オーウェン獲得のタイミングは2度あった 他

オーウェン獲得のタイミングが2度あった!
ベニテスオーウェンを獲得を検討したことが過去2回あったことを明らかにしたという記事が・・

一度目は3年前マドリーがオーウェン放出の意思を示したときで、この時ベニテスオーウェンと会談まで行なったそうですが、理由は定かではありませんが実現はしませんでした。
2度目は昨シーズン終了後 FW獲得候補にオーウェンもリストアップし、この時はジェラードやキャラガーからオーウェン獲得の強い推薦がありながらもベニテス自らの意思でトーレスの獲得を選択したとのことです。

僕はベニテスオーウェン復帰は望んでいないと思っていたので、2度の検討のタイミングがあったということ自体驚いています。
しかしこの話をニューカッスル戦を前にしたこのタイミングで持ち出すのは、自らの判断であるトーレス獲得が大成功となってるからこその自画自賛発言だと思います。
オーウェンを獲る気などなかったことをオープンにせず、オーウェンじゃなくてトーレスの方で良かっただろ!・・・・と云いたかったのかもしれません。

このコメントが今夜オーウェンの闘志に火を点ける事になるのでしょうか?
アンフィールドでオーウェンのゴールでキーガン体制に勝利を齎すことにでもなれば、ベニテスは再びサポからオーウェン獲得の声に悩まされ続けることになってしまうかもしれないですね。
今のニューカッスルに負けるようでは、この先思いやられますが・・・


ベッカム フランス戦で100キャップ達成なるか?
精力的に(暇なだけか)プレミアの試合を観戦しているところが目撃されるカペッロは、3/26のイングランドvsフランス戦でコンディションさえ良ければベッカムを起用するとコメントしたらしいです。

このコンディションさえ良ければというコメントが曲者ですが、実際に渡米して3/14のMLSの試合をチェックするとも云われておりリップサービスだけではないのでしょう。

ベッカムは今のイングランドにはまだ必要な人材だと思ってるんですけど、そうでないとしてもとりあえず100キャップだけは達成させてあげて欲しいですけどね



モウリーニョ ユーべ監督も候補
昨日触れた話題ですがモウリーニョはユーべの監督の可能性(それを言ったら何でもありかもしれませんが)が書かれています。

よく考えたら 何処か煮え切らないラニエリの後任という道筋、ランパード獲得の噂と云い あまりにモウリーニョを迎えるに相応しいシチュエーションが揃っているのも確かです。

この話を現実のものに近づけるにはミランにも言えることですがユーべもCL出場圏内を早く確実なものにしたいですね。
でも好成績でシーズンを終了すればラニエリを斬る理由も無くなりますけど、ユーべは昨年のデシャンの例もありますし平気か・・
[PR]

by beckham306 | 2008-03-08 22:13 | 欧州各国リーグ戦