まったくヒディングって人は・・・・

オランダvsロシア
こんなことになるんじゃないかと想像できない訳でもなかった結果ですが、まさか現実のものとなるとは…
クロアチアとロシアが決勝Tに勝ち残り、ロシアはこんな大活躍してるんですからこの2カ国に負けて出場できなかったイングランドも慰められる結果となっています(笑)

アルシャフィン、パブリチェンコらのロッペン、ファンペルシのお株を奪う運動力とテクニックは今更驚くことでもないにしろ、持ってるものが行かんなく発揮されてました。
前半に撃ちまくっていたミドル?ロングシュートは惚れ惚れしましたね
ロシア代表はニュルンベルグに所属するサエンコ以外は、実質ディナモ、CSKA、ロコモティフ、スパルタクのモスクワの4クラブとゼニトのメンバーで構成されていてほぼ全員ロシア国内でプレーしており 96年ユーロ準優勝のチェコと状況が似てるような気がしないでも・・
このオフは買い漁られること間違い無しでしょうね
アルシャフィンにはベンゲルが目を付けていると前々から噂はありましたが、今ではニューカッスル、マンC、エバートン、アーセナル・・が獲得の意志があると噂されてます。
そのアルシャフィンが所属するゼニトの監督は元オランダ代表のアドフォカートというのもなんという因果でしょう・・

しかし今日のファンバステンはまるでドメネクに見えましたよ
カイトの代わりのファンペルシは意味無しでしたし、無理を承知で先発させたブラルースを下げた直後の失点といい、ロッペンは使わずじまいなのも不可解でしたしね
何もかも裏目でした。まぁ負けるときってこんなもんなんでしょうけどね

しかしオランダは身内にこんなに結果が読める指揮官がいる訳ですからヒディングを再登板させることが勝利への早道ではないのかと思ってしますのですが?
それにしても真っ赤?(オレンジ)に染まったスタンドは、今日のこの試合ではオランダが負けるとは思いもしていなったんだと思います。
何もかもが終わったかの がっかりぶりは気の毒を通り越してました・・


ここまでの結果で統計的に云えることは、
・グループリーグ1位でグループリーグ3戦目のメンバーを落としたチームは勝てない。
・グループリーグ最後の最後まで死に物狂いで戦い同じくメンバーで中2日で試合をしてるチームが勝利している。
これが勝利の方程式だとすればおのずと今夜のスペインVSイタリアの結果は…
[PR]

by beckham306 | 2008-06-22 19:51 | 各国代表