チェルシーが優勝に望みを繋いだことで・・・

昨夜のプレミア エバートンvsチェルシー戦ですが、0-1でチェルシーが勝ち、1試合消化は多い状態で2P差とマンUに微かにプレッシャーを掛け続ける状態を維持しました。
エバートンが負けたことでリバプールの4位キープは少し楽になりました。
これで明日のマンUvsブラックバーン戦でドローに終わるなんてことがあると直接対決が本当に最終決戦となりおもしろくなるんですけどね・・・
それとチェルシーがCL集中とならない状況はリバプール的にもラッキーですし、なんだかシーズン終盤に風がリバプールに吹いてきた感じがします。
そんな矢先にこのクラブのオーナーさん達は・・・


ヒックス「パリーは去るべきだ」
パリーの辞任を要求をしていたヒックスがなんと『スカイ・スポーツ』の独占インタビューで、再びパリーを批判したようです。

「リックがリーダーを務めている現在の状況を見れば、それは1つの災害のように思える。いろんなクラブから後れを取った。新スタジアムの計画は、3、4年前にスタートさせるべきものだっただろう」

「我々には2、3のスポンサーがついているが、本来であれば12から15は欲しいところだ。マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナがアジアでしているようなことを我々はまったくしていない。アジアには多くのファンがいるにも関わらずだ」

「そう、クラブは世界最高のブランド力を持っているということだ。ただ、我々はそれをビジネスと結びつける方法を知らない。だから、リックはリバプールから去るべきだ」


孤立した感のあるヒックスは、パリーに対するネガティブキャンペーンを継続しています。
上記内容はある意味事実だとも思いますけど、じゃぁあなたがしてることは本当にクラブの為になってるの?とも思います・・・


ジレット「ヒックスは混乱を招いている」
これに対してもう一人のオーナー ジレットは、

「トム・ヒックスが語ったことについて残念に思っている。トムが本当にクラブを改善したいというのであれば、スカイ・スポーツに話を持っていくのではなく、我々フロントに意見すべきだろう」

「もうCL準決勝まで時間がないというのに、トムはコメントを世間に向かって言葉を発し、混乱を招いている。トムは立ち止まるべきだ」

今シーズン既に何のタイトルも可能性を無くしてしまったクラブであれば、このような批判的な意見の応酬も理解できますが、CLの準決勝を直前に控えたクラブのオーナーのコメントは思えません。


今は目先のCLに集中してこんな首脳陣のコメントや振る舞いは無視して欲しいと思います。
チェルシーはプレミアをまだ意識せざるえを得ない状況はリバプールにとって有利なはずなのに、とてもそんな風には思えません。
ベニテスと選手達は もしCL優勝したときは、首脳陣は総辞職することでも条件にしたらどうでしょうね?

リバプールは週末のプレミアの対戦相手はフラムです。
メンバーを落として臨むと予想しますが、いい流れを継続して(当然勝利)CLに備えて欲しいものです。
[PR]

by beckham306 | 2008-04-18 23:15 | 欧州各国リーグ戦