してると言っても過言ではない彼が気持ちよく決めてくれました。
その後も圧巻の巨大人間ダイビングボレー!の惜しいシーンもあり、クラウチは乗ってきたんじゃないですか?
2点目はいかにもトーレスっぽいゴールでした。
またトーレスの1点だけだったりするとまたいつものトーレス様々の勝利ってことになったんでしょうけど、FW二人が獲ったことで幾分いい感じに見えました。
3点目は代表でもキャプテン濃厚なジェラードのPK。

ただこの試合 審判の笛がかなりリバプール贔屓だったことは否めませんね。
降格争いも気になる位置のロイキーンには ごめんなさいって感じでした。

クラウチ、トーレスという組み合わせは機能すれば理想の組み合わせだと思いますので、期待したいとおもいますが、この試合も先発を外れ代表からも外れてしまったカイトですが、しばらく焦らず調整して、出番を待っていて欲しいと思います。
彼の実力、貢献度、献身性は、リバプールを応援する人全てが解ってると思いますので・・・


昨夜のプレミアですが、リバプール戦の前にビック3の試合が行なわれていてチラチラッと観てましたが、アウェイでマンCと対戦したアーセナルは怪我人やら離脱者が多いことを感じさせないくらい強かったですねぇ。
マンCとは実力差が明かにありました。
インタートト杯にエントリーしたらしいマンCがこのまま停滞気味だとリバプール的には少しは楽なんですけどね

そしてマンUとチェルシーは、なんとそれぞれドローだったんです。
マンUはスパーズにレノン→バルバドフの鮮やかなゴールで先制され、今日は負けるんだぁと思った終了間際にテベスのゴールで追いついてしまいましたが・・・

チェルシーはバロシュ! デフォー!とFWを一新したポーツマスと対戦。
アネルカが先制するも、ポーツマスは新加入FW二人が絡む同点ゴールを決めました。


これで再びアーセナルが単独首位。
マンUは勝ち点3、チェルシーは勝ち点6差となっています。
リバプールはエバートンに次ぐ5位に浮上。
磐石のビック3でもこうゆうことがあるから、勝ち続けていればチャンスが巡ってくるかもしれないのに、その追う方が自滅してましたからね リバプールの場合・・・

次節いよいよチェルシーとの対決です。
チェルシーはランパードが復帰するようです。
好調バラックとのバランスはどう取るのでしょうか?

リバプールは定位置4位?を確保する為にも、CL前という意味でも重要な試合です。
そろそろスカッ!とする内容を魅せてくれますかね?
[PR]

by beckham306 | 2008-02-03 20:42 | 欧州各国リーグ戦