<   2006年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

トットナムvsリバプール 他昨夜のプレミア

トットナムvsリバプール
ここ数試合個人的には内容は満足してないのですが、結果は伴ってきているリバプール。
年内最後の試合 アウェイで強豪?スパーズとの対戦は後半戦に向けてアウェイの苦手意識完全払拭含めターニングポイントとなりそうな気がしてました。

リバプールのスタメンはベニテスは余計なことをせずに真のベストメンバーを揃えてきたと思います。
対するスパーズはレノン、ジーナス、キングが怪我、ロビー・キーンも出場してないという肩透かしな面子。
でもその代わりデフォー、マルブランク、ベルバドフが脅威でした。

試合内容は特に前半は個人的には余裕を持って見てられたと言うか、失点しててもおかしくないシーンはありましたが、リバプールらしい攻めの形が随所に見られて頼もしかったです。
解説の粕谷は最近クラウチが出場しないので、パッシングの矛先を右サイドのアウレリオに変更してきましたね。
確かにこのベストメンバーの中では劣るポジションではありますけど、あそこまでの揚げ足取りはどうかと思います・・・・
前半終了間際のルイガルの得点で先制し、結局これが決勝点でした。

しかし後半べラミーが負傷交代、その後カイト→クラウチになった後は怒涛のスパーズの猛攻でしたが、奇跡的に凌ぎきりアウェイで勝利できました。
後半攻められはしたものの、何故かあまり負ける気はしなかったです
あくまで個人的な印象ですけど久々に頼もしいリバプールを見た気がしました。
しかしベニテスはクラウチを放出することはないと言い切ってますけど、なんだか微妙な存在になっちゃましたねぇ・・・

実際この勝利は大きいと思います。
アウェイで勝ちきれたことと順位も4位に上げ、次節ボルトン戦も連勝することができると、いよいよポーツマス、ボルトンを引き離し、アーセナル含めた4強のポジションを確固たるものにできると思います。

そのアーセナルは主力温存でシェフィールドU戦に臨みましたが、シェフィールドUはGKが負傷で替わりのGKがベンチに入れてなくフィールドプレイヤーがGKを努めるという状態にも関わらず得点できずに1-0でまさかの敗戦です。
アーセナルは5位に後退でリバプールが4位に上がりました。

ボルトンvsポーツマスの上位対決は3-2でボルトン勝利で3位浮上。
チェルシーはフラム相手に2-2で引き分けてしまってマンU6とポイント差に広がりました。
また3位ボルトンとは8ポイント差まで縮まってきてます。
モウリーニョはDFの崩れで補強よりテリー、チェフの早期復帰の重要性を訴えていますね。
それからFWはドログバしかいないに等しいとコメント・・・
シェバには見切りをつけそうな勢いです。
マンUvsレディングは3-2でマンU勝利で磐石の首位キープ。
このままマンU独走はつまらないので、そろそろコケテ欲しいんですけどねぇ



今回が今年最後の投稿となりますが、個人的には仕事の環境に変化があったりして、できる限る毎日1回投稿することをモチベーション?にしてきました。
日頃皆様に当ブログに訪れて頂きながら、皆様のブログを閲覧させて頂くことは欠かさないようにしておりますが、なかなか積極的にコメントをさせて頂くことができていないことには心苦しく思っております。
にも関わらず皆様からのコメント、TBを頂戴していること とても感謝しています。

来年度もリバプール、インテルの更なる繁栄(笑)を祈願すると共に、皆さんと日々の出来事に一喜一憂できることを楽しみしています。

それでは来年もよろしく御願いします。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-31 17:39 | 欧州各国リーグ戦

「敗因と」を読んで

今日は十何年ぶりかにアイススケート場に行ってきました。
昨夜の全日本フィギュアを見て その気になったのではありませんよ(笑

千葉アイスリンクというところに行ったのですが、場所はジェフのスタジアム福アリの近くの千葉港の辺りなんですが、案の定 未来の浅田真央?が結構居ました
リンクの周りは一般人がグルグル滑ってるのですが、リンクの中心部でフィギュアの練習してる子はクルクルと綺麗に回ったりジャンプの練習をしてました。
スケートって その昔女の子と富士急ハイランドかなんか行って過ごした記憶がありますが、
今もその当時と同じと言っては失礼ですけど、そんな雰囲気が多分にあり、特段真面目そうな子ばかりが来てるという意味ではなくて目が覚めるような非常に健全な光景でしたね。
どんな女の子も男の子も微笑ましく見えました。
日本の未来もまだまだ捨てたもんじゃないなと・・・


何を言ってるのかよく解りませんが、今日はサッカーファンには話題の本「敗因と」を読んだのと奇しくも同じタイミングでMSNビデオコンテンツのRyu's Video Reportという村上龍とセルジオ越後、金子達仁、近藤篤のトーク「ジーコジャパンとは?」を観て感じたことをダラダラと書いてみたいと思います。

Ryu's Video Report
http://video.msn.co.jp/rvr/sports/zico_japan/default.htm

「敗因と」とこのビデオコンテンツの(特にセルジオのトーク)ついて共通するのは、ドイツW杯のジーコジャパンについて薄々感じてることとは云え、改めて ここまでチームが崩壊してたのかと感じさせることと、この結果の遠因と言える協会(川渕)に対する批判ですけど、中田ヒデとその他の選手との溝、海外組と国内組の溝なんかは書き手によって偏った部分もあると思いますので一概に誰が悪いとは言い切れないとは思いますが、何より日本的なのはプロ化による大きな利権を握った協会のドンであるジーコを選んだ川渕は最後まで自らの判断ミスを認めないばかりか、一切の責任がないかのようなウヤムヤな態度でオシムジャパンに移行したことにも誰も声高に発言する業界有識者は居ないと思いますが、それもそのはず川渕という利権掌握者の元 現役引退後、監督業に就くにもS級ライセンス取得という、協会お墨付きを貰わないと指導者として食べていくことすらできない上、更にその上の各年代の代表監督、コーチの座を狙う人が協会トップを批判できる訳がない構造になってる訳ですよね。
お役所というか一般企業の上下関係と何ら変わらない構造が実力、結果主義以外考えられないフットボールという世界に持ち込まれてる訳ですから、外から見たら代表監督人事、その責任、結果に対する責任のとり方はとても理解されるものではないと思います。

田嶋氏を初め有能であると思いたい人達が ポジションに見合った働きと責任を取っていないことも、彼ら自身の意図するものではないと思いたいですし、反面本来総辞職しても不思議ではないにも関わらず、昇格してたりして、そんな自分を引っ張り上げてくれる上役(川渕)に対して批判的なコメントをする訳ないですよね。


金子氏は終始一貫して「グループステージ3試合の日本代表は何故あんなにも心に響かないのか?」をテーマにしてますけど、確かにこの試合、このチームは心を打たないというか熱くさせないチームだったのは同感ですし、何より当事者達が虚しい思いのみ(玉田は満足かも)を残してしまったこの失敗を次に活かさないと何にもなりません。

セルジオは盲目的にオシムに期待する今の現状はジーコ就任時と何も変わっていないと言ってますが、僕も盲目的にオシムを信じてます(笑)けど、確かに一方的に全幅の信頼を置いてしまってる割には明確なハ-ドルを課してないですよね。
今のままではあっという間に2年が経ち、また斬り時を逸してしまう可能性はあると思います。
海外の指導者から見れば日本代表監督というポジションは一財産を築くおいしい仕事ということは間違いないでしょうから、その上で短期的に結果を求められればある意味その場凌ぎの策にならざるを得ないのも仕方のないことで、そうゆう意味では本当に長期的に日本のフットボールというものを考えて継続性のある強化環境という視点を協会サイドは持ち続けないといけないんだと思います。

代表監督は完成品を連れてくるのではなく育てるもの という状況には何時なるんでしょうね?
[PR]

by beckham306 | 2006-12-30 23:40 |

連日のフィーゴ、ベッカム報道 他Jの移籍話

ベッカムがバルサへ!?
マドリーを去ることが連日のように噂されているベッカムは、すでにバルセロナへの電撃移籍がラポルタ会長と合意に達しており、これによりバルセロナはベッカムを‘移籍金なし’で獲得すると28日付けの‘SPORT’紙が報じています。

ついにきたぁぁ!!って感じのこの話 バルサにとってフィーゴ強奪の恨みを晴らせるときがついにきたかのようなお話ですけど、12月28日はスペインのエイプリルフールにあたる日らしく このバルセロナがベッカムを獲得するという話も全くの事実無根とのことです。

それにしても無いとは言い切れないリアルな話ではあります
もし移籍してもバルサでベッカムのポジションを探すのも難しそうですけどね・・・

そんなベッカムはただ今お台場フジテレビでニコニコしてますけど・・・


フィーゴ移籍続報
ポルトガルの日刊紙『ア・ボーラ』報道によると、フィーゴはアルイテハドとの契約のためすでにドバイ入りしているそうです。
 同紙によればフィーゴはすでにドバイに到着しており、豪華なブルジ・アル・アラブ・ホテルに数日間滞在して契約のサインを行うとのこと。1月5日にジッダで入団発表が行われることが決まったとも伝えられています。

この移籍が報じられている通りならフィーゴは世界一の高給取りのフットボーラーとなりそうです。
契約期間6カ月間で、報酬の総額600万ユーロ(約9億4000万円)に上る見通しで1ヶ月あたり100万ユーロ(約1億6000万円)!! 日給530万・・・となります。


ところでこのフィーゴの移籍の件 現所属のインテルからは何も発表がないことから、まだ水面下でいろんな意味での交渉が繰り広げられていると思われます。
フィーゴを慰留できない場合の代替獲得選手についても・・・
その場合ベッカムが来ることは否定しきれない気がしちゃうんですよねぇ

モラさんは「ベッカムとレアルの契約は固い。ベッカムがインテルに来る事はないし、ましてや(交渉が)始まってもいない。あのポジション(右MF)はフィーゴの方がベッカムより優れており、ベッカムを獲得する必要性がない」とあくまでフィーゴがファーストチョイスであり、ベッカム獲得を一蹴する発言が、裏を返せばフィーゴ引止め工作に失敗したときはベッカムだよと虚しく聞こえてしまいます。



Jの移籍のお話をダラダラと・・
FC東京がワンチョぺ獲得したという割かし華やかなお話もあれば、元日本代表の森岡はJ2京都行きが決まりました。試合出場に拘ったのでしょうが、J2でプレーするなら彼は横浜FCに行って欲しかったです。京都は秋田も獲りましたね。そんなに手厚い補強するなら昨年もう少し獲れば良かったのと思います。

ジュビロの服部はヴェルディですか?名波も緑チームに行くらしい噂も見ましたけど、ラモスは指揮権をアウトソーシングするつもりでしょうか?
大久保に続きチームの柱であろう名波にも出て行かれてしまうC大の都並監督は厳しい船出となりそうです。西澤も契約に至ってないそうですし・・
今シーズンはC大vs東京Vが因縁の対決化するのでしょうか?

横浜は監督に早野を任命したのには驚きました 彼は あかんでしょ
てっきりもっと大物を招聘するもんだと思ってたのでびっくりです。
早野なら水沼続投でいいんじゃないかと思います・・
久保も出て行っちゃいそうですし低迷期を迎えてしまいそうな兆しを感じます。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-29 18:42 | 欧州各国リーグ戦

フィーゴが!!! 

フィーゴがサウジへ移籍!?
久々に目の覚めるビックニュースです。
インテルのフィーゴがサウジのアルアル対決でお馴染みのアルイテハドに6ヶ月の期限付き移籍の契約を結んだと報じられています。
移籍金は800万ドル(9億5000万円)。
アルイテハド関係筋?によるとフィーゴはドバイに数日間滞在した後、来年1月5日にサウジのジッダ入りする見通しという。

サウジからの報道ですので契約に至ったどうかはなんとも言えませんけど、なんか決まりっぽいですね。
そんな話はちらほらあったとは言え 1月からとはちょっと複雑です。

フィーゴは1月から半年 一稼ぎして、最後はスポルディング・リスボンに帰ってプレーして引退ってご予定でしょうか。
インテルでの使われ方に納得できないのは良く解りますけど、今でも出てきた時は十分過ぎる存在感ありますし、スクデットに向けてむしろ居てくれないと困る存在だと思うんですけどね


このお話が本当だとすると、インテルはその後釜にいよいよ明日現地滞在時間14時間の予定でモトローラの携帯のPRで来日するらしいベッカムが青黒を着るなんてことになるのでしょうか?
こちらもマドリーとは合意できない気配ですので・・・
MLS行きが噂されてますが まだトップリーグでやれると思うんですけどね・・・


そのフィーゴですけど、バルセロナのサポーターに“最大の敵”を選ぶよう尋ねるアンケート調査を行ったところ、モリーニョと並んで圧倒的にほかを引き離したそうです。
まぁ これは当然の結果でしょうね
バルササポにとってこの二人はやっぱり許せないんでしょうね。



福田はヌマンシアの契約延長
最も地味な海外組の話題です。
J2仙台はスペイン2部ヌマンシアに期限付き移籍している福田の移籍期間を、来年6月30日まで延長すると発表しました。
彼にとってこれは喜ばしいお話でしょう。
1部昇格し完全移籍なんてことになれば最高ですね。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-28 19:00 | 欧州各国リーグ戦

昨夜のプレミア

俊輔がまた大活躍してましたね 
1ゴール1アシストで2-2のドローですから俊輔が居なかったらセルティックは確実に負けてた訳ですよね
ループ気味のシュートもお見事でした
彼はもうセルティックサポにはラーションに次ぐ外国人プレイヤーとして語り継がれる存在なのではないでしょうか。


昨夜のプレミアの結果です 
1試合も見ていませんけど結果と諸々の話題を・・

ブラックバーンvsリバプール
1-0でリバプール負けちゃってます
この試合クラウチ、べラミ-という珍しいFWの組み合わせですが、結果は出なかったようです。
アッゲル、シャビアロが揃って2枚イエロー貰ってますが、荒れた試合だったんですか?

でもこのアウェイ戦は勝っておきたかったですよね。
またアウェイの苦手意識が再発するんじゃないかと・・・
次節のアウェイでトットナム相手だけに一転連敗の可能性も出てきちゃいました。
そして順位も3位→6位へ ダウン・・

次節の相手トットナムは放出の噂もあるデフォーの2得点でビラに勝利してリバプールのすぐ下の7位迄順位を上げてきています。


チェルシーvsレディング
因縁の対決はチェルシ-ホームでドローでレディングは金星と云って良いでしょう
ドログバ2発でリードするもオウンゴールでドローに
チェルシーは首位マンUに4ポイント差となってしまいました。
後半シェバの替わって久々に投入されたSWPは、出場機会の少なさからマンCへの復帰を希望しているようですね。
確かに今のままでは宝の持ち腐れだと思います。


アーセナルvsワトフォードは2-1でアーセナルが勝利しリバプールに替わって3位浮上です。
アーセナルはマドリーから移籍してきたバブチスタが出場機会があまりにも少ないことに不満を述べてます。

マンUvsウィガンはCロナ2ゴール、スールシャールの1ゴールで3-1で手堅く勝利。

ボルトンvsニューカッスルは、2-1でボルトン勝利でアーセナルと同ポイントの4位!
ニューカッスルはオーウェンがシーズン中に復帰できるかもしれないと報じられてます。

ウエストハムvsポーツマスは1-2でポーツマスの勝利
ポーツマスは5位キープと しぶとく なかなか落ちてきませんね。
ウエストハムは監督交代後2連勝ならずです。
テベスは後半から使われてますが、マスチェラーノはベンチにも入ってないのでは?


プレミアは12/30年内最終戦が行なわれますが、この日の注目カードはトットナムvsリバプールでしょう。


*サッカーとは関係ない個人的なお話ですが、今日健康診断で要精密検査を指摘された箇所の内視鏡検査やってきました。思ってたより検査自体は苦痛じゃなかったんですけど、ポリープが見つかってしまい、画面で体の中を見せられながら、「ありました ありました これ切りますよ」てその場でチョッキンしてもらいました。

皆さんもお体にはお気をつけ下さい
健康あっての深夜のサッカー観戦ですから(笑
[PR]

by beckham306 | 2006-12-27 16:28 | 欧州各国リーグ戦

ベッカム、エインセ、ウィファルシ・・・

ミランがエインセに1200万ユーロを用意
アンチェロッティがマンUのDFアルゼンチン代表のエインセ獲得を熱望しているらしいです。
エインセは今シーズン ファーガソンの信頼を得ていないと云われており、1月にハーグリーブスもしくはジョーイ・バートンが獲れれば放出に障壁は無い模様。

対するミランはエインセが是非とも欲しく、移籍金1200万ユーロを用意していると書かれています。
エインセはミランの他に古巣PSGも獲得を狙っているそうです。

マンUで大怪我して治ったタイミングでW杯出場して、戻ってきたらいきなり怪我してましたらね・・・ マンUをリハビリ診療所扱いしてるような態度はファーガソン的には許せない気がします。
僕も そりゃないだろって思いました・・・
それでもエインセの存在感は大きかったような気がしますけどね。
ミランにエインセが加入すれば大きな戦力アップですね
これは双方にとって良いお話だと思います。


ウイファルシのセビージャ移籍は確実か
リーガで首位を走るセビージャがフィオレンティーナのDFウイファルシ獲得を狙っているようです。
セビージャが用意している移籍金はスペイン・メディアの予想によると、2008年6月にヴィオラとの契約が切れるウイファルシにとっては“ノー”と言えないレベルの金額だそうです。
フィオにとってフィファルシ離脱は痛いですけど、シーズン終了まで待つリスクを考えると然るべき金額を出してくれるならすんなり決まっちゃう雰囲気ですね。


ベッカムの契約延長はいかに?交渉もカウントダウンに突入
マドリーとベッカムの契約延長交渉に残された期間もあと1週間となりました。
しかし、両者の交渉は未だ平行線をたどったままで、合意に至る可能性は???です。
マドリーは、ベッカムの現年棒610万ユーロ(約9億円)から大幅ダウンの480万ユーロ(約7億円)を提示していると云われてますが、このオファーにベッカムが首を縦に振ることはないと思われています。

ベッカムはクラブに残りたいと発言してますが、僕は残りたいのにクラブ側が良い条件、評価をしてくれなかったから出るしかなくなったんだよ という風に持って行きたいのは見え見えです。
それにしても7億で満足できないような凄いプレーは魅せてくれてないですけどね・・・

でも本当に何処へ行くんでしょうね ⇔フィーゴ で青黒 はあるんでしょうか?


中西「人間関係に疲れた」 引退も・・・
Jネタをひとつ 横浜から戦力外通告を受けた元日本代表DF中西が引退寸前のようです。
オファーのあったJ2湘南と福岡には既に断りを入れているそうで、首都圏のJ1チームへの移籍を希望しているが「もういろいろな人間関係に疲れた」とまだプレーできるにも関わらずフットボールをやる以前のゴタゴタで気持ちが持続しないようです。
彼もいろいろありましたからね ジェフに斬られてからずっと裏切られ続けてる感じですもんね
人間不信にもなりますよ
彼こそ横浜FCに行くべきだと思います。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-26 22:39 | 欧州各国リーグ戦

人事異動小さな噂話

チェルシーがアレシャンドレ獲得へ動く
チェルシーがCWCで一躍注目されたアレシャンドレ獲得へ動くそうです。
チェルシーに目を着けられたら¥22億に設定されている移籍金は 何のガードにもならなくなりましたね。
彼にはミランも獲得の意思があると報じられてましたので、ビッククラブ間で争奪戦となりそうです。


マンU再びハーグリーブス獲得へ動くらしい?
この件マンUは辛抱強くバイエルンと交渉しているようです。
頑ななバイエルンも 代わりが見つかれば売却可能と認めたそうです。
1月に相思相愛のこの組み合わせが上手くいくでしょうか?
マンUはハーグリーブスが獲れなかった時は保険に、マンCのバートン獲得に切り替えるらしいです。


アストンビラがデフォーに条件提示へ
トットナムでポジションを確保できていないデフォーにビラが¥27億で新オーナーが気前良くオファするらしいです。
デフォーは伸び悩んでる感がありますね
環境を変えることが吉と出るか?


チャールトンの監督にパーデュー!!
不振のチャールトンのリード監督がわずか1ヶ月余りで解任され、後任は同じく不振のウエストハムを解任されたばかりのパーデューが就任するそうです。
ウエストハムの新監督はカービシュリーですし なんか不思議ですね
しかしパーデューは再就職が決まるの早かったですね
でも1シーズンに2チーム駄目にしちゃうようなことになるとスーネスと一緒になってしまいます。
ウエストハムは監督交代早々に上向き始めましたので、パーデューにとっての今後の指導者人生を賭けてもチャールトンを蘇らせたいところです。
[PR]

by beckham306 | 2006-12-26 00:42 | 欧州各国リーグ戦

昨夜の各国リーグ戦の結果あれこれ

各国リーグ戦と言っても僕はスカパーしか観てないので、プレミアとセリエAとなりますけど、
結果だけ見ると番狂わせは0でしたね。
まずはプレミアから・・

リバプールvsワトフォード
実力差が有り過ぎることもあり、当然とも云える一方的な内容
正直試合としては観ていて手に汗握るものではありません。
最近のリバプールはカイト、べラミーが固定され結果も出ていますが、どこか素直に喜べないものもあるんですよね。
結果は出てますが ジェラード、シャビアロにまだまだ一番良い時の らしさが戻ってこないからでしょうか?
先週カーリングカップでアーセナルと試合をして気持ちよく勝利してたりすれば違った見方もできたんですけど・・・ 
試合結果はべラミー、シャビアロのゴールで内容からして当然の2-0の勝利でした。

いつまでたってもすっきりさせてくれないペナントはこの試合も途中で退いています。
べラミーに替わって入ったクラウチはプレースタイルにも模索が感じられある意味焦りも感じます。
ベニテスはクラウチの放出の噂を完全に否定していて、現在の4枚のFWはシーズン後半を勝ち抜く為にも不可欠であると言っておられます。
確かにこのタイミングでクラウチを放出するのは、誰の為にもならないと思います。
クラウチは昨年の起用され続けながらノーゴールだった時の方がはるかにプレッシャーだったんじゃないかなぁと思いますけど もう一皮剥けて欲しいですね。

リバプールは単独3位をキープです。
26日のブラックバーン戦も気持ちよく勝って、1月には二-ルを譲り受けて下さい。


アーセナルvsブラックバーン
こちらは見応え十分でした
先制したのはブラックバーンでしたが、俺たちを怒らせると怖いんだぜ!とばかりにアーセナルは前半25分くらい迄に3-1にひっくり返してました。
アデバヨルは生き生きしてましたし、観てないですけど後半にはファンペルシーが2点入れてアンリ不在を感じさせない 6-2!で勝利。
解説の方が言ってましたけど、アーセナルって早くてテクニックがあって美しいプレーする選手だらけなのですが、ガットゥーゾタイプ?というか、気迫が前面に出る選手(リバプールにはジェラード!)がいないので、ここ一番踏ん張りが利かない状態が見受けられ、それは克服できるのはジウベルト・シルバだ!みたいなコメントがありましたが、この日のジウべルトを観ていると正にアーセナルに足りないタイプの役目を果たしていた気がしました。 

この試合のアーセナルを観ていると、先週のカーリングカップ リバプール戦は是非やって欲しかったなぁと思わせられました。


ウィガンvsチェルシー
2-0からへスキーの2得点で同点に追いつかれロッペンの勝ち越しゴールで辛勝です。

チェルシーはアブラモさんが移籍市場への投資を控えると語っていることが報じられています。
これからはアカデミー出身の選手、下部組織への投資から良い結果が生まれることを望んでいる みたいな発言をしたそうで、アブラモさんはこれまでのような情熱が薄れてきて、そろそろフットボールに飽きてきているのではないかとも噂されています。
常軌を逸した桁違いのオイルマネーを武器に急速に欧州屈指のクラブに伸し上がったチェルシーの凋落はもしかしたら意外に早く訪れてしまうかもしれません。


続いてセリエA
インテルvsアタランタ
11連勝が掛かったこの日のインテルはマテ、ズラタンが累積警告で出場停止。
先発FWはレコバ、クレスポでしたが、レコバは開始早々 またまたお怪我で勝手にプレーを止めてしまいました。
2試合連続でフル出場したとこ観たことないぞ・・・
突如出番が回ってきたのはアドリアーノで、その彼が超久々の同点ゴールを決めてくれました。

しかしこの日のインテルDFがボロボロでした
ドー二に先制の弾丸シュートを決められてからも、圧されっぱなしで、マテの不在が余計に際立ってしまった試合でした。
試合後にドー二はインテルがスクデットの相応しくないクラブだ!とコメントしてるように、この試合の特に前半はそう云われても仕方ない内容でした。
後半はフィーゴが投入され変わりましたけどね。

フィーゴはどうするんですかね?
1月に出るなんてことはないでしょうけど、今シーズン限りっぽいですよね。


ウディネvsミラン
カカ、ジラ、オリベイラの3ゴールで気持ちよく勝ちました。
ジラは泥臭いゴールでしたが、3試合連続ゴールですか?

ミランはボリエッロのドーピング検査での陽性反応により1月にFW補強はせざるを得ないと言われてますが、半年の期限付でカッサーノ獲得が噂されてますね。
但しCLでは使えないのがネックだそうです。
ラツィオからオッド獲得は確実?と書いてありましたけど、相変わらず実績のある年寄りを獲得する傾向が強いですねぇ
[PR]

by beckham306 | 2006-12-24 21:09 | 欧州各国リーグ戦

バルサ号泣少年、リケルメ、カペッロ、大久保

今日はリーガネタをいくつか・・

バルセロナの敗戦に号泣した日本人少年
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/headlines/images/20061222/20061222-00000038-spnavi-spo.html

CWCでのバルサ敗戦でバルサユニを着て観戦に来ていた少年の号泣写真が、あちらで大騒ぎになってたらしいですけど、とうとう見つかったらしいですね。
というか あっという間に見つけられるでしょうけど・・

まぁでもバルセロナの方達からすれば、あんなに強いご自慢のクラブが、遠い島国で応援してくれてる恐らく本物を始めて観る少年の目の前で無残にも負けてしまった訳ですから、
「少年よ バルサはいつもはこんなんじゃないんだよ  強いバルサを見せてあげるから!」
と思う気持ちになるのは解ります。 

この少年はバルセロナから現地にご招待されることになるみたいですけど、バルセロナにとっても日本の少年がバルセロナの試合結果に一喜一憂し、悲しみの涙を流している事実は敗戦の痛みを癒すものだった と綴られています。


ビジャレアル会長がリケルメに最後通告?
リケルメはほかのすべての選手同様にビジャレアルの1人の選手に過ぎず、クラブが要求することを守る必要がある。もし、その用意がないようなら私との関係が悪化するだろう。ビジャレアルから給料をもらっている選手はビジャレアルのために命を懸けて戦う必要がある」

ペジェグリーニ監督は20日から29日までチームにクリスマス休暇を与えているそうですが、アルゼンチンに帰国するリケルメはそれ以上の休暇延長を要求したらしいです。
そもそもペジェグリーニ監督とリケルメの間には確執があるらしく、今シーズンのチームの不調に関して、リケルメペジェグリーニ監督に不満を持っており、既に2人の間では会話すらなく関係は終わっている とも書かれています。

果たして29日の練習再開時にリケルメがアルゼンチンから戻ってくるでしょうか? 


カペッロ「11人全員交代まで考えた」
リーガでレクレアティーボ戦0-3で敗れたマドリーですがカペッロはこう語っています。
「説明の付かない事態だ」
「何が起きているのか分からなかった。私は(アシスタントコーチの)トーニに向かって『どうしたらいいんだ。11人全員交代させるか?』と言ったくらいだ」
「気持ちも努力も質の高さも、何ひとつ見られなかった」
「精神的に何かあったんだろう」
11人全員交代させるか?って言葉が出てくること自体 それほど切羽詰まってるとは思えないんですけど、マドリーの11人に代わるそれ以上の11人てどうゆう面子なんでしょうね

またカペッロは2年後には引退するとも語っています。
そして後悔していることは、10年前マドリーを出てすぐにミランに戻ったことだそうです・・・

マドリーはDFマルセロ、FWゴンサロ・イグアイン、MFガゴと3人の若手を相次いで獲得しましたが、後半戦のカンフル剤となるのでしょうか?


最後にJネタをひとつ
神戸4億円で大久保獲り!?
三木谷ポケットマネーでC大の大久保獲得に乗り出したらしいです。
既に横浜が獲得の意向を示してると報じられてましたが、あくまでレンタルが前提だそうですが、神戸はいきなり完全移籍でのオファです。
ちなみに大久保の年俸は推定5000万円で、完全移籍なら約4億円というJ史上最高レベルの移籍金がかかるらしい。
イルハンよりは働いてくれると思いますけど ちと高すぎないですか?
[PR]

by beckham306 | 2006-12-22 22:55 | 欧州各国リーグ戦

インテル冬の王者に!他リティとか

昨夜のリーグ戦 インテルはラツィオにカンビアッソ、マテのゴールで0-2で勝った為、年内2試合を残して冬の王者が確定しました。
これでインテルは脅威の10連勝中です。
その他 ミランが久々に3-0と気持ちよく勝利してますね

カーリングカップはチェルシーがニューカッスルをドログバのゴールで破ってます。
その他トットナムも勝利。


リトバルスキーがJ2福岡の監督就任!
個人的にはびっくりしました
ずっと交渉してたみたいですけど リティはどうなんでしょう?微妙な気もします・・
面倒を見てた横浜FCがいつの間にかJ1に上がってしまい、自らの力で何処のクラブでもいいからJ1に上げられることを証明したいんでしょうか?

同じくJ2落ちしたC大は都並が監督に就任しました。
ラモスの下にいても自分の為にならないことが解ったんでしょう
C大は名波がジュビロに戻ることはないと名言しましたが、V東京が触手を伸ばしてるとの話もあり、ジュビロには戻らなくてもC大に残留を約束する意味ではないようです。
大久保は案の定 横浜Fマリノスが獲得するなんて報じられてますね。
だとしたら彼は出て行っちゃうでしょうね。

FC東京はワンチョぺ!獲得を狙ってるんですか?
平山と競わせるらしいですが・・


アジア杯は今まで通り若手中心で
先日組み合わせ抽選が行なわれたアジア杯ですけど、オシムはこの大会の為に高原、俊輔、松井、中田コ、稲本らは招集せず、従来どおり国内組の若手中心であくまで2010年W杯を見据えた陣容で望む意向だそうで、目先の結果に拘らないとのことです。
それならそれでいいんですけど、どっちにしろなんか勝てそうな気がしないんですよね・・・
[PR]

by beckham306 | 2006-12-21 21:30