<   2007年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

唐突ですがアトレティコって・・・

数日前にシュスターが望んでレジェスのマドリー完全移籍が決まったかのような記事を見たと思ったら、レジェスは同じ町のアトレティコに行くことになったそうで・・・・
しかしレジェスって本当自分のことしか考えてない男ですよね
行く先々で周りにいる人達はがっかりさせてるような気がしてます

そんなレジェスの入るアトレティコ・マドリーですが、毎度人の出入りの激しいオフシーズンとなっています。
Fトーレス、ぺトロフを放出して大打撃を受けたと思いきや、入ってきたのは凄いです。
シモン・サブローサ、ディエゴ・フォルラン、ルイス・ガルシア、そしてホセ・アントニオ・レジェス
スゲェ!!!
とても慢性的な財政難でビセンテ・カルデロンの売却移転問題なんかで揉めてるとは思えません!
これにクアレスマを狙ってるなんて話も出てましたよね・・・
シーズン始まる前から全開って感じです
あとはいつものように失速するばかりなのでしょうか・・・

アグエロ、ミスタ、マニシェ、リュクサン、コスティーニャ・・・・と
なんで優勝に絡めないのか不思議なくらいな面子のアトレティコ
10年以上優勝してないばかりか、5,6年前には2部落ちも経験・・・

なんだかんで言ってシーズンが終わる頃にはUEFA杯圏内に必死にしがみつく展開が見えてしまうのは何故でしょう?

ルイガルも喜んでアトレティコに戻って行きましたし、スペインにおいてのこのクラブの引き付ける魅力ってのはどうゆうとこなんでしょうかね
スペインの阪神タイガースみたいなコアな魅力があるんでしょうか?

今ひとつこのクラブの本当の魅力と実態が理解できないんですけど・・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-07-31 23:45 | 欧州各国リーグ戦

アジア杯も幕を閉じ・・・

アジア杯決勝サウジvsイラクはという時が時なら結構危ない組み合わせのこの試合、セットプレーでしか得点できないイラクが制しました。
これはこれで政治的にも嬉しい誤算ではあるのではないでしょうか?
イラクの監督さんの嬉し涙の目には、お金の山が写ってるように見えました(笑
中東諸国からは早くも引く手数多のようですね。

アジア杯は次回2011年はカタールで開かれます。
そしてその次の2015年大会はオーストラリアが立候補する意思があることが報じられてます。
オーストラリアでアジア杯ですか・・・・



カッサーノはザルツブルグへ?
ソラリとトレードされる噂もあったカッサーノですが、噂のあったインテル、ミラン、フィオ何れも潰れたらしいです。
そして行き先は彼をイタリア代表に起用したトラッパットーニ率いるザルツブルグが濃厚と報じられています。
三都主のクロスにカッサーノが走りこむなんて光景が見られるのでしょうか?
その三都主は9月の代表 スイス、オーストリア戦で召集されると思われますが、オシムに格の違いを見せ付けることができますかね?


パトはミラン入り濃厚?
レオナルドが現地で交渉をしてるそうです。
そして移籍金32億で18歳になる2008年1月にミラノへやってくることが濃厚だと報じられています。
カカと同じ道を辿ることができるのでしょうか?


アーセナルvsインテルはアーセナル勝利
エミレーツ杯での対戦 インテルはスアソのゴールで先制するも、フレブ、ファンペルシのゴールで2-1で負け。
この試合さっそくキブーが出場したそうです。
インテルは2連敗となってしまいましたが、1戦目のバレンシア戦を見る限りあまりに調整不足で、このままシーズン突入したら、間違い無くとんでもないことになりそうです。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-31 00:13 | 欧州各国リーグ戦

バレンシアvsインテルを見て思うこと 他

インテルvsバレンシアを観て思うこと
エミレーツカップのバレンシアvsインテルを観たのですがアジア杯を見慣れていたので、シーズン前とは云え久々に見る欧州のトップレベルのプレーに胸が透く思いがしました。
この試合 インテルはアルゼンチン組が合流してないこともあり、まだ全然調整できてないなぁ
って感じでしたが、そのせいか一方のバレンシアはなんかいい感じでした。
バレンシアのプレーを観ていてオシムの言うボールを走らせるというのはこうゆうことなんだろうなぁと素直に思えました。
こうゆうプレーが観たいんですよ
延長やPKまで何時間も後ろ向きな試合を魅せられるのが、どれだけストレスなのかこの試合を観ることでよく解りました。

はやく欧州のリーグ戦始まらないかなぁ・・
とは言うもののセリエA、プレミアの放送予定決まってないんですよね・・・


話は戻りますが、この試合インテルはマテがボールを持つ度にブーイングを浴びてました。
イングランドの方々にとってマテはどのような対象なんでしょうね?
単にジダンの事件の影響だけなのでしょうか?
ちょっと気になりました

インテルは見るべきところは無かったですね
スアソはやれそうだなぁ・・って感じくらいでしょうか
アドリとスアソ組んでも駄目そうでしたが・・・
ソラリが出場してましたが、カッサーノとトレードでマドリーに戻るお話があるそうで・・・・
彼も中途半端な選手人生を送ってますよね
出て行って欲しい訳ではないですが、例えばビジャレアルとか中堅クラブに行ってスタメンでプレーしたほうがいのにと思います。
どうでもいいですけどはカッサーノ必要ですか?

バレンシアはおもしろいようにパスが繋がり、凄い強いチームに見えちゃいました。
モリエンテスも元気そうで何よりでした。


今アジア杯のFinalをやってるところですがスルーしてます。
そういえば韓国の監督さんが辞任するそうですね。
もうやってらんないって感じなんでしょうけど、ヒディングが監督した国はその偉大さ故 オーストラリアしかりヒディングというドーピング効果の後遺症に悩まされてるところがありますよね。
日本はこれまであれほど立派な監督さんに見てもらったことがない(笑)ので、そうゆう目にあってはいないですけど、成果としてドーピングしたことが感じられないですけどオシムの後もかなり大変なんだとも思います。
韓国の後任監督にイラクを決勝に導いたブラジル人監督が色気を見せているそうですが・・



だらだら書きましたけど、更新できなかったここ数日に気になった話題をいくつか

キブーは結局インテルへ
あれだけゴタゴタすれば残留もしずらいですよね
移籍するにもイタリアを出ることは考えらなかったなんて言ったらしいですけど、代理人に翻弄されたのか良く解りませんが、ローマサポからはそれなりの仕打ちが待ってそうな移籍です。
インテルにとってはキブーのような実績のある若手DFが加入することは願ってもないことですけど移籍金も24億まで高騰したことですし、結局一番得したのは代理人でしょうか?


シュスターがバラックに興味!
べルナベウで見てみたい選手の一人だ!金額は関係ない!
と語ったそうです。
シェバとバラックはどう転んでも驚きませんけど・・・

ちなみにシュスターレジェスを完全移籍で獲得したそうです。
アーセナルはこれにより14億を手にしたとのこと。
レジェスは数日前迄マドリーに残れない場合リヨンに行くような噂があったばかりでした。


カペッロはTV解説者に
マドリーを解任されたカペッロの再就職先が決まりました。
イタリアの国営放送RAIのコメンテーターだそうで、イタリア代表の試合とCLの解説をするそうです。


リバプールはポーツマスにPK負け
香港で行なわれたいたトーナメントの決勝でリバプールはポーツマスと対戦し、スコアレスドローでPK戦の末敗れてしまいました。
PKを外したのがFトーレスだそうで・・・・
こんなこと早く忘れて、普通のゴールを決めてくれ


サンタクルスはブラックバーンへ
バイエルンの補強の仕方を見れば、自分の居場所がないことくらい誰にでも解るでしょうからね。
ただイングランドでプレーするサンタクルスはイメージが湧かないです。
スペインとか行ったほうが良かったのでは?


小野伸二にフェイエも触手を
やっぱり出てきました 
ファンマルバイクが復帰して小野をアヤックスに持っていかれるなんて指を咥えて見てられないでしょ。
もし本当にオランダに戻ることができるならフェイエに行くのが筋だろうな
[PR]

by beckham306 | 2007-07-29 23:19 | 欧州カップ戦

3決 日本vs韓国

この3日程夏休みを取って伊豆方面へ旅行に行っておりました。
宿のある場所が携帯もあまり入らない仕事も忘れられる良い場所(笑)でブログの方も更新どころか、TBのお返しも滞っている状態で失礼させて頂いております。ご容赦下さい。

さてアジア杯3決の日本vs韓国 18時にはまだ天城峠を越えたあたりだったので、試合開始には間に合わないかなぁと思いながらも、21時半には家に着いたので観る事ができました。

結果0-0のPK負けという 羽生の痛々しい姿を見ることになってしまった訳ですが、彼があそこまで項垂れることなどないことは誰の眼にも明らかで、一言で感想を言うとオシムジャパンはなんか自ら出口を探すことが難しい迷路に迷いこんでしまったような気がしましたね。
試合終了後 俊輔のインタビューで内容は悪くない、ペースは握っていたかの発言がありましたが、当事者には決定力不足?運の無さ?だけが問題だと認識されてるような気がしたのがとても気になりました。
内容も駄目ですよね?

今大会お約束の審判の一人芝居で不運にも韓国は一人少ない状態で試合をしなければなりませんでしたが、この大会の韓国は11人だったとしても、本来それ程脅威ではなかったはずです。
10人の相手に対して延長含めた120分で決着をつけられない内容の試合を日本自らが展開していました。
何と言ったらいいんでしょうか・・・ ゴールを決めることが最大の目的であるフットボールをやってないですよね。
いまでは恥ずかしい限りの事実上の決勝戦と言われたオーストラリア戦を勝ち抜き、サウジに3失点をし、韓国にも1点が奪えず得意?のPKでさえ負けてしまった日本にシード権の資格はやはり無いのかもしれません。

一方の韓国は決勝Tの3試合で1点も獲らずにPKでの3位で次回アジア杯シード権を獲得してしまいました。
これはこれでどうかとは思いますが、今大会の韓国は面子的にもどん底で、これより酷い状態は考えずらいと思いますので日本より資格有りでしょうか・・・

あと今後アジア杯は考えてもらいたいのは、審判問題ですね。
今日の主審もあまりにも酷すぎますよね
試合レベルも高くないことが多いのに、輪を掛けて審判がメチャクチャだからもう・・・
今後はアジアの人が笛を吹くのは止めましょう
今日の試合を観てプラッター会長も同意してくれると思いますよ・・

最後にオシムの選手起用は予選リーグから、面子を固定し、途中交代の選手も同じようなタイミングで同じ選手を使って一貫したところを見せていました。
しかしこの采配 特に途中交代のタイミング、投入した選手は結果的に観れば当たりませんでした。
W杯予選に向けた育成の途上なんだとは思いますが、少し方向性、バリエーションに変化は必要を感じたのですがオシム的にはこの内容、結果で自らのプランに変更はあるのでしょうか?
8月末には親善試合カメルーン戦なんかもありますけど、欧州組は呼ばないでしょうから、どうゆう変化があるのか気になるところです。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-29 01:42 | 各国代表

こんな中途半端な負けっぷりを見せつけられるとは・・・ 

なんとも中途半端なところで、中途半端な相手に負けてしまいました・・・
サウジをボロクソに貶してた僕としては、有り得ない結果です。
サウジのゴールへの直線的な攻撃とは対照的な日本・・
横パス、バックパスのオンパレードで、ゴールに向かってボールを蹴る機会があまりにも少なすぎる印象がありました。

先制されて追いついた時の中澤の気合は凄まじかったです
頭が下がる思いです
試合終了後に彼は何を思ったでしょうか
俺はこんなところで終わる為に復帰したんじゃない!って自問していたのではないでしょうか?
阿部にしろ どんなに気持ちの入ったプレーをしてても、3失点すれば 起こる奇跡も起こせないですよね・・・・
理由はどうあれ3失点は酷いです
流石のスシボンバーが炸裂したとしても3点は厳しいでしょ

そして今回の代表は(に限らず?)控えの層が薄かったことは否めないですよね
あの時間に出てくるFWが矢野だもんな・・・

戦ってる本人達が最も感じてるんでしょうけど、これでいいの?って感じです
悔しいとか そんな気にもならない不完全燃焼な脱力感・・・


準決勝のもう一組はイラクがPK戦の末韓国を破り、決勝は中東対決となりました。
次回アジア杯シード権がかかる3決は、よりによって日本vs韓国に・・・
いろんな意味で面倒臭ぇぇぇ


もしかしたら中澤 また代表引退しちゃうんじゃないの?
[PR]

by beckham306 | 2007-07-26 01:00 | 各国代表

リュングベリがウエストハムへ!アヤックスが小野に?

リュングベリ ウエストハム移籍・・・
これはアーセナルサポでない僕でもショックですね
アンリが去ったことでこのチームの終わりを感じた」
なんて嘘か本当か解りませんけどそんなコメントがありましたが、
ベンゲルが築き上げたアーセナルの全盛期はまさしく終焉を迎えた感じです。

フィオ行きなんかが噂されてましたけど、同じプレミアのクラブへ行くとは・・・
アーセナルと対戦するリュングベリを見るのは、アーセナルサポにとってはあまりにもつらいことのような気がします。
リバプールのルイガル移籍と被るのですが、リュングベリの代わりが勤まる選手もそう簡単には見つからないはずです。
それが理由ではないのかもしれませんが、30を超えた選手は契約延長は1年単位というアーセナルの姿勢が良い方向になってるのかどうか疑問です。


アヤックスが小野に興味?
ダービッツが骨折で全治3ヶ月の為、その間の穴を埋める候補としてアヤックスは小野を候補に挙げていると報じられています。

先日のマンU戦以後脚光を浴びている小野ですが、全てガセネタかもしれませんが急にどうしちゃったんでしょうね?

オランダでは確固たる実績がありますから、本当に必要なら獲得に躊躇する理由はありませんけど、フェイエサポは怒るでしょうね・・・

それでも本当にチャンスがあるなら是非プレーしてきて欲しいですけど・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-07-25 01:09 | 欧州各国リーグ戦

サウジが強いとは思えない

昨夜 アジア杯ベスト8 2試合を大雑把に観ました。

まず韓国vsイランですけど、これは日本vsオーストラリアと共に本来?ベスト4の対戦にしたい組み合わせです。
試合は雨の中グタグタのピッチの状態そのままに泥沼から抜け出せない試合展開。
ザンディ、マハタビキア、カリミ、ハシェミアンを擁するオーストラリアが加入する迄はアジア随一のタレント揃いのイランには気の毒なコンディションでした。
見所はイランの延長後半終了間際で3枚目の交代枠で出てきたPK専用GK!
どんなスーパーセーブを見せてくれるのかと期待してたら、これが超期待はずれでした。
動くのが速すぎてキッカーに読まれてる・・
韓国が持ち前のしぶとさで、なんだかんだ言って勝ち残ってしまいました。

韓国は準決勝イラクと対戦です。

そしてもう1試合 日本との対戦相手を決めるサウジvsウズベキスタン
ウズベキスタンは、アジアっぽく無かったです。当たり前ですけど・・
ベラルーシとかグルジアとかユーロ予選に出てくる地味だけど、簡単には勝てない国々の雰囲気バリバリ
その中でもディナモ・キエフのシャツキフは存在感抜群!
ウズベキスタンのシェフチェンコでした

対するサウジは、これが強いんですけど相変わらずなんですよね・・・
多分この国は20年先もこんなサッカーやってるんだと思いますよ。
こんなチームがW杯に出場するのだけは、本当に阻止しないといけないですよ
絶対通用しないです、アジア枠が無駄です。
日本と対照的にゴールへ真っ直ぐ向かう姿勢、とにかくシュートまで持っていくというところは大いに学んでもらいたいですが、何といったらいいんでしょうメンタリティの問題なんでしょうか?
2点差つければ、もうやる気無し、かといって1点獲られると超バタバタ!
この試合も開始早々サウジが先制してしまい、その後両者撃ち合いの見てる分にはおもしろい試合なのですが、ウズベキが1点返す前にサウジが追加点で万事休すって感じでした。
しかし余裕のサウジも、後半終了間遅まきながら1点返すと、もう形勢逆転でサウジは落ち着きをとたんに失います。
ウズベキが先に同点にしていれば、もっとおもしろかったのになぁと思いましたね。

結局サウジがベスト4進出で日本との対戦相手になりました。
正直ウズベキとの対戦の方がすっと観てみたかったと感じましたよ
サウジなんかには絶対負けてはいけないと思いました。
オーストラリアにあまりに申し訳ないです。

そして決勝はメディア的には盛り上がりを期待するなら韓国なんでしょうね
個人的には日本とイランとの対戦を見てみたかったんですけど・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-07-23 23:58 | 各国代表

ベッカム デビュー! 他

キューウェル アジアの難しさを痛感?
すっかり悪役として認知されてしまったリバプールの羽賀健二?ハリー・キューウェルは敗戦後
「これからは、アジアに対して異なるアプローチをしていくことになる。アジアでの戦いがどういうものか、それがどれほどハードなものか、これでよく分かったよ」
大会前の楽観的な認識を悔いるコメントをしています。

これだけのスター揃いのベストメンバーでアジア杯に望んでくれたことは、観る側にとってはありがたいことでした。
優勝すればコンフェデ出場という舞台を踏めることもあり、ここはとりあえず優勝しとくか!的な気持ちがあったことはが否めないんでしょうね。

オーストラリアは代表として本当のシビアな戦いは、実質W杯プレイオフの2試合以外に経験する場が無かったという自らの立場をあまり理解してないのかもしれません。
アジアは彼ら個人個人のプレーしている欧州のリーグとは格段に劣るレベルですが、中東、東アジアの同じ括りでは語れない国々との対戦そして気候、欧州でのプレーとは異なる戦いを制していかなければ、自分達の普段プレーしている国々と戦える舞台に立つことができないことを少しは理解したかもしれません。
今の正直な気持ちは 大変なところに転籍しちゃったなぁ・・・って感じかも

一方アロイージ
「自分たちは、相手の方が慣れている気候条件でアジアカップを戦い、運悪く負けたということを忘れてはいけない」
こんなこと言ってるようじゃ W杯予選も痛い目に会いますよね・・

そのキューウェルは、7/24からリバプールが参加するBARCLAYS ASIA TROPHYの開催地香港で合流するのでしょうか?

この大会の日程ですが
7/24
ポーツマス vs フルハム 
リバプール vs サウスチャイナ 

7/27
3位決定戦とファイナル 

となっており、ポーツマスとフルハム何れかとは試合をすることになります。
この辺でトーレスあたりがゴールを決めてくれると肩の力も抜けてくるんじゃないかと期待したいです。


ベッカム vsチェルシー戦でデビュー!
MLSロサンゼルス・ギャラクシーに移籍したベッカムが21日のチェルシーとの親善試合に予定通り途中出場したようです。
ベッカムは左足首の怪我の回復が思わしくなく出場が危ぶまれていましたが、後半終了10分前に交代出場しお披露目ができたようです。

ちなみにこの試合には夫人のヴィクトリア、トム・クルーズ夫人のケイティ・ホームズ、アーノルド・シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事らがスタンドで観戦したそうで、出場しない訳にはいかなかったんでしょうね・・・
おまけにこの試合のチケットは、ブラックマーケットで2000ドルの値がついていたらしいです。

試合の方はテリーのゴールで0-1で敗れていますが対戦相手のモウリーニョは、この試合の持つ興行的?な意味の重要性を深く理解し、
「ベッカムには触るな!」
と指示を出していたそうです。

一見 八百長?とも獲られかねないこの発言に
「サッカーの歴史はこういったことで形作られている。親善試合やエキジビジョンマッチでは多くのスター選手が特別な扱いを受けてきた。エウゼビオやペレといった選手たちもそうだ」
と勝つことだけがフットボールにとって重要なことではない!と形振り構わず常勝軍
団を作り上げてきた近代の名将が、大人なところを魅せています。


ファウラーはカーディフ移籍
ファウラーのウェールズのカーディフへの移籍が決まりました。
シドニーFC行きも真剣に検討したようで、オーストラリアまで交渉に行ったようですが、ご家族の希望もあり実現しなかったようです。
カーディフは稲本がWBA在籍時に少しの間レンタルに出されてクラブですよね。
移籍先が決まって一安心しました。
 
[PR]

by beckham306 | 2007-07-22 22:23 | 欧州各国リーグ戦

vsオーストラリア戦

人数が一人少ないオーストラリア相手に横パス、下げるパスで時間を無駄に使いPKになる前に決着をつけられなかったことは大きな課題を残してしまいましたね。
PKに持ち込んだオーストラリアには神憑りGK川口のお陰で勝つことができましたが、延長戦終了迄できっちり勝負をつけて欲しかったですよ。

審判は日本贔屓な感じでしたね。
AFC的にも初参加のオーストラリアに大会前に偉そうなことばかり発言されて、いきなり優勝されるのも気に喰わないって感じなのかなぁと・・


普段プレミアとか見ない人はこの試合でキューウェルにかなりダーティなイメージを持ったでしょうね。
途中投入されて早々にダイビングでイエロー!
その後も怪我した振りしたり、シュミレーション気味のプレー連発で、かなり胡散臭いプレイヤーと認知されたことでしょう。
一緒に見ていた友人が娘に あれは悪いおじさんだ!と言ってました(笑
キューウェルはこんな中途半端なところで負けて、これからリバプールに合流するんでしょうけど、去年迄とは違うレベルの面子の加入でポジション確保の勝負に挑まなくてはならないシーズンになります。 

ヴィドゥカオシムの教えの甲斐あって中澤に押さえ込まれて途中で下げられてしまいました。
奇しくもキューウェルと交代となってましたが、ちゃんと普通に抱擁して交代してましたね。

それから酷いのはGKのシュウォーツァー
あれでミドルズブラの正GK任せていいのでしょうか?
あのGKからゴールを奪えないのは、がっかりでした。

二ールも両足痙攣しちゃってましたね
そんな二ールに付け込めない日本もどうかと思いましたが・・

ブレシアーノとアロイージは結構エキサイトしてガツガツやってましたね。
天敵ケイヒルは今回は不発でした。

オーストラリアってW杯の敗戦から怖いイメージになってましたけど、ヒディングというドーピング効果がかなり大きかったんだなぁとつくづく感じました。
今日のメンバーも今までならW杯予選のプレイオフでしか集めることができない最強メンバーだと思いますけど、選手一人一人は素晴らしいことは間違いありませんが、監督の存在感はあまりにも希薄でしたよね。


日本はどうなんでしょう・・・
試合を支配していたのは間違いありませんが、相手に合わせたプレーが多すぎますし、何より
何が何でも決めるんだ!という気迫が中澤以外からは感じられません。
PKに持ち込まれる前に勝負を決められればステップアップ感を感じることができたんでしょうけどね。
準決勝は順当に行けば相手はサウジでしょうか?
勝って決勝はイランとの対戦を希望します。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-21 23:03 | 各国代表

マンU、マンCが小野に興味

いよいよ今夜オーストラリア戦ですね
昨日の公式会見にヴィドゥカとキューウェルが出席して、胸を貸す?立場とは裏腹に日本に対して警戒とリスペクトのコメントばかりだったようです。
それにしてもヴィドゥカ、キューウェルって口もきかない犬猿の仲とも噂されてましたが、どうなんでしょう?
この会見の映像を見てみたいです。
ちなみにオーストラリアの内輪もめは二ールが原因みたいですね・・


遅れ気味の記事ですが、
マンUとマンCが小野に興味
先日来日したマンUですが、対戦相手の浦和の小野獲得に興味を示していると地元誌が報じたらしいですね。
この試合で同点ゴールを決めた小野に対してファーガソンとリオが「背番号8が良かった」と褒めていました。

過去にもCロナを獲得したきっかけがスポルディング・リスボンとの対戦後マンUの選手がファーガソンにあの選手は獲るべきだ!と進言したことがきっかけだったと記憶してますので、満更可能性が無くもないんじゃないでしょうか?
パクチソンと小野が揃えばアジア戦略上、大きな収益を齎すであろう側面もありますし。

同じくタクシン前首相が小野に興味を持っているとされマンCが獲得という話もあるそうです。
エリクソンが本当に使うかどうかは解りませんが、移籍するだけならできそうな気がします。

小野は浦和に復帰する直前までプレミアでプレーすることを模索してましたよね
ボルトン移籍が纏まりかけた時期もあったように記憶しています。

小野は日本人のなかでは、飛びぬけて非凡な選手だと思います。
正直Jリーグでプレーして彼の真価が発揮されるとは思えません。
今シーズンフェイエがファンマルバイクが監督に復帰し、古き良き時代の選手が戻ってきてるのを見ると、小野ももう一度フェイエからやり直してもいいのになあぁとも思ってた矢先に、振って湧いたかのようなこの話。
現状クラブ内で満足してプレーしてるようにも思えませんし、もしも本当にチャンスがあるのならもう一度挑戦してもらいたいです。
[PR]

by beckham306 | 2007-07-21 13:25 | 欧州各国リーグ戦