<   2006年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

UEFACUP1回戦2ndleg、PK戦廃止?、平山・・・

UEFACUP 1回戦2ndlegの結果

試合が多すぎて全ての試合結果を書くのは止めます。
でどうだったかと言うと
イタリアは4クラブ中キエーボが×
ドイツは4クラブ中シャルケ、ヘルタが×
オランダはCLでは凋落が激しかったですが、UEFAでは4クラブ全てが残りました。 
スペインはディフェンディングチャンピオンのセビージャを始め4クラブ全てが○ 
イングランドは4クラブ中 なんとテベスを補強したウエストハムが×

その他ジーコのフェネルバフチェは○、中田コのバーゼルは○
有名どころで駄目だったのはマルセイユ、ズベズタ、ザルツブルグでした。
ズベズタの鈴木はもちろん出場してません。
しかし何気にオシム好みではないかと噂される鈴木は最近全然話題になりませんねぇ。


プラッター会長のPK戦廃止案にドメネクは・・・
「サッカーはチームスポーツだが、PK戦はチームではなく、個人の戦いになる」
とプラッター会長は突然PK戦に異を唱える発言をしています。
そしてPK戦に代わる勝利チーム決定方法について、
「決勝ならば再試合もあり得るが、時間的制約で大会を通じては行なえない。選手数を減らしてゴールデンゴール方式で(延長戦を)行なうことも選択肢のひとつだろう」
南アフリカで開催される10年W杯での新方式導入も有り得るとコメントしたそうです。

それに対して フランス代表のドメネク
「PKはくじ引きではなく本当の勝負だ!」
だそうです。

個人的には、それなら延長戦は単なるゴールデンゴール方式で良いと思うのですが・・・


平山 今年度中の筑波大再入学断念
平山が本年度中の筑波大再入学を断念したことそうです。12月からの再入学を目指して今月中にも手続きを始める予定だったが、連日の2部練習、U-21日本代表活動との両立は困難と判断したとのこと。

平山はヘラクレスを退団した直後から4月に退学した筑波大体育専門学群への再入学を熱望し12月からの再入学を目指し、今月中に手続きを行う方針だったが
「今は考えていない。来年以降?そうですね」
と気が変わったらしい。

本当いい加減にしてくれ・・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-30 00:56 | 欧州カップ戦

CL 9/27の結果

グループリーグの日程の中で 今朝の試合の組み合わせが最も好カードが目白押しの日のような気がします。

リバプールvsガラタサライ
TVを点けたら既に2-0で、とどめにクラウチが豪快なオーバーヘッド?を決めて3-0楽勝ムード。
しかしこの間のインテルのようにあっという間に途中出場のウミト・カランに2点返されハラハラムード。
リバプールDFは3点獲った時点で もう気が抜けてましたね。
3点返されて焦ってカイトを下げてゴンサレス投入、続いて温存したかったシソッコを駄目駄目なぺナントに代えて投入。
ベニテスの采配はちょっと後手後手気味。
シソッコの存在の大きさを再確認する試合となりましたね。

それにしてもペナントのクロスは酷いですねぇ
ちょっとこのままでは使い続けるのは問題があると思います。
クラウチはすっかりサブ扱いになって、危機感からなのか開き直っただけなのか解りませんが手堅く決めてくれました。
粕谷はそれでも1点目はアウレリオのクロスを素晴らしいやさしいクロス!とベタ褒めで、決してクラウチを褒めようとはしませんでしたけどね・・・
クラウチが調子を上げるのは良いとして今度はべラミーが空回りし始めたら困るんですけどね

稲本が出場していればもっと盛り上がれたんですけど、まぁ勝って良かったです。

インテルvsバイエルン
今朝放送してた試合で一番内容がつまらなかったので、これは0-0だと思い込んで後半途中からチェックするのも止めました。
試合結果を見てびっくり!
0-2でインテルが負けてるじゃないですかぁ!!
なんでフィーゴ下げてマリゴンなんですかぁ!
スタンコビッチ下げてソラ-リって ソラーリを負けたせいにするつもりですか!
ズラタン、グロッソは退場ですか・・・
インテルはB組最下位です 

この結果と采配でマンチーニは、一転 瀬戸際に追い込まれることになるんでしょうね・・・


ブレーメンvsバルサ
今日のブレーメンはやれそうな雰囲気ありました。
バルサがいまいちに見えたのは全てロナウジーニョの不調が原因でしょうね
各クラブのブラジルのW杯主力FWが揃って駄目ですね
アドリ、ロナウド、ロナウジーニョ・・・
これは単なる偶然ではないと思います 遊び過ぎでしょ

試合はプジョルのOGで俄然盛り上がりました
エトー、ジュリをセットでメッシ、グジョンセンに代えて最後にメッシが救ってくれました。


バレンシアvsローマ
2-1でホームのバレンシアが勝ちましたけど、この試合が一番締まった好試合だったのではないでしょうか?
ビジャは切れ味ありますね 
モリエンテスは特にキレが戻ってるようには見ませんでしたけど・・


その他
チェルシーvsレフスキはいちまで0-0を維持できるかが唯一の付け入るチャンスでしたが、
ドログバに決められると、あっさり崩れ落ちました。
ドログバはハットトリックです。

スパルタク・モスクワvsスポルディング・リスボンは1-1です スポルディングはインテルがダメダメなので2位抜けのチャンス十分有りです。
この試合CLで初めて人工芝のピッチで行われた試合だったそうです。
ボルドーvsPSVは0-1でPSVがアウェイで大きな勝利
シャフタールvsオリンピアコスは2-2のドロー お互いこれに勝つことでチャンスが残る試合でしたので 足を引っ張り合う結果になりました。


しかしインテルは・・・・

人気blogランキングへ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-28 14:20 | 欧州カップ戦

CL 9/26の結果

今朝はCL生では見ず6時半からの再放送を見れるだけみて、それから伊豆方面へ(仕事ですよ)行ってきました。
ビュー踊り子号とかいう特急に乗ったんですけど、温泉に行くおばちゃんばっかりで、スーツ着てる野郎一人の乗車は浮いてました。
しかし往復6時間近く掛かって、温泉も入らず魚も喰わず 現地滞在時間2時間弱っていうのも・・・

マドリーvsディナモ・キエフ
リヨン戦があまりにも衝撃的なダメダメぶりでしたので、この試合もせいぜい辛勝って感じかなぁと予想しましたが、凄まじいゴールラッシュでした。
二ステル、ラウールは2発ずつ、レジェスと全部で5ゴール!
そしてロナウドを使う余裕までありました。
でもみんなロナウドに点を取らせて上げようとしてるんだけど なんかの記念試合に出場したOBみたいに見えました。
ラウールはCL歴代最多得点だそうです。これまで最多得点はシェバだったそうで、斜陽の二人が張り合ってるのも寂しいものを感じてしまいました。


アーセナルvsポルト
チラチラっとしか見てませんが、アーセナルがかなり好調だったように見えました。
アンリ、フレブの2点で快勝。
フレブのゴールは綺麗でしたが、その前のフレブにボールを展開するギャラスのプレーがDFらしからぬ展開力で感動しました。
解説の方も言ってましたが、ギャラスは背番号10!をつけてましたが、正に10番に相応しいプレーだったと思います。
そのギャラス 怪我をしちゃったみたいですね 
DFに安定感をもたらしているギャラス不在は痛いですね 
ところでセンデロスっていつ復帰できるんですか?


リールvsミラン
結果0-0でしたが、どちらが勝っても不思議ではない最後まで白熱した試合でした。
この組はミランの楽勝で他は2位狙いって決め付けちゃってますけど、リールっていつも曲者ですよね。
名前が可愛いケイタは良いですね 次はビッククラブからお声が掛かるでしょう。
ミランはジラがまた不発でした
セードルフも・・・ 
カカがかなりイライラしてプレーしてるように見えましたけど、お疲れモードなのでは?
ターンオーバーできないミランは、どっかでガタガタになる時があるでしょうね

その他
セルティックは修輔のいつもと違う意味の瞬間芸で勝ったそうで・・・
マンUはサハのゴールでベンフィカに勝利
この試合は結果よりアラン・スミスが復帰したことがビックニュースでしょう!
伏兵ステアウア・ブカレストになれるかと期待しましたがリヨンに3-0と一蹴されました。
CSKAvsHSVは、1-0でHSV負けてます。
今シーズンのHSVどん底ですよね
せっかくCL出場権獲ったのに あんなに放出しちゃうんだもん 弱くなって当然の気もしますけどもったいな過ぎです。
ソリンはやる気出してるんですか?


今夜のほうが見たい試合多いんですけど つらいなぁ

にほんブログ村 サッカーブログへ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-27 22:51 | 欧州カップ戦

ダリオ・シルバ右足切断!

昨日報じられたダリオ・シルバの交通事故の話、かなりの重傷で右足切断の可能性も?と報じられてましたが、現実として右脚を切断したことを医師が発表したと報じられています。

担当医師は、「ひざの下を切断する以外に方法はなかった」と。
しかも何より痛ましいのはダリオ本人がまだ昏睡状態で足が切断されたことは知らされていないということです。

自身の運転する車が街灯に激突し、モンテビデオにあるアソシアシオン・エスパニョラ病院に搬送され、症状は複数箇所の頭がい損傷、右足の深刻な露出骨折だったそうです。

サッカー選手にとって 足を切断するって・・・
あまりにも惨すぎます・・・

彼のプレーを最後に見たのは、もしかしたらW杯プレーオフの豪州vsウルグアイかもしれません。
ポーツマスでダリオがプレーしたところを見た記憶がありませんので・・
豪州が日本と対戦するとは思いもしなかったので、このプレイオフ どちらかが落ちてしまうのはもったいない気持ちでした。
バーレーンvsトリニダード・トバコは両方落ちても構わないと思ってましたけど・・(失礼

結局ウルグアイの存在しないW杯となってしまった訳ですけど、髪型がずいぶん大人しくなっていたあのダリオの姿が見納めになってしまうとは つらいです・・・
 
[PR]

by beckham306 | 2006-09-26 22:22 | 欧州各国リーグ戦

インテルvsキエーボ

昨夜のこの試合 ダラダラと観ていました。
試合の内容も総じてダラダラしたものでした。
後半32分までは・・

キエーボは今期は棚ボタCLの予備戦で敗退しちゃうし、リーグ戦もまだ勝ち星がありません。UEFACUPの1回戦1stlegも負けてるし、こちらはさっさと諦めたほうが良いかも。
ここまでの調子の悪さがよくわかる試合運びでした。
後半32分迄は・・・

それに較べてインテル
余裕のズラタン産休?で、いまや不動のエース クレスポとおっかなびっくりアドリを起用。
中盤はヴィエラがいつの間にか暴れん坊になっちゃって出場停止です。
その代わり 目を疑いましたよ ソラーリ
そしてフィーゴ、ダクール、グロッソ、スタンコビッチ

このチームにフィーゴは欠かせない人になっちゃいましたね
ソラーリは試合に全然出てないのになんでこんなに?と思うくらいととってもフィットしてて なんで使わないのか本当理解に苦しみます。 

クレスポはいつもの瞬間芸で先制点
アドリは 全然キレが戻っていません
これでは冬に高く売ることもできませんよ

その他 サムエルがCKのこぼれ玉をヘッドで押し込んだり、スタンコビッチはシュート練習のような どフリーでのロングシュートを決めるなど 早くも4点と試合は決定的。
モラッティ ファミリーも満面笑みが絶えません。
後半32分までは・・・

しかしマリゴン、ブルディソ、マクスウェルと余裕の交代をしてからキエーボ怒涛の大反撃!
わずか10分に3点返されちゃいました・・・

これにはクビが繋がったと思われたマンチーニもモラファミも顔色が変わってましたね
マンチーニそわそわ・・・

特にダクールマクスウェルは失敗だった気がします

終わってみれば楽勝ムードは吹き飛んで、皆さん怒りながら消えて行きました。

解説の原さんも「インテルらしいなぁ」 とあっけらかんと仰ってましたけど、あの内容は笑えないくらい×でしょ
マンチーニには安心して任せられない!っていうイメージだけがモラさんに残った気がします。


これで一応首位にたったみたいですけどミランは既に借金返済して、あっという間にバックミラーに移る位置まで迫ってくる雰囲気です。
もたもたしてると 史上最低の赤っ恥シーズンになっちゃいますよ。

今週のCLはバイエルンを迎える訳ですし、結果次第では早くも追い詰められつつありますねぇ
それがインテルらしいと言われれば それまでですけど・・・
[PR]

by beckham306 | 2006-09-25 23:23 | 欧州各国リーグ戦

ダリオ・シルバ、中田ヒデ、稲本

ダリオ・シルバが交通事故で右足切断の危機

ウルグアイ代表のダリオ・シルバがモンテビデオで交通事故に遭い、集中治療を受けているらしいです。
かなり大きな事故で右足切断の危機もある深刻なものと報じられています。

ダリオ・シルバはウルグアイ代表として49キャップ14得点 これまでエスパニョール、マラガ、セビーリャなど、スペインのチームを渡り歩き、昨季はイングランドのポーツマスに来てので期待してましたけど、チームが不調な時期にあたったこともあり注目度は低かったす。
TVでも殆どでプレーも見れませんでした。
今期は所属チーム無しで帰国していたようです。

個人的にはマラガ時代の髪型がシセと並んで好きでしたが、WC予選豪州とのプレイオフの時にはただのトラック野郎のような髪型になってて誰だか解りませんでした。
今シーズンシーズン名前を聞かないなぁと思っていたら無所属とは・・・

あまりにも寂しい晩年です このニュースが大げさなものであることを祈ります。


中田ヒデの引退試合なし クラブW杯出場打診も断念 
川淵Cは25日、W杯ドイツ大会後に引退した中田ヒデが引退試合をしない意向であることを明らかにしたそうだ。
サニーサイドアップの次原社長が川淵Cに中田ヒデが今後プレーをする気持ちがないことを伝えたらしい。
これをもって 勝手に思い描いていたクラブワールドカップに出場するオークランド(ニュージーランド)の選手としてのプレー打診を断念することにしたようです。

キャプテン本当にいろんなとこで迷惑掛けてるよな
ヒデも言ったんだろうな 「あの人はっきり言ってあげないと解んないよ」って
出る訳ねーだろって!
あんた以外の誰もが解ってることだよ!
まったくもう・・・


稲本 体調急変でCLメンバー外れる
ガラタサライの稲本が25日頭痛と吐き気を訴え病院に運ばれたそうです。
その結果27日のCLリバプール戦メンバーかた外れてしまったそうです!
何らかの感染症の疑いがあり、検査を受けているらしいです。

せっかくのイングランド凱旋帰国?スカパー的にも視聴率を稼げる大一番ガラvsリバプール戦
の楽しみが少し減りました。
ガラのホームでの試合に期待しましょう。

しかし稲本 せっかくクラブでポジションを掴んでいるのに、こんなことでまたチャンスを失うようなことだけは止めて欲しいですね。
それじゃぁ単なるツキの無い人で終わっちゃいますよ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-25 21:55 | 欧州各国リーグ戦

昨夜のプレミア メインで観たのは?? 

リバプールvsトットナムのスタートダッシュに失敗したクラブ通同士の対決ですけど、リバプールのスタメンはDFにリーセが復帰しててびっくりと、ヒーピアを使ってきた以外FWはカイト、べラミーを始め固定されてきてるみたいですね。
ルイガルは途中出場で2得点に絡む活躍ですか
結局ゴンサレス、カイト、リーセの3得点で快勝みたいです。
実はこの試合観てないんですよ・・

個人的にはあの時間の試合開始(放送)っていろんな意味で微妙なんですよね
自分はガッツリ観戦体制でも、スカパーチューナー繋いでるTVは占拠されてたり、出掛けてるとあの時間に帰宅できなかったりして、勝手ですけど22時か23時スタートが最高なんですけどね・・・
リバプールの試合って20時半放送開始が多いのは理由があるんですか?


見てないのに何ですがリバプールは今のまま面子をある程度固定して行くのが良いと思いますね。
ペナントは怪我ですか?彼不在で成果が出てしまって立場が微妙になった気がします。
しかしトットナムは今期の目玉のベルバドフが怪我で誤算なところはあるとしても酷い状況ですね。


その後のフラムvsチェルシー、アーセナルvsシェフィールドUなんかは観れたんですけど、
結局リヨンvsマドリーのCL再放送をメインに観てしまいました・・

チェルシーは0-2で勝利。
バラックが出場停止で良い感じでしたね。
これでシェバも外すともっといい感じになると思いますけど・・

アーセナルも3-0で勝利
マンUだけはレディング相手に引き分けちゃってますね

これで暫定順位は
  1、チェルシー 15
  2、ポーツマス 13
  3、マンU    13
  4、アストンビラ 12
  5、エバートン  11
  6、リバプール 10

とポーツマスは1試合少ないですけど、チェルシーがトップに立ちました。
リバプールも2試合前迄は今期はもうダメかなぁって思ったりしたのに意外と上にいるんですね・・・


そんでもってプレミア生放送より優先して見てしまったCL再放送のリヨンvsマドリーですけど、実はカペッロのマドリーの試合を観るのはこれが始めてで、なかなか興味深く観させて頂きました。

2-0でリヨン圧勝ということは聞いてましたが これほど酷いとは・・・
リーガではそこそこ勝ち星を挙げているようですので、こんな酷くはないんだとは思いますけど、この試合の特に前半は なんなんですか?
前半で6-0でもおかしくなかったですね。

カンナバーロ、エメルソン、二ステルとリーガに不慣れな僕の目には違和感ありありのマドリーは、やられ放題でした。
しかも前半終わるまで解らなかったのですが、この試合ラウールって出場してたんですね 存在感0でしたわ
この試合の注目でもあるディアラは埋もれちゃってました。
リヨン側で出てたら印象違ったんでしょうね。
報じられてた通りカンナバーロは本当にボロボロでした。
エメルソンはボール出すところがなくて、うろうろしてました。
カッサーノも何してんたのか解りませんでした。
カペッロの秘蔵子達がこれでは・・・

二ステルベッカムのクロス頼みでしたが、そのベッカムも後半早々グティとチェンジ・・・
いるのかいないのかよく解らないラウールも案の定ロビーニョと交代です。

唯一よろしかったのはレジェスですね
彼が右サイドやるならベッカムいらないな・・・
エメルソン、ディアラの中盤の底は名前だけ見ると、エッシェン、マケレレに匹敵する組み合わせですけど、この試合に限ってはがっかりでしたよ。

対するリヨンは監督のウリエは好きになれませんが、昨年までのどちらかというとイケイケの雰囲気から老獪なチームに感じました。

DFクリス、アビダル MFマルダ、チアゴFWゴブー、フレッチは余裕を感じました。
それにジュニーニョ・ベッカンプナーノが居るわけですからね。
途中出場で誰が出てくるかと思えばヴィルトールですし怖いチームです。
今シーズンもCLグループリーグ突破は余裕で、課題の決勝Tで何処まで登りつめられるかでしょうね。
ベスト4は最低目標ではないかと思います。



その他日本人選手関連では、フランクフルトの高原は先発して高原のシュートを味方が押し込んでドローに持ち込むことに貢献したようです。
ルマン松井、バーゼルなかたこ、ガラ稲本はフル出場
セリエAの3人は何れも出場してません。
特にトリノの大黒はずっとベンチにも入ってませんがどうなってるのでしょうか?
俊輔のセルティックはレンジャースとのダービーで勝利してます。
セルティックにとって来週のCLコペンハーゲン戦は重要です、俊輔の瞬間芸がまた見られるでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログへ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-24 19:32 | 欧州各国リーグ戦

キューウェルとモリエンテス

モリエンテス「イングランドサッカーは好きになれなかった」

バレンシアに移籍したモリエンテス開幕戦でいきなりゴールを挙げるてからCLではハットトリックと絶好調でアイマール不在を全く感じさせない活躍ですが、最近イングランドのフットボールについて語ったみたいです。

「フィジカル第一なところが好きになれなかった。審判も、スペインと違って、ファウルに対してほとんど笛を吹いてくれないし、そういうのもイヤだった」

要は合わなかったってことですかね
リバプールでも、今の半分くらいでもいいから活躍して欲しかったです・・・


キューウェルが再手術
キューウェルは、ワールドカップ本大会中に負った足のケガに更なる手術が必要となり、復帰が大幅に遅れるようです。

ワールドカップのグループリーグで、オーストラリアがクロアチアと2-2で引き分けた試合以降、左足の敗血症性関節炎(細菌性の感染症の一種)と診断され戦列を離れています。
7月に一度手術を受けてますが、問題は解決しなかったようで再手術が必要と判断したとリバプール側はコメントしています。
2度目の手術は今週中に行われ、どのくらいのリハビリ期間が必要となるかは、術後にはっきりするだろうとのこと。

キューウェルの故障って そもそも股関節のなんとか?痛風?とかオーストラリア代表スタッフの診断がリバプールに戻って誤診と解って治療してたかと記憶してますけど、初期の治療がしっかりしていれば、こんなに長引かなかったかもしれないとか思っちゃいます。

今この状態では今シーズン前半は駄目そうですので、キューウェル抜きを前提にしばらくは戦うしかないです。
ぺナントにもう一回り大きくなってもらうしかないですねぇ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-23 12:40 | 欧州各国リーグ戦

問題いろいろ・・

国際日程とのズレでオシム激怒
10/4の国際親善試合ガーナ戦 結局欧州組の招集を断念したオシムは実は試合中止を申し出るほど激怒していたと報じられています。
そもそもこの試合の開催日が国際Aマッチデーの7日ではないことに問題がある訳で、欧州リーグとの日程調整がクラブで主力であればあるほど折り合いがつかないことは解りきってた訳です。

10/7には本来代表の試合を組むべきところにJリーグの試合が組まれてる訳ですけど、これにも理由があってアジア杯予選サウジ戦が3/1から9/3に変更されたことで。9/3に組まれていたJの試合が10/7に変更になってる経緯があります。

全てはオシム就任前に決まっていたことで、全てはドイツW杯のことで手一杯でそれ以後のことは真剣に考えて決めたとは言えないでしょうしね。
ならばオシム就任後一旦白紙に戻して親善試合は組み直せば良かったと思います。
10/7は欧州組を堂々と召集できる日ですし、クラブ側の了解も得られやすかったはずです。
これは対戦相手のガーナにも言えることで来日が期待されているエッシェン、アッピア、ムンタリ
のスター選手達は、協会側は確約といいながらも怪我とか理由をつけて、いつものドタキャンとなるのは確実と思います。

国際Aマッチデーとの“ずれ”について、小野委員長は「来年以降はJリーグと協議し、知恵を絞って日程を考えたい」と問題解決に全力を尽くすと語ったそうですが、こんなことは何年も前から解っていることで、親善試合相手国は無理な日程に1軍確約と言いながらドタキャン2軍メンバー来日は恒例化している実状をしがらみを抜きにして真の代表強化の為にオシムにはJの日程含めて大胆に刷新してもらいたいです。


アラダイス、レドナップの賄賂騒動
BBCフットボール選手の移籍に際して賄賂を持ちかけるエージェントと、それにかかわった監督たちの実態を取り上げる番組が放送され、その疑惑のターゲットとしてボルトンのアラダイス、ポーツマスのレドナップが槍玉に挙げられ問題になっていますねぇ。

アラダイスは3人の代理人から、選手のボルトン移籍の際に違法な“謝礼”を受け取っていたと指摘され、元代理人の息子は3人の選手のボルトン移籍の際に、父であるアラダイスへの“口利き料”をとっていたとか。
不名誉なこの中の“疑惑の移籍”の一人として挙げられている中田ヒデの代理人の関係者?は、BBCに対し「君たちの知っている通りだ。もう何も隠さないよ」と疑惑を肯定する場面もあったようですけど、その本人がBBCからの多額の報酬を見込んで嘘をついたと認めたとか無茶苦茶になってます。

レドナップもこの番組は茶番だ!と一蹴してますが、この二人2流クラブをそこそこの成績にする手腕と若干 胡散臭いキャラが似てると思うのは僕だけでしょうか?
この二人をターゲットにしたのは いかにも!って雰囲気が話の信憑性を高める効果があったような気がします。

正直 この程度のこと驚くにも値しないと思うんですけど・・・ 
[PR]

by beckham306 | 2006-09-23 12:07 | 各国代表

カイト初ゴール!シセ復帰に目処 

今朝のリバプールvsニューカッスル戦 2-0でリバプール勝利してます。
報道や皆さんのブログを見る限り、かなり良い内容だったみたいですね。
正直この前のニューカッスルvsウェストハム戦でのニューカッスルはかなりがっかりするサッカーをしてたのでニューカッスルに勝てないようだと リバプールは本格的に厳しいなぁと思ってました。

何よりカイトの待望の初ゴールが決まったことが嬉しいです。
他のFWとは明かに抜きん出たものを魅せているだけに、このまま数試合結果に結びつかないことによる焦りなんかで空回りすることが最悪のシナリオだっただけに 本当に良かったです。
もう1点はシャビ・アロンソだそうで、彼も早く調子を取り戻して欲しい一人でしたので良い兆候ですね。
そしてルイガルもよろしかったそうで・・

チームとしては×ですがダフ、マルティンスと個人技で打開できる選手も抑えて失点0も久々に安心させてくれるのも○です。

この試合の布陣が現在最高の形ではないでしょうかね。
この布陣を基本として、ちょこちょこっと入れ替えていくのが良いのでは?

この試合 今夜の再放送を見ようと思います。


話は変わりますがW杯直前に骨折して当然W杯は棒に振り、移籍も紆余曲折ありながらマルセイユに行ったシセが、10月から練習再開できる目処がたったと報じられています。

マルセイユのディウフ会長はクラブのHP上で 以下のように述べているようです。
「メディカルスタッフと本人から聞いたところによると、シセは10月にトレーニングを再開できるのではないかと思う」
「楽天的に考えていいだろう。我々はピッチに立つ彼の姿を10月の終わり頃には見ることができるかもしれないんだから」


本当に運のない人ですが、シセがプレーするところは早く見たいです。
個人的にはリバプールのFWをカイトとシセの組み合わせなんかで是非見てみたかったと思いますね
[PR]

by beckham306 | 2006-09-21 21:47 | 欧州各国リーグ戦