<   2006年 06月 ( 52 )   > この月の画像一覧

上川徹主審 WC残り試合の主審候補に残る

WC残り試合の主審候補12名が発表されました。
ここまで無難にこなしてきた日本の上川徹氏も残っており、広嶋副審と共にイタリアvsウクライナ戦の第4,5審判に指名されています。

落選した14名の中には、クロアチアvsオーストラリアでシムニッチにイエローを3枚出したイングランドのグレアム・ポール氏、ポルトガルvsオランダでのジャッジにプラッター会長からイエローカードを貰ったロシアのイワノフ氏、日本vsオーストラリアで誤審2連発のエジプト人アブド・エルファタ氏が含まれます。

落選したイワノフ氏は準々決勝を前に
「ポルトガルの汚いトリックを予期しておいた方がいい。彼らは時間かせぎや、後方からのタックルを平気でやってくる」
と捨て台詞?を残して去って行ったそうです。

審判て減点評価ですからね ちゃんと裁いて当たり前 少しでも落ち度があれば批判に晒されるつらいお仕事ですよね。
厳格な?ジャッジで有名な上川氏減点0ってことだと思いますけど、ここまではまずまずの評価みたいですね。

この先準決勝、決勝、3決で第一審判なんてことは有り得るのでしょうか?
もしそんなことになったら日本人にとって異様に緊張する試合観戦になってしまうような気がする。笛を吹くたびに ややっちまったかぁぁぁぁ  みたいな・・
WC予選プレイオフ バーレーンvsウズベキ戦の吉田氏に次ぐ、大惨事を引き起こさないことを祈ります・・


さて、観る側にとってもありがたかったこの2日間の休養。
WC中心の生活で気が付けば会社内でのポジションも危ういものになっている気がします。
「それでも人生は続く」byオシム
の心境です。

今週のベスト16と比較すると準々決勝は最高の日程です。 二日共翌日休日ですからね。
明日はこれに勝ったほうが優勝じゃないかと思うようなドイツvsアルゼンチン。
ペソットの自殺騒ぎで不安定なイタリアと、実は今大会最もラッキーと思われるウクライナの対戦です。
逆境大好きなイタリアが踏ん張ると思いますけどね。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-29 21:33 | 各国代表

フランスvsスペイン

ベスト16の試合は当たり外れがあるように感じますけど、この試合はポルトガル戦に次ぐ当たりでした。
しかしこの試合でジダン最後の戦い!って最初っから決め付けるなよって感じ。

これまでのグループリーグの戦いぶりからして、スペイン有利の感がしましたけど、そんなことはなかったですね。
スペインはグループリーグがあまりにも歯ごたえのないチームとの試合ばかりだったことが響きましたかね。
やりたい放題の攻撃的サッカーが鳴りを潜めて緊迫感のあるミスをしたほうが負けッて感じの試合でした。

スペインは何が駄目だったんでしょうか?
ラウール、シャビアロ、セスクが仕事させて貰えなかったってことなのか、特にセスクは髪型が地味になってることもありますけど この試合あまり記憶にありません。

結局ラウールルイガルに替えられちゃう訳ですけど、そのルイガルもフラストレーションの溜まる内容でした。
PK決めたビジャも他は何もできなかったですね
替わって入ったホアキンに期待しましたが 彼らしい切込みは一度だけでした。
プジョルアンリを倒してファウルを獲られたのはあれは審判によっては逆の判定もありかなと思いましたけど、あのFKが明暗を分けてしまいました。
セナはなぜ先発じゃなかったのでしょう?
あのポジション これまでの活躍ぶりからファーストチョイスは彼以外考えられないと思うのですが・・


フランスは枯れかけてもフランスでした。
グループリーグで過去の栄光にドロの上塗りをするような試合を潜り抜けてきた百戦錬磨の面子が多少也とも噛み合ってくると あれくらいは監督無しでもできるんでしょうね。
この面子はなんだかんだ言っても経験、実績は半端じゃないですからね

実はこの試合どちらか一方のファンであるとは思ってなかったのですが、見ているうちに実は自分はフランスを応援していることに気づいてきまして、それはそれでショックでした(意味解らん)

フランスはマケレレ、ヴィエラのそりゃ反則だろっていう二人を中盤の底に揃えてます。
このポジションにこの組み合わせは未だ世界最強なんじゃないかと思いますね。
ヴィエラは2得点に絡む決定的な仕事をしてますし、マケレレは潰し役に徹して効いてます。
DFはテュラム、ギャラスがどっしり構えて、スペインのDFに対して格の違い醸し出してます。
サイドのアビダルはすばらしかったですけど、老体に鞭打ってる感ありありのサニョ-ルは狙われちゃってましたね。あちらサイドのサニョール、ジダンのところが危なっかしい感じでした。
これまで可能性は感じさせるものの全然フィットしたなかった悪人顔のリベリーは貴重な初得点を決めましたが、アンリとのコンビネーションは全然とれてないですけど。
彼はWC召集メンバーに直前に選ばれてますから仕方ないと言えば仕方ないんですけどね。
それはダメネクのせいですから。

ジダンはかつての華麗なプレーは見る影もありませんけど、最後に引退試合かのような場面が用意されていて そんなに簡単ではなかったと思いますけどジダンらしく軽々決めたように見せるところが見れたこと それだけで十分じゃないですか!


やっぱり楽して勝ちあがったら駄目なんですかね 苦しんで苦しんで少しづつ調子を上げて、それに経験も噛み合って高い次元で差がついてくるんでしょうか。
スペインはここまで期待感からするとあまりにもあっけなかったような気もします。

ブラジルvsガーナは見てないのですが大量得点で勝ち、次はブラジルvsフランスの98WC決勝の再現みたいです。
ロナウドは雪辱に燃えるでしょうし、そろそろアンリが目を覚ますかもしれないですし・・・
[PR]

by beckham306 | 2006-06-28 09:55 | 各国代表

イタリアの勝ちなの?

ジーコ曰く 「敗因は体格の差・・・」って

ちびっ子軍団の監督をあなたのような立派な方にして頂いて純粋に感謝してますよ。
あなたの輝かしいキャリアに傷をつけることになり申し訳なく思いますよ。
でももう 何も言わずに早くお帰りになったほうがいいと思うよ
これ以上余計なこと言ったら温和なこの国の人も怒るでェ


ついにトッティを外してきましたかリッピ

キューウェルは松葉杖ついて入場だよ
そんなに怪我酷かったのか
今日のGKはシュウォーツァーです やはりクロアチア戦カラッチ起用はヒディングの確信犯。
ブレッシャーノ、グレッラのパルマ組は先発
マテラッツィってブッフォンより全然デカイんだ 
国家斉唱はオージーの方が盛り上がってますね

現地からの映像が途切れた為 キックオフ観れない
あれはイライラしたぞ

トニはいきなり決めそうになるが、オージーも落ち着いてボールを回しちゃって なんかあまり熱くならない試合。
ブレッシャーノは今大会 調子落としてますね 彼はもっとできる人だ
ヴィドゥカにカンナバーロは吹っ飛ばされてるよ
あの手の重量級FWってイタリアにはいないもんな 
イタリアは芸が無いというか正攻法すぎる気がする、オージーはそれしかないんだけど。
この試合も局面を変えるにはインザーギみたいな ちゃっかり者が必要な気がした。
前半終了前に瞼が閉じてしまいました・・

後半気が付いた時トッティが出てる!
マテラッツィいつ退場になったの?期待を裏切らないというか・・
これは間違いなく悪夢の延長戦突入 と思ったらPK!!
あれはPKですか?
何もあの時間、あのタイミングで取るPKか?

イタリアは4年前の帳尻を合わせてもらったのでしょうか?
あまりにもあっけない幕切れ これは諦めきれないでしょオージーは
イタリアらしい勝ち上がり方になってきましたが、これでもし準決勝迄上がって
イタリアvsイングランドとかになったら これまでの内容からしてすごいつまんなそう・・

オーストラリアはよく頑張りましたね
これ以上勝ち残られても大会的にはどうなの?ってとこでしょうから
嫌われないという意味でも今後の為に空気読めてたかも

もう1試合ウクライナvsスイスは観てません
スイスが1-0とかで勝つだろうと確信してました
めざましテレビでPKでウクライナの勝ちと聞いてがっくり
ウクライナかよ!
それにしてもウクライナって組み合わせに恵まれてますよね
次 イタリアvsウクライナか
シェバガッちゃんに削られるのね
どうぞやって頂戴 
「チェルシーに行きたかったのをカミさんのせいにするんじゃねぇぇ」って
[PR]

by beckham306 | 2006-06-27 09:25 | 各国代表

オランダvsポルトガルとパッとしないもう1試合

オランダの白ユニ なんか格好悪いぞ
今日のオランダは予告通りファンバステンにも斬られたニステルに替わって小野伸二の舎弟カイトだ 
今ではずいぶん立場も替わってしまったが・・・
ニステルはいつものように不貞腐れて家に帰ったりはしなかったみたいだけど 心中穏やかじゃないでしょう。

しかしこの試合 ファウル=イエローってルールみたいな試合でしたね。
酷い審判でした・・・
最初のファンボメルのイエローは別にどってこと無いと思うけどなぁ。
その後のブラルースCロナの太腿跳び蹴りは酷かったけど、2枚目はイエロー出す程じゃないだろ。
そのCロナ痛いの我慢できすに涙の交代です、子供みたいにみんなからヨシヨシってされてる。

チェルシーにレンタルで来た時はただでさえポチャポチャした顔に真っ白で白玉団子みたいだったけど今は陽に焼けて小顔効果がでてるマニシェは今大会絶好調ですね。
しっかり1点決めました。
彼はモウリーニョにやっぱりいーらないって言われてモスクワに復帰せざるを得ないんですけど、この調子じゃ高い違約金払っても買い取ってくれるビッククラブからのオファあるかもしれませんね。
というよりそれが彼のモチベーションかもしれない
もう寒いロシアは嫌だぁぁぁぁって

フィーゴは地味目に効いてましたね 
「オレがバルサにいたときにゃ お前なんか比べ物になんない程凄かったんだぞぉぉ」
ってファン・ボメルに頭突きを決めてました。 
デコの退場は余計だった気がします

今日のポルトガルの大当たりはミゲルでしょう
ロッペン封じが大成功
フェリポンて凄いんだなぁ 元ジュビロの監督なんですけどね・・・


オランダはファン・ペルシーがキレキレですね 僕が見たアーセナルの試合でこんな良い彼見たこと無いような気がします。
ファンボメルはミドル撃ちまくりですが、ことごとく入りません。
途中出場のファンデルファールトは どさくさで押し倒してるとこしか印象にありません。
試合終了前にデコ、ファン・ブロンクホルスト、ファンボメルのバルサ仲間が仲良く一緒に座ってるのはどうなんですかねぇ 審判の愚痴で盛り上がってたんでしょうか。
 
結局マニシェの1点が決勝点となり オランダはここで敗退!
オランダは監督含め若すぎましたかね したたかさというか局面を変える策、人がいなかった気がします。コクーが落ち着きをもたらす役目かと思ったら彼も熱くなっちゃってましたもんね。
結局グループリーグから一度も爆発することなく去ってゆくオランダ。 サポーターにはストレスの溜まる大会になってしまったような気がします。
ファンバステンは解任でしょう。
カイトよ リバプールが待ってるぜぇ(多分ニューキャッスルだろうな・・)
ニステルは高く売れそうにないですね

そしてポルトガルは勝ちあがったのは良いですが、その代償はあまりにも大きいです。
次はデコ無しですからね。
Cロナも怪我の具合が解りませんし。


えーともう1試合
イングランドvsエクアドルですけど、今大会もっとも低調な試合だったのではないでしょうか。
調子の良さそうじゃないベッカムのFKの1点のみ。
イングランドもオランダと同じで いまだに爆発してないです。
イングランドサポはストレス溜まりまくってると思いますよ。
この状態で勝ち続けたらドイツ各地で暴れまくりながらサポが移動するという最悪の事態に!

この試合 個人的に盛り上がれたのは終盤 GKロビンソンが自爆したときです。
ままさかデビット・ジェームズが出てくるのかぁ!
とドラマが起きそうな展開を期待しましたが、そのまま何事もなくロビンソンが守ってました・・・
エクアドル最大のチャンスはテリーがクリアし損ねたやつですが、あれはアシュリー・コール様様でしたね。
この二人来期は同じ青いユニのチームかもしれませんが・・

ベスト8はイングランドvsポルトガル 一見好カードです。 
でももしかしたら デコのいないポルトガルと 実はあまり冴えないベッカムだけが取柄のイングランドの すごいつまんない試合になるかも・・と覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-26 17:03 | 各国代表

ドイツvsスウェーデン

WC観戦&ブログ更新 最優先の日々の皺寄せが来ちゃってることに気づき始めました。
まぁいろなことを後回しにしちゃってる訳で、少しでも取り戻そうと余計なことをした私が馬鹿でした。
最優先事項に支障が出てしまいました
昨夜のアルゼンチンvsメキシコを見逃してしまいましたぁ・・・・
ダイジェストでは解らない 凄かったであろうこの試合を・・・・

えーと いよいよ決勝T ですね。
ここからが所謂ワールドカップでGLは予選、地区予選はCLでいう予備予選かと。
如いて言えばベスト16は最後の篩いに掛ける場ではないでしょうか?
組み合わせやラッキーで勝ち残った国を落とす・・・
そしてベスト8からは どの国が勝ってもおかしくない どの国にも優勝のチャンスとそれを認められるハードルを超えてきた国だと解釈してます。


スウェーデンvsドイツですが、
ズラタンが復活しちゃったりしてドイツの方々に嫌な思いをさせるのも気が引けるなぁなんて考えてたら開始早々立て続けにドイツの今大会最強と言っても過言ではない2トップが
2得点しちゃって なんだこりゃぁぁ と一瞬にして目が覚めました。

ルチッチ何してんだよ あっという間に退場 
僕の尊敬するメルベリは効いてるのか効いてないのか よく解らない。でも残念だけど多分効いてない。
ズラタンは多少片鱗は見せたんでしょうか。でも彼は長いトンネルから未だ抜け出せません。
このままでは もしユーべがB落ちしても あまり高く売れないのでは?
ラーションは前半の決定機とPKで反撃の微かなチャンスも潰してしまいました。
1点返せてれば違ったんでしょうけどね。
リュングベリはイライラが募るばかりで そのうち退場になりそうって感じ。

でも総じてドイツペースで攻められっ放しで 完全に引き立て役になってました。
堅守のスウェーデンなんて嘘だぁ


スウェーデンは今の主力メンバーは前回のWCと殆ど同じです。
あのとき神戸で見たスウェーデン 今日のスウェーデンとあんまり変わらないもん。
ユーロ予選から世代交代を図るのか よく解りませんがチェコ同様円熟味と言えば聞こえは良いですけど、限界が見えてたのも事実なんでしょうね。
頼みの飛び道具 ズラタンもあの出来では 局面を変えることはできませんでしたし。

何か一区切りついてしまった気分です。
スウェーデンの若者達よ 国内やデンマーク辺りで燻ってないで、もっと遠くの国に出て行って一回り大きくなってまた代表を強くしようよ。


ドイツは次の試合 よりによってアルゼンチンとの対戦です。
ここで勝ったほうは、イタリアも破って決勝に進めるのではないかと予想しますが、そんな単純なものではないんでしょうけど。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-25 22:45 | 各国代表

言い足りないぞ オシムの件、トルコへの制裁軽減とか

オシム騒動 言い足りないこと

昨夜の川ブチ失言騒動ですが、ベッケンバウアーが評価してたとか、
「オシムの言葉」を読んで感銘を受けたとか・・・ 本当失礼極まりないコメントでしたね。
なんだよ あんたオシムのこと知らないんじゃん!

だいたい会って話したこともないのに、この交渉に際してのオシムの態度、ニュアンスも感じ取れてない人が あの失言はオシムじゃなくても 信用しなくなるのが普通ですよね。

川ブチは天然・・とかそうゆうレベルの話じゃなくて、もうあーゆう立場にいさせるだけでも、日本としてもの凄いリスクを抱えてると思いましたね。

自分の会社が本当は何をして儲けているか解らない社長って世の中に結構いると思うけど、彼もその類で今すぐ居なくなっても 何も問題無いと思う。

これでオシムがヘソ曲げたら どうするつもりだろ 田嶋氏が渡欧して最終交渉に入るらしいがすんごいプレッシャーになると思う。
今でもクロアチア辺りではオシムを代表チームに関わらせたい意向はあるらしいし、旧ユーゴの国で指揮を取ることはないんだろうけど、日本の代表監督なんて受けなきゃいけない義理なんて何もないですからね。頑なに拒まれる可能性もあるのではと心配します。

ストイコビッチも入閣なんて報道もありますけど、一押しで鈴木を召集するのなら止めてくれ。
むしろ将来的にストイコ→ベンゲルルートの道筋を付ける役目になってくれるのなら良いんだけど・・


FIFA トルコへの制裁軽減
国際サッカー連盟(FIFA)は24日、トルコサッカー協会、トルコ代表エムレ、スイス代表フッゲルに下した制裁の軽減を発表した。

 FIFAは昨年11月に行われたワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフのトルコ対スイス戦後に起きた乱闘騒動のため、トルコサッカー協会に対してホームで開催する公式戦6試合を、トルコ国境から500キロ以上離れている欧州サッカー連盟(UEFA)圏内にある第3国において無観客試合で開催すること、また、エムレとフッゲルには6試合の出場停止、という制裁を今年2月に下していた。また、トルコはこの重い制裁に対して、国際スポーツ裁判所に再考を求めて起訴していた。

 今回の発表によって、トルコサッカー協会に対しての制裁は6試合から3試合に、エムレとフッゲルの出場停止は6試合から4試合へ軽減された。だが、トルコサッカー協会には、もしも制裁が解かれるまでに行われる試合(公式戦、親善試合問わず)で騒動を起こした場合は、当初下された6試合の制裁に戻されることも通達された。
2006年6月25日(日) 7時30分 スポーツナビ
----------------------------------------------------

スイスが決勝Tに勝ちあがってプラッター会長が気を良くしたのでしょうか 恩赦が出てしまいました・・・
フッゲルは4試合停止ということは、WCに召集されてれば決勝T初戦ウクライナ戦に勝利すればベスト8では出場が可能だったということになります。
この決定は余計に悔しいかも。

エムレは軽減する必要ないと思うけどなぁ
テリムも大喜びみたいですけど、あんたこそ6試合ベンチ入り禁止になるべきだと思う。

この忌まわしい事件はこれで決着したと思われます。
スイス代表はセンデロスが韓国戦で靭帯、肩の脱臼等の怪我を負い決勝T全て出場不可とのことです。
彼の存在は大きいですからね 本当に残念です。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-25 21:38 | 各国代表

代表監督はオシム!中田はヘルタ?

日本代表監督オシム氏就任確実に

サッカー日本代表の次期監督に、現J1千葉監督のイビチャ・オシム氏(65)が就任することが24日、確実になった。
日本サッカー協会の川淵三郎会長が同日、明らかにした。

この日午後、サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会から帰国した川淵会長は千葉県成田市内のホテルで記者会見し、「W杯の前から交渉している。弱かった千葉をあれだけ魅力あるチームにした監督の力を評価した」と話した。同席した実際に交渉にあたっている田嶋幸三同協会技術委員長は、他候補の存在については「全くない」と語った。
(2006年6月24日17時9分 読売新聞)
------------------------------------------

うーん ここまで具体的な話があったということは確実と見て良いのではないでしょうか。
個人的にもオシム就任に異論はありません。
召集メンバーも一部で言われているジーコのように元所属先(鹿島)を優先したようにジェフ贔屓で選考するのでは?という懸念は 彼の生き様から在り得ないことで、公正を期した選考、召集になることに疑いの余地は無いと考えます。
誰を入れようとも、外そうとも文句は言いません!!(盲目の信頼?)
この報道が事実となることを祈りたいと思います。


ヘルタ・ベルリン 中田ヒデ獲得に名乗りを上げる?

今朝のサンケイポーツ一面です。
間もなくフィオとボルトンで移籍交渉がされる中田ヒデの今後ですが、ここにきてヘルタ・ベルリンが獲得を検討と報じられてます。
ボルトンとの交渉が不調に終わったらということが前提になりますが、ザルツブルグに移籍が決定しているクロアチア代表ニコ・コバチの後釜候補とのことですが・・
信憑性は??ですね リストアップくらいしてるのかもしれませんけど。
ヒデの件はボルトンはフィオと条件面で合意できないと予想してます。
その代わり噂されたチャールトンとかプレミアのクラブに移れればいいのにと思ってますけど。
そういえばボルトンのアラダイスは次期オーストラリア代表監督候補らしいです。

ヘルタといえば奥寺さんも所属していたこともあるアジアの選手に寛容なクラブだと思います。アリ・ダエイも所属してましたね。
あと日本絡みではイルハンも・・・


柳沢 鹿島に完全移籍・・

ひっそりと報じられてますが、メッシーナから半年レンタルで鹿島に復帰していた 今日無事に入国できるかどうか不安視されている柳沢が、鹿島に完全移籍!が決まったそうです。

メッシーナはヤナギを返すとしても引き換えに小笠原の獲得を有利な条件で進めるカードとして
考えていたと思いますけど、メッシーナ自体がB落ちしてしまいましたし、ヤナギは戦力として保有する意味もなく 少しでも値がつく売り先は鹿島しか無かったということでしょう。
しかしヤナギの完全移籍っていったいなんだったんでしょうか?
そもそもヤナギは理解してるんですかね?

これでヤナギは鹿島で余生を過ごすことになると思いますが、ここまで面倒を見てくれた鹿島への恩返しはゴール量産することだと思います。 

ところでオシムヤナギを召集することはあるのでしょうかね?
[PR]

by beckham306 | 2006-06-24 19:28

フランス、スイス、スペイン、ウクライナ・・

スペインvsサウジ 
入場するときサウジのキャプテンが手を繋ぐ子供を担いでたけど、どう見ても人さらい に見えたんだけど。子供の目も怯えてたような・・ 

ボーナスポイント試合のはずが、Fトーレスは出してもらえない。
完全な2軍で望んできたスペインですけど、それでもこの面子は豪華だ・・
カニサレスは前回WCは正GKのはずが 直前に香水の瓶を割って足を切ってしまってチャンスを逃して以来 やっとプレーできる機会が巡ってきたんですねぇ。良かった良かった・・

ホアキンをサウジには止めるの無理だろって!感じでキレキレ
でも前半攻め続けるけど1点しか入らず、ストレスの溜まる内容。
見ててつまらなくて 寝ちゃうことに・・・

その後結果を見ると 後半ビジャ、トーレス出さざるを得なかったんですね
変な試合してそれまでどうやってたのか忘れちゃったりしないのかなぁと 余計な心配か。

ウクライナvsチュニジアもチラチラ見る限り つまんなかったのです。
PKで1-0でウクライナ勝利で勝ち抜けみたいですね。
ウクライナは勝ち抜けに値するチームですか?
このグループ スペイン以外はその価値はなかったと思う。

フランスvsトーゴ
4時からフランスvsトーゴ、スイスvs韓国を観戦。
今日はダメネクが否定したアンリ、トレセゲの組み合わせを投入。
フランスは 相変わらず再三チャンスを作りながら決められない展開。
逆にアデバヨルに決められてもおかしくないくらい。
0-0-で前半終了したときは、これは今日も駄目だぁ・・って思いましたね。

後半ヴィエラが決めてくれた瞬間 試合は終わりました。
トーゴはただでさえモチベーション無いのに一気に気が抜けましたもん。
その後今更アンリが決めて2-0で勝利。
ジダンが見納めじゃないことが解ってほっとしました。
このチーム もうそれだけが見所でしかないです。

ダメネクは ここで終わってジダンを見れないことになってたら、凄まじい批判にさらされたでしょうね。
とりあえず大きなイベントが残って大会的にも良かったです。

スイスvs韓国
もう1試合は日本はお手本にして欲しいと思うスイスがセンデロスのヘッドで先制。
しかし韓国はそんなくらいじゃ へこたれません。
その後センデロスが接触して靭帯と肩の脱臼で交代退場。
腹いせみたいな荒っぽいことするなよなぁ お隣さん

2点目のフライのゴールはオフサイド捕られても不思議じゃなかったけど、
まぁ4年前の出来事を考えれば、欧州の人々の心情的には あんた達のやったことに較べれば それくらい仕方ねーじゃんってとこでしょうね。
この後もへこたれないのは 見習うところ多々ありますが、自分達だけが虐げられてるかのような審判への抗議、ファウル連発の荒れた展開は この国が尊敬されない部分だと思う。
招かれざる客であることを少しは自覚するくらい(前大会の経緯と欧州開催でフランス、スイスが残ることを望んでいる人が多いであろうという意味)の視点はいい加減必要だと思うんだけど。
終盤の試合運びもスイスは若者ばかりなのに落ち着いてました。
予選プレイオフ トルコ戦の修羅場を潜って経験に較べれば大したプレッシャーではないのでしょうか。このあたり特に日本は見習いたいです。
結局無失点に抑えて2点目の影響無しで文句言っても意味が無いという結果にしました。
試合終了後、パクチソンとフォーゲルの元PSVの二人が称えあってるのは印象的でしたね。

アジアで唯一GLで対等の戦いができた韓国でさえも、勝ち残れませんでした。
アジア全滅です・・
でもイラン、日本、サウジはある意味アジア的な試合、負け方をしてしまい、簡単に埋められると思えない実力、経験差が露呈しましたけど、韓国だけはどこの国からも甘く見られることのない戦いぶりを示せたと思います。

タラレバですけど 日本と韓国はグループリーグが逆になっていれば よりおもしろいことになってた気がします。
F組に韓国がいたら もっと拮抗したでしょうし、組が替わっても日本は勝ちあがれるチームではなかったと思いますけどvsスイスっては見たかったです。
今後 日本vsスイスは一度親善試合をさせてもらいたいなぁと希望します。

これでスペインvsフランス ジダンの引退試合としてこれ以上ない組み合わせ。
神様ありがとうって感じです。
ただ昨夜の試合で調子崩さなければスペインが勝つのが順当でしょう。
ウクライナvsスイスはべスト16 最も地味な組み合わせに。
ウクライナはGL突破で十分満足すべきでしょ。
どちらが勝ちあがっても次は多分イタリア。
なんとなくイタリアは準決勝まで行けちゃいそうですね。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-24 12:05 | 各国代表

日本代表のこれからについて

ヒデの涙、立ち上がれない姿は 言葉にならないですね・・
その後の気が利かないインタビューの質問は最低でしたけど・・

最後まで彼がどうしたかったのかは結局 表面に出て来なかったけど、本当はどうしたかったんだろ?
このチームに最後まで期待してたのだろうか?
自分自身、チームが力を出し切れないことを悔やんでいるのだろうか?
何もできなかった自分を責めているのか?
 
ブラジルに1-4で惨敗 
GL3試合(実質2試合)で7失点

まずブラジル戦は結果大差で負けたことは、変に僅差だったりすると玉田のゴールにもう1点あれば勝てたのに!とか 現実をも見据えない論調になることが懸念されるので、ボコボコにされてそれはそれで良かったんだと思います。
(試合後 玉田は心無し満足そうでしたね 思い出作り完了って感じ)
点差どおりの実力差は確実にあるんだし・・
ブラジルは1.5軍とか言うけど、試合に飢えてた選手が出てきた訳でいいトコ魅せようと手を抜かない分 1軍より手ごわかったともいえる訳で十分強いですよ。
ジュニーニョ・ベッカンプナーノなんか世界のどの国行っても代表レギュラーになれるだろうし

WCというイベントそのものを考えた場合 どう考えても今回の日本は決勝Tに勝ちあがる実力は持ち合わせてないってことは明白になった訳で、過去最高品質のメンバーであろう 今回の日本代表が、本気で世界の強豪を戦ったとき、これだけの差があることを 冷静にどう捉えるかでしょうね。
2試合で7失点て尋常じゃない訳ですから
もうサウジのことは何も言えなくなりましたね。
(今夜スペインに更なるボーナスポイント献上するかもしれませんが)


まず監督
ジーコの評価?そんなこと忘れましょう!

デシャン招聘なんかが騒がれてますけど、大物連れてくれば良いってもんじゃないです。
なまじっか欧州で活躍する選手数名いるもんだから、やりやすい環境かと錯覚されそうですけど、今回のWCを見て頂いた通り、技術、精神的に著しく低いところから指導し直さなければならないということを理解できる方でないと また黄金のカルテットなんて目先の成果の為に引きずる可能性が有ります。 
ここは、4年後を見据えて現在の海外組しばらく召集しないで、過去の実績を白紙にして若手主体で選考、育成することができる指導者が必要と考えます。
それから今回実感しましたが自主性、主体性を選手に要求する人は駄目かもしれません。
ヒデのような日本人じゃないメンタリティの選手が11人居ればいいですけど、どうやらアフリカ方面の指導者タイプ 右向け右!のタイプの方がどちらかというと良いような気がします。
そう 責任を取ってもらって その人の言うことを聞く方が良いというタイプ多いようですので。
アフリカ系と異なるのはニンジン作戦は効かないというとこでしょうかね。
国内組だろうが経済的には満腹感ありますから、報奨金とか単純なことで言うこと聞かせられないやりずらさはありますね。笛吹けど踊らず・・
根本的に世界中のサッカー選手が持っているハングリーさが欠けちゃってるんですよね。
その辺りのカントリーリスクを理解して頂いて、且つ欧州、南米での実績がある指導者となると数少ないんじゃないかと思います。
そんなこの国の村社会メンタリティを少なからず理解されてる方といったら
ジェフには申し訳ないけどオシム様に御願いするしかないと思うのですが・・
デシャンはB落ちしたユーべを面倒見るでしょうし。
  

そして選手
FWはヤナギ、高原で良かったのかって?DFの宮本は? 
そんなどうでもいいこと忘れようぜ!!

抜本的に立て直さないといけないし、それをする絶好の機会です。
中田ヒデは引退する決意で望んでいたと思いますが、まぁどうなるかは解らないですが、一旦日韓WC出場組以上は離れて頂いて、色眼鏡無しでオシム視点で選んでもらうべきだと思います。
2年くらい韓国に全然歯が立たなくても気にしない くらいの気持ちで育成したいです。

宮本は本当かどうか知りませんがカターニャ?でしたっけイタリアからオファあるらしいから、代表のことは忘れて あれで役にたつようなら心置きなく行って頂いて結構です。
 
強化方針
協会、キャプテンは そのままでいいの?
良い訳ないでしょ

まず親善試合はアウェイを主体とする。
国内開催の親善試合は、協会の資金集金の意味は大きいでしょうが、今回のように精神的な弱さを鍛える意味合いと相手の本気度を望むにはアウェイでの試合数増加は必須。
その為にも召集しずらい海外組はしばらく除外。
新生日本代表のお披露目試合を8月にアルゼンチンを招聘して行うなんて計画してるみたいですけど 止めて欲しい最たる例ですね。

それから召集メンバーの人事権は監督になるのは当然ですけど、今回のジーコ一任 発表当日迄川淵Cすら知らないというギャンブル人事もどうかと思います。
人のやることですから、多少軌道修正、意見も必要なこともあると思いますし。
介入し過ぎない適度な補正機能、助言は必要かと。(釜本みたいのはいらないが)

次のWC出場権獲得は 本当に大変なことだと思いますよ・・・
これからが正念場だと思います。
日本のサッカー転落しちゃうかもしれないですからね
この国の人熱しやすく冷めやすいですし。

さてさて日本がいなくても、何事もなかったようにWCは続きます。
むしろ存在しないことの方が当然と思われてるでしょう。
今夜はグループリーグ最終日 フランスはどうなる?サウジは何失点するのか?
興味は尽きません。
フットボール好きな皆さんにとっては むしろ 本当に強い国だけの戦いが見られる これからがもっと楽しみですよね。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-23 20:59 | 各国代表

因縁の対決オーストラリアvsクロアチア

ブラジル戦について 何を書いていいのか 纏まらないというか よく解りません・・・・
同時進行していたクロアチアvsオージー戦のお話を・・
試合内容としては こちらの方が遥かにおもしろかったですが

この試合勝ったほうが決勝Tに進めるということと、もう一つ長年決して実現するはずのなかった因縁の対決であることに前々から興味を持っていました。
それはクロアチア移民対決という側面があることに・・・

この関係でオーストラリア協会が苦渋を舐めさせられてきたことは以前このBlogで取り上げましたので、興味がお在りの方は下記を見ていただければと思いますが、

「クロアチアとオーストラリアの関係って」
http://beckham306.exblog.jp/3637724

昨夜の試合にも、オーストラリア生まれのクロアチア代表選手としてシムニッチが、
クロアチア移民であるオーストラリア代表選手にヴィドゥカ、カラッチが出場していました。
中でもミランのGKカラッチは正GKシュウォーツゥァーが怪我とは伝えられてませんでしたので、ヒディングはあえて先発させたのかもしれません。

そうですこれまでの歴史で育てた選手を獲られて続けてきたオーストラリア協会にとって、絶対に負けられない戦いだったのです。
それを承知のヒディングは、もしこの時点で既にGL敗退が決まっていたとしてもこの試合こそマジック炸裂が必要な試合でした。

そしてもうひとつの因縁は審判です。
この日のイングランドの審判は、4年前のWCでクロアチアvsイタリアを吹いた審判なんですよね?

試合は試合開始早々スルナがFKを直接ゴール
前半にオーストラリアが追いついて、後半ニコ・コバチの大したことなさそうなシュートをカラッチがファンブルしてそのままゴールへ転がってしまいました。
これで何を言われるかと思うと嫌な気持ちになりましたよ。

このまま終われば最悪のシナリオだったのですが、その後再三攻め続けGKがキャッチしながらゴールに入ったように見えたシーンもあったりしましたけど、後半の30分を過ぎてからキューウェルが押し込んで同点にしたんです。
ドローならオーストラリアが勝ち抜けですので、当たり前ですけどクロアチアは眼の色変えてやってました。
オージーはアロイージ、ブレシアーノそしてクロアチア相手にあんまり意味ないだろと思いましたがケネディを投入。
クロアチアはまたもや息子に見切りをつけてレコとモドリッチ投入。
ニコとモドリッチを直接交代させないところが、最後迄往生際の悪い嫌らしいオヤジだなぁと思いました。

そんでもって この審判が熱くなると判定基準が乱れてきてシミッチ、シムニッチが退場。
オーストラリアもエマートンが退場。
シムニッチなんか2枚目のイエローの時 審判気が付かなくてそのままプレーさせてましたからね。
結局3枚目!のイエローで退場してましたけど・・・
こんなに審判に文句言ってる試合は今大会他には無かったと思います。
クロアチアは文句言いまくりでしたね。
この審判 この後吹くことはもう無いと思います。

結局このまま試合終了でノーガード撃ち合いはドローでしたが、オーストラリアが決勝T進出を決めました。

単に監督の差ですね。
ヒディングは凄いです。ウルグアイに勝ってWC出場したことだけでも凄いのに、韓国に続きオーストラリアでもWCでGL突破しちゃったんですから!
ボラ・ミルティノビッチを軽く超えた気がします。
次はロシア代表監督ですから台風の目になることは間違い無しでしょう。

対するクラニチャ-ル監督は ちょっと ざまーみろですね。

オーストラリアは決勝Tでイタリアと対戦です。
ヴィエリが居れば 故郷と対戦てことで話題になったでしょうけどね。
[PR]

by beckham306 | 2006-06-23 17:27 | 各国代表