<   2007年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

去り人のお話 コクー、ペルッツィ、アラダイス・・

リーグ優勝も続々と決まり今シーズンも架橋に差し掛かってきましたが、去り人のお話も続々と具体的となってきています。
昨日劇的な優勝を遂げたPSVの主将も・・・

PSVのコクーが退団へ
噂になっていたコクーの去就ですが、やはり今季限りでチームを退団することを明らかにしたそうです。
移籍先はオランダ国外だとのことで既に20くらいのオファーが来ているとのことで、オーストラリア・AリーグのシドニーFCが有力視されています。
残り少ない現役を少しのんびりフットボールをやりたいってことでしょうね。
彼がバルサに移籍したときは、そんな凄い選手か?って思いましたけど、これは失礼極まりない考えで確かに凄い選手でした!


元イタリア代表GKペルッツィ現役引退
昨夜のローマダービーにも出場していたラツィオのGKペルッツィが、この試合の後、現役を引退することを発表したそうです。
ペルッツィといえば代表はもちろんリッピ時代のユーべでの活躍が華々しいですよね、いまやブッフォン一色ですけど・・・
この方 元々はローマでデビューなんですね、その後ヴェローナ、ユヴェントス、インテル!を渡り歩き、ラツィオでは01-02シーズンからプレーしていて何気にラツィオでの生活も長いんですね。
まぁ37歳ですから、引退も止む無しどころか、第一線でここまでよく頑張りましたって感じですね。
ご苦労様でした。


アラダイス ボルトンを辞任
8年間ボルトンを指揮してきた一癖も二癖もある監督もアラダイスが今期あと2試合を残してチェルシー戦の引き分けをもって辞任することが明かになりました。

アラダイスの退団は2週間程度前にクラブ側に伝えられ了承されていたそうです。
斜陽の中田ヒデを獲得したことでも有名な野村再生塾のようなアラダイスですが、予てから噂のあるイングランド代表監督就任への布石かと思えば、マンC買収提案を行なっているグループと新たな挑戦を企んでるとも噂されています。
この人 このまま引っ込むとは思えませんので間違いなく何かやってくれるでしょう。


最後に不穏なニュースを・・
10年W杯の代替開催地の候補に日本も・・・
FIFAのブラッター会長は、2010年W杯が不測の事態!!!で南アフリカでの開催が不可能!!!になった場合、代替開催地の候補の一つは日本であると語ったそうです。
この不測の事態とは「南アで自然災害などが起こった場合」と前置きした上での発言のようですが、ずっと燻り続けている特に治安面から南アフリカでの開催を疑問視する説が、また大きくなりそうな気がします。
今回プラッター会長が挙げた代替地は日本のほかイングランド、米国、メキシコ、スペインだそうです。
同じ南半球ということでオーストラリアなんかも噂になってましたよね・・・
 
[PR]

by beckham306 | 2007-04-30 22:02 | 欧州各国リーグ戦

エールディビジは得失点差1でPSV優勝

昨夜はローマダービーなんかをやってた訳ですが、あまり話題になってないようですけど わざわざ観るほどではないと言っては失礼ですが渋い試合でしたね。
トッティも2位を確定させる為、無理を押して出場してましたが、両チーム決定的な場面もあまり無く0-0でした。


その裏でエールディビジの最終節が行なわれていて、後半の途中あたりで放送されてることに気がついて観ましたけど、AZ、PSV、アヤックスの3クラブが勝ち点が並んで最終節になってたんですね。
得失点差で優位なAZはなんと3-2で負けてしまいました。
アヤックスは0-2で勝利。
PSVは前半2-1で折り返すもそのままでは得失点差で及ばない状態でしたが、後半3点の追い上げを魅せて5-1で勝利。
その結果なんと得失点差1の差でPSVが優勝を決めました。
最後の1点は今シーズン限りで引退の噂もある PSVを引っ張ってきたコクーのゴールです。

試合が終わった後AZは負けたので仕方ないですが、勝ったにも優勝できなかったアヤックスの選手のぐったり度は 無残なものがありましたね。
ダービッツなんかはサバサバしてましたけど、若い選手は立ち上がれなかったです。
そりゃそうですよね 1年間戦ってきてどこかであと1点入れていればよかった訳ですからね。
全ての選手が その時決めてれば・・・とか後悔してたんだと思いますよ。

負けたAZもぐったりしてましたけど、サポは暖かく拍手してたのは美しい光景でした。
PSV、アヤックス、フェイエのどれかが優勝するのが当たり前のこのリーグでAZは最後迄優勝を争った訳ですからね。
なんだかlんだ言ってファンハールは凄いです。
優勝したPSVもコクー亡き?後、来期どうなるのか注目です。後継者はセンデンですか?
毎シーズンそんなこと言ってて、なんだかんだ言って強いので心配は要らないのかもしれませんけど・・

エールディビジは優勝は無条件でCL出場ですが、2位~5位はプレイオフで権利を争わなきゃならない為 優勝とそうでないのとは大違いなんですよね。
このあたりの仕組みは他のリーグでも採用するとおもしろいのではないかと思うのですが、やる方としてはシーズン終了した後のプレイオフは2部落ち争いだけの×ゲームにしたいでしょうね。


話は変わりますが来期イングランドプレミア昇格はロイ・キーン率いるサンダーランドとバーミンガムに決定だそうです。
ファーガソンvsキーンなんてのが早くも観れちゃうんですね(怖・・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-04-30 12:55 | 欧州各国リーグ戦

トーニがバイエルン!?ザルツブルグ優勝 

トーニがバイエルン行き!?
トーニがバイエルンへ契約期間5年 移籍金¥27億で合意と報じられています。
金曜の晩にバイエルンを訪問し決断したらしいです。
決め手はイタリア国内のフィオのライバルクラブへの移籍ではないことがフィオ側の条件で、トーニはCL出場できるクラブであることが条件だったそうですが、だとするとバイエルンは来期CL出場は厳しいですよね?
このお話はやはりガセ?

そのバイエルン 昨夜の試合もHSVに逆転負けを喫しており、3位シュツッドガルトは勝利し暫定2位浮上し消化の少ない3位のブレーメンとも7P差となっており、残り3試合で3位になるのは奇跡が起こらないと難しい状況に追い込まれています。
バイエルンはクローゼとの接触も取りざたされており、来期は大幅な刷新が行なわれそうですね。


ザルツブルグがリーグ優勝を決める
宮本、三都主が所属したことで日本では一躍認知度の上がったザルツブルグですけど、オーストリアブンデスリーガで優勝を決めたそうです。
トラッパットーニは4カ国(イタリア、ドイツ、ポルトガル)のクラブで優勝した監督となるそうです。
ちなみに優勝を決めた試合でお二人さんは出場していません。
地味なリーグで信じられない、面子を揃えるこのクラブですが昨期は2位だったんだそうで、それでもCL予備戦に出場してましたから、2位まで枠があるんでしょうか?
オーストリアブンデスで優勝でもCLは予備戦2回戦からの出場だそうです。
今期は3回戦でバレンシアに負けて本戦出場権を逃してました。

三都主はヨーロッパの舞台に立つことができるのでしょうかね?
[PR]

by beckham306 | 2007-04-29 20:41 | 欧州各国リーグ戦

昨夜のリバプールはどうでもいいとして、ルーニーはあそこまでしていいものか?

ポーツマスvsリバプール
来期CL出場圏を確定していて且つCLを控えて露骨に面子を落として望みます。
ファウラー、デュデクが観られるのは うれしいことですけど、パレッタ、インスアそしてヒーピアのDFはかなりチャレンジな感じです。
彼のせいだとは思いませんがデュデクが出場した試合は今期殆ど勝利してないのでは・・・

試合はクラブ史上初の欧州カップ戦圏内が見えているポーツマスがやる気満々!
日本ではお馴染み ポーツマスでは出場機会が少なく移籍を仄めかしているニコ・クラニチャールのゴール等で前半で2-0となり、案の定若いDFはボロボロです。
特にパレッタ君には試練でしたね。

後半持ち直しましたけど試合は2-1で負けるべくして負けちゃいました・・・
この日のもう一人のFWはべラミーでしたので、CLはカイト、クラウチということでしょうね・・・


このどうでもいい内容のこの試合の前に、壮絶な戦いが行なわれてました。
エバートンvsマンU
後半早々2点目を追加し なんと2-0でエバートンがリードです。
これはいけるかぁと思った矢先に、ここまで気合だけで頑張ってきた若手GKターナー君が痛恨のミスでオシェイにゴールを許してしまいます。
ここからはファーガソン劇場でした。

満を持してCロナを投入すると、その直後よりによって元マンUのフィル・ネビルのOGで同点!
その後は元エバートンのルーニーのゴールで逆転!
終了間際に追い討ちを掛けるようにルーニーが時間稼ぎの馬鹿にしたかのようなフェイントの連続でボールキープを始めるとスタジアムは暴動寸前の雰囲気に!
彼の古巣相手にあれをやってしまう神経は図太いを通り越してると思いましたね。
間違いなく街を歩けないでしょうね 刺されますよ
 
最後の最後にこの試合が初出場?のイーグルス君に綺麗な駄目押しゴールを決められ、本当にモノが投げ込まれ始めて試合終了・・

同時刻に行なわれていたチェルシーvsボルトンが2-2のドローで終わった為、マンUは価値ある優勝を確信する逆転勝利となりました。
ボルトンも欧州カップ戦行きに貴重なドローです。
そのボルトン アラダイスはどうやら今期限りで退団のようです。
もしかしてイングランド代表監督ですか?


これでモウリーニョはどうやらプレミア獲得には白旗を挙げたようです。
しかもCLでバラックに続き、頼りのリカルド・カルバーニョが負傷で使えないことになりました。
リバプール相手にカルバーニョ不在で今期負けてますので、モウリーニョは頭が痛いでしょう。
1stlegも彼のフィードから得点しましたしね。

リバプールはジェラード、キャラガー、レイナをポーツマス遠征にも帯同させず休ませてますので、今シーズンの集大成のような試合を魅せてもらいましょう!
[PR]

by beckham306 | 2007-04-29 19:55 | 欧州各国リーグ戦

ポポルスキー!シセ!気になる話題

ポポルスキー チェコ代表監督に
これはびっくりしました。
8月のオーストリアとの親善試合からチェコ代表監督として指揮するそうです。

ユーロ96のチェコ準優勝のスター選手として一躍マンUに引っ張られましたがベッカムにポジションを獲られベンフィカに去り このまま終わるのかと思えばラツィオに来て大活躍。
忌まわしい思い出としては勝てばインテル優勝の試合でインテルを奈落の底に突き落としたのがポポルスキーでした。
その後母国に戻りましたがドイツW杯でも選手として出場してましたからねぇ
顔がグレッグ・ノーマンに似てると思うのは僕だけでしょうか?

しかしイタリアはドナドーニだし、チェコはポポルスキーだし なんだか時代が変わっていきますねぇ


シセ リバプール復帰かも?

12月に骨折から復帰しマルセイユでレンタルでプレーしているシセですが、最近調子を落としているシセを買い取るつもりがないようです。
その場合 リバプールに戻るかもしれないとう記事がありました。
シセが再びリバプールでプレーするところは観てみたいですが、今のリバプールでは居場所は無さそうですね


デュデクはご立腹
リバプールの今や完全な控えGKデュデクは、飼い殺し状態のこの1年ベニテスに対して怒り心頭のようで、今季限りで退団を明言しているようです。
CL優勝GKが突然控えGKですからね 
もっと早く決断しても良かったと思うんですけど・・・・


ジエゴ、サビオラがマドリー?
サビオラの移籍先がよりによってマドリーであると噂になってますが,代理人は否定してますけど、そうゆう移籍はなるべくしないほうがいいと思いますけどね。
きっと 今後いろんな場面でつらい目にあうでしょうからね

そのマドリーは司令塔にブレーメンで大活躍のジエゴを狙ってるとも報じられてます。
こちらも実現する可能性はあまり高くないような気がしますけどね・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-04-28 03:16 | 欧州各国リーグ戦

UEFACUP SemiFinal1stleg

UEFACUP 準決勝1stlegの結果です。
大半の方が望んでるであろう?決勝の組み合わせとは相反する驚愕の結果となっています。

エスパニョール 3 - 0 ブレーメン
オサスナ 1 - 0 セビージャ


ブレーメンがアウェイとは云え3点獲られるとは誰も予想できないのではないでしょうか。
エスパニョールは懐かしい響きバンディアーニが決めてくれちゃってます。
バンディアーニと言えばラコルーニャ時代にCLでミランを4-0で叩きのめした時のゴールが記憶に残っています。
普段リーガを観てないので懐かしい響きです。
YouTubeのダイジェストを見る限り、ブレーメンは後半早々一発レッドで10人になるなどアンラッキーの連続のようにも見えます。
3点差ありますがホームで逆転は夢ではないような気がしますが、クローゼのバイエルンとの極秘折衝の件がチーム内の不協和音となっているのであればそれはそれでよろしくない雰囲気なんでしょう。
ただドイツのチームはこれくらいでは諦めないと思いますけど。


そしてもう1試合ディフェンディングチャンピオン セビージャがオサスナに負けちゃってます。
こちらもまだ解りませんけど、決勝がエスパニョ-ルvsオサスナっていう興行的にも盛り上がれなそうな組み合わせが現実となる確率はかなり高そうです。
[PR]

by beckham306 | 2007-04-28 02:29 | 欧州カップ戦

CL SemiFinal チェルシーvsリバプール

互い手の内を知り尽くしたこの対決
堅い内容で しかももの凄くレベルの高い試合でした。

ダイレクトパスをバンバン繋げるリバプール
それをゴールに結びつけず ほんの少しのミスも逃さず一瞬の隙から一気にカウンターを仕掛けるチェルシー
徹底的にマークしなければ 必ずやられると解っていながら抑えなれないドログバ

この試合もコマッタ時のドログバに結局やられてしまいました。
カルバーニョ→ドログバ→Jコールで一瞬のうちに決められてしまいました。

ボールは圧倒的にリバプールが支配してるというか、保持してる時間が長かったと思います。
しかし決定的場面は殆ど無かったですね
致命的だったのははチェルシーからすればサイドが怖くなかったことではないでしょうか?
正直な印象としてゼンデンは脅威となってませんでした。
このレベルの試合では役不足なのは否めません。
好調ペナントはなぜ使わなかったのでしょうか?
ここにきてルイガル、キューウェルの穴を実感することになった気がします。
マスチェラーノは2部落ちしそうなクラブでベンチ入りもさせてもらえない状態だったのに、CLの準決勝の舞台に立てるなんて凄いギャップだなぁと・・・
しかしチェルシー相手にあんなパス回しを展開できるチームは数少ないでしょう!
つくずく凄いクラブなんだと云うことも実感しました。


チェルシーはバラック負傷は結果オーライだったのではないでしょうか
シェバもいなければもっと手ごわいかもしれません(笑
本当に怖いのはドログバだけですが、その裏でマケレレなんかは相変わらず地味に効いてました。


両者それを認識してると思いますが、前半が終わったに過ぎません
まだどうなるか解りませんよアブラモさん・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-04-27 01:34 | 欧州カップ戦

CL SemiFinal マンUvsミラン

マンUvsミラン
多分朝起きて観たんだと思います
3点目のルーニーのゴールは確実に寝てましたが・・・

TVを点けてから途中途中 ウトウトして夢の中で何故か選手としてこの試合に参加してました(笑
マンUの一員としてCK蹴りましたから!
ミランの一員としてゴール前に転がってきたボールを超しょぼいシュートをしてGKに抑えられ ジラと思われる味方がめちゃくちゃ怒ってたのも覚えてます(笑)

そんな幸せな状態だったのですが・・・ この試合の印象としてはミランの老練さというか経験の差がすごく頼もしいというか、このレベルでこの貫禄があるクラブってあまり存在しないだろうなぁと思いました。
先取点こそ獲られたものの逆転した後はもうミランのペースだなぁと感じましたけどルーニー、Cロナという突出した飛び道具はそれにも増して特別でしたね。
同じくミランはカカが別格感を出してましたし、下馬評通り今をいまをときめく若手3人の活躍が際立ってました。

しかしエインセは怪我が多いことが納得しました。
熱いプレーはとってもいいんですけど無防備というか 無理に身体張り過ぎじゃないですか。
もう少し自分のこと心配したほうがいいと思っちゃいました・・・

ミランはこの試合は特に悪くはなかった(覚えてないだけか)ですけど期待したほどでも無かった3つのクラブでCLを制覇してるセードルフの出来が大きなきキーになると思ってましたけど、良し悪しの差が激しい彼は2ndlegで状態がどっちに転ぶでしょうかはキーになるでしょうね。
あとはFWは深刻ですね。
あんまり云いたくないですけどジラはピッチに存在してたことすら記憶に・・・

ただこの試合 ここまで正直パッとしてなかったミランですが、こんなこと言ってはなんですが見直しちゃいましたよ。
根拠はないですけどサンシーロでは大丈夫な気がします。
アウェイゴール2点はとても大きな意味があると思いますし、 サンシーロではイタリアっぽい試合をして1ー0もしくは2ー1で勝ち上がるなんて気がしてます。

なんだか決勝はリバプールvsミランが実現しそうな予感(願望)がしてきました。


さて今夜はいよいよチェルシーvsリバプールですけど、モウリーニョはリバプールが有利だとか訳の解んないこと云ってるみたいですが、確かにチェルシーは怪我人、累積警告が多いですが、リーグ戦カップ戦を勝ち抜くだけの世界屈指の陣容を抱えてる訳ですから、挑発だとしてもそんなこと言って欲しくないですね。

実はスタンフォードブリッジでは点が獲れてないリバプールですが、そろそろそのジンクスも破ってもらって1-1もしくは1-2くらいでの勝利を期待したいと思います。
[PR]

by beckham306 | 2007-04-25 22:03 | 欧州カップ戦

インテル優勝!

こんな重要なネタなのに投稿が遅れ気味で悔しいです・・・

先週ローマ戦を落として、このシエナ戦はインテルが勝ってローマが負けることが優勝の条件とハードルが高くなってしまった訳ですが、それよりこの試合で突然元のインテルに戻ってしまい
負けるようなことでもあれば、正直悪夢の再来を密かに恐れていただけに、インテルはまたまたクルスの疑惑?のPKを含む1-2で勝利し、ローマはヴィエリの出場したアタランタに敗戦と、見事に嵌ってくれました。
これがヴィエリのゴールでローマが敗戦なんてことであったなら、どんなに良かったことか・・・

レコバが入ってきて歓喜のゴールシーンでも観られるかと思えば、全くフィットしてないし・・・
クルスが追加点の決定機を決められなかった時は嫌な予感がしましたが、それよりトッティのいないローマがマンU戦の大敗の時に逆戻りしてしまったかのようでした。
終盤フェラーリは一発レッドだし、プッツリ糸が切れてしまった試合でした。
やはりローマ、スタメンから二人以上選手が入れ替わってしまうと極端にパフォーマンスが落ちるところを露呈してしまいましたね。

まぁでもサンシーロで優勝の瞬間を見たかったとは思いますけど、今節で決められて本当に良かったと思いますよ。
ズルズルいくとこのクラブはどうしても負のスパイラル方向を想像しちゃいますからね

優勝メンバーの皆さんはフィーゴを除いて来期も残留してくれるのでしょうか?
レコバは?クレスポは?
そんなことは今は止めときましょう。
ホッとしたというのが正直な感想です。



その他スコットランドプレミアはこちらも独走セルティックの優勝が決まりました。
それも後半終了間際のFKを俊輔がドカンと決めて!
リーグの今年度のMVPだそうで、おめでとです。
代表でもマンU戦のFKみたいなの決めて下さいね。


そしてもうひとつ注目してたのはニューカッスルvsチェルシー
チェルシーは勝てばマンUに肉迫するところだったのが、ニューカッスルのこんな時期に頑張り出してどうすんだよ的な気迫のこもったプレーで0-0。
マンUはホッとしたでしょう。
この試合バラックが負傷交代しましたので、CL出場はどうなんでしょうか?

その他リーガはバルサピレスのゴールでビジャレアルに負けて1位から3位まで1P差の大混戦です。
驚いたのはリーガは最終戦が6/7!なんですね 
まだ7試合もありますので どうなるか全く解りませんね。
[PR]

by beckham306 | 2007-04-24 00:56 | 欧州各国リーグ戦

MOTORAZR

c0045502_19572338.jpg


4月に入ってプチ部署異動があったのですが、来て見たら大混乱?してる部署で一転セブンイレブン生活になってしまいました。
あまり若くないので会社に泊まりこんで・・なんて体力も(気力も)無く、ブログも朦朧としながら書いております。
日頃の鬱憤を晴らす?かのように、ふらっと寄った家電量販店で予ねてから気になっていたベッカム携帯DocomoのMOTORAZR(M702iS)を購入してしまいました。

こんな新しくもなんともない機種を何故今頃買ったのかというと、ベッカム携帯だから!というのが理由の殆どです・・・
このMOTORAZR 質感はメチャメチャ良いですけど機能は一昔前の携帯で本当に格好だけです(笑
まぁ別にImodeでサッカー情報見たりするのと、メールを使うだけですから僕には十分なんで、基本的には機種を替えるときのポイントはその端末が格好良いかどうかだけです。
元々Vodafoneのある端末を使っていたのですが、会社からソフトバンクの携帯が支給されて、これは変え時だぁぁとMNP予約しちゃいました。
そして新規¥0の店で購入です。

今までもNokiaの端末なんか使ってきましたので、操作性が変はのは気になりませんけど、まぁ所謂日本人の感じる痒いところに手が届く的な機能は省かれてますね。
これでもDocomoがあーでもないこーでもない仕様変更要求をしたんでしょうけど、突然これを渡されたら戸惑うでしょうね。

ワンセグなんてとんでもないです。モバイルスイカも出来ませんし、フルブラウザも対応してません。
如いて言えばカメラだけはもう少しまともな画素数のものを付けて欲しかったです。
今時130万画素なんて主流のパーツじゃない(それは国産だけか)と思うので、逆にコストが高いんじゃないかと思っちゃいます。

但し外観の質感、重量感は国産の端末とは比較にならない良いモノ感があります。
あと 薄っぺらい端末は邪魔にならないことを実感しました。

色はシルバー、ブラック、ピンクとあるのですが、正直ピンクが一番格好良いです。
5年くらい前ならピンクを買っちゃってたと思います・・
ドルガバのゴールドとか、Ipodなんかと共通のレッドも発売されたりしますが、妥協じゃなくて黒はマットな感じの色で渋く、それなりに気に入って買いました。

デザイン、質感、色を追求した端末って、それなりに需要があって、結構な値段で売れそうな気がしますので、機能ばかりでなくそうゆう方面にももっと力を入れて頂ければと思います。
[PR]

by beckham306 | 2007-04-22 20:48 | 携帯