「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:自転車( 2 )

僕の自転車 Part2 (TREK6500)

c0045502_2233135.jpg

4,5年前に購入したTREK6500というMade in USAのMTBです。
最近月に1回程度しか乗ってません。
USA、ヨーロッパの老舗ブランドの自転車も10万円くらい迄の価格帯迄の殆どは、
台湾製だと思います。
TREKはUSAの老舗ブランドでですがこのクラスは その後 台湾生産になってしまいました。(またUSAに戻ったという話も聞いたことがありますが・・)
パーツを黒と赤で統一してます。特にホイールはシマノのスポークの数が少ないものに変えたら雰囲気が一変してしまいました。タイヤもPanaRacerの細いサイズの赤にして街乗り仕様にしてます。当時メッセンジャー仕様だなんて言われました。
ちなみにかなり軽いです。自転車は人力がエンジンなので、車重が軽くなると前へ進み方が全然違います。 軽くて丈夫なパーツで組む程価格は高くなりその差は乗ればはっきり解ります。
この自転車で千葉から都内迄通勤に使ったことがありますが、帰りはつらかったです。
自転車のせいじゃなくて、人間がボロだっただけですが・・・
営業活動に都内の移動はMTBでやったこともありましたが、持ち物や天気なんかがかなり制約があり(スーツですから)、汗が気になったり結局数回やって止めました。
継続してないのにこんなこと言うのもなんですが地下鉄でうろうろするより、よっぽどいいです。
[PR]

by beckham306 | 2005-03-01 22:52 | 自転車

僕の自転車 Part1(プジョーPacific18)

c0045502_21572621.jpg

突然ですが僕の所有している自転車を2回に分けて紹介したいと思います。

数年前 かなり自転車(MTB)に凝ったことがありまして(今も好きですが)
MTBだけでなく車の中に積んで遊びに行ける自転車も欲しかったのですが、
プジョーブランドでの自転車が2004年モデル限りと聞いて、昨年家族の非難轟轟を押し切って購入しました。自転車そのものはドイツのBD1です。自動車メーカーブランドの自転車最近特によく出回ってますが、そのどれもがはっきり言って 積極的に買う気にも、薦める気にもならないレベルの品ですが、プジョーの自転車がこれほど人気があったのはサイクルヨーロッパという良心的な自転車輸入元がすばらしい製品にプジョーブランドを付けて世に送り出していたからだと思います。契約の関係でプジョーブランドはもう使えないのでしょうが、この先もしプジョーブランドが出たとしても、サイクルヨーロッパさんが輸入するのでなければ、他の自動車ブランドと同様見るの耐えない自転車がプジョーのステッカーだけ貼って出てくることになると思います。
最終モデルということで一生モノと思って買いましたが、まだ売ってますよね・・
置き場所にも困らないし一応フルサス!ということで小径なので遠出には向きませんが、
お買い物や車で遊びに行って現地での足にと重宝してます。買ってよかったぁ

今から買うならプジョーブランドにこだわりが無ければ本家BD1 それからビアンキのブランドでも販売されてます。
プジョーブランドが欲しければ在庫限りなんだと思いますが、いつまでも売ってるので騙された気がしない訳でもない今日この頃です。
誰か本当のこと知ってる方いたら教えて下さい。
[PR]

by beckham306 | 2005-02-27 21:59 | 自転車