昨夜のプレミアやセリエA そしてマンチーニ

昨夜のプレミア
リバプールにツキが巡ってきましたかね(笑)
エバートンがフラムに負けてくれました・・・
これで3ポイント差となりましたので、自力4位が可能ということになります。
勝ち続けさえすればいいんです(簡単なことではありませんが・・・)

めっきり勢いの無くなったマンCがスパーズに勝利し、崖っぷちボルトンはウィガンに負けていよいよ降格圏内突入です。

今夜はこちらも崖っぷち対決バーミンガムvsニューカッスルがあります。
ニューカッスルはこの試合で勝てないと 真剣にやばいです。
正直あんなに期待されたキーガンは替えないとダメなのでは?と思います。
結局監督交代後 何一つ良いことなかったですもん・・・


昨夜のセリエA
ローマがミランに勝利し、ローマはインテルを追撃し続けていますが、ミランは勢いに乗れません。
ローマに後ろをぴったり着けられたインテルは、マンチーニショック後の初戦相手はパレルモでしたが、ヴィエラ、ヒメネスのゴールで勝利しています。
ユーべ、フィオも順当に勝利しミランの4位浮上は簡単ではありませんね。

マンチーニはインテルでは、そんなにピリピリした状況ではないと思っていたのですが、首脳陣の中に不仲な方がいらっしゃたり、メディカル?フィジカルスタッフとも良い関係でないないですし、あれだけの選手層だと仕方はないですが、何人かのベテラン選手とは上手く行ってないなど、結構厳しい環境にあることを遅ればせながら見聞きしてると、このままスクデットを獲得しても あまり先は長くはないんだろうなぁと想像します。

今でこそ中年の憧れのような ナイスミドル?なマンチーニですが、そもそもかなり気難しかったり、神経質だったり、意地悪?だったりすることは選手時代から知られていることです。
むしろ今の優雅な?イメージの方が似つかわしくないのかもしれません。
今のクラブ内の状況を上手く立ち回れるような人ではないんだと思います。
それはそれでマンチーニらしさなんだと思います。
[PR]

by beckham306 | 2008-03-17 23:09 | 欧州各国リーグ戦