クラウチがベニテスを批判

クラウチがベニテス批判
ポーツマス復帰が決まったクラウチが、移籍を決断した理由としてベニテスの起用方法が「許容できるレベルを超えていた」為とコメントしたと報じられてます。

「確かにチームのためにプレーすること自体は受け入れていたし、監督がローテーションで選手を使うことも分かっていたよ。でも、誰にだって譲れないラインというものがある。シーズンの終盤は本当に厳しい状況だった。正直、イライラが募っていた。だって、いくら調子が良くて、ゴールを決めていても、次の試合には出場出来ないんだから。もちろん、リバプールではポジション争いが熾烈だ。それでも毎試合出場して、チャンピオンズ・リーグでも先発で使ってもらいたかったけど、無理だった。それが移籍を決めた理由のひとつさ」(ライブドアスポーツ/欧州通信)

このコメントが事実とするならば、本人のみならず多数の人が感じていたことそのものだと思います。
こういうことになって仕方のないケースだと思わざるを得ません。
この発言をしたからと言ってリバプールサポは彼を責めることはないと思います。


アーセナルがバリー獲得に横槍!
バリー本人もリバプール行きを望んでいるとされ、あとはヴィラとの金銭的な条件の折り合いだけになってるとされていたリバプールのバリー獲得のお話ですが、ここにきてアーセナルが獲得に参戦するという記事を見つけました。

アーセナルはフラミニがミランへ、フレブがバルサ移籍濃厚、ジウべウト・シウバがパナシナイコスへ移籍間近とされ主力放出のお話ばかりで大丈夫?かと心配になる反面、移籍金はそれなりに手に出来る為、バリー獲得にリバプール以上の札束は簡単に積めるらしいです。
リバプールの今期最大の補強の目玉とされるバリーが横取りされたら、情けない話ですねぇ
でも、なんだかんだと時間が掛かりすぎだと思いますよ
決まる時ってスパッと決まるものだと思いますので・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-07-13 20:41 | 欧州各国リーグ戦