<   2007年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

マンCvsリバプール 他

マンCvsリバプール
今年最後のプレミアの試合です。
なんとしても叩いておきたい すぐ下についてくるマンC戦です。
寝てしまってTVは観てませんが、結果は0-0と期待外れに・・・
Youtubeで見た限り、リバプールが圧倒的に攻めていたようですが、悉く防がれてましたね。
勝ちきれないリバプールの典型のような試合と想像しました。
今シーズンここまでを象徴するかのような・・

先発メンバーは期待させるメンツだったんですけどね
DFは安心して見てられたのでしょうか?
このDFで上手くやれるなら、それはそれでよいオプションだと思います。
1月のDF補強がまだ不透明ですしね。

これでリバプールは勝ち点37の4位で折り返すことになりました。
トップのアーセナルとは1試合消化が少ないとは云え10P差となってしまいました。
当然ながらリーグ戦では追い上げを期待したいですが、他力本願が必要なのは云うまでもありません。
CL決勝Tはいきなりインテルとの対戦です。
せっかく素晴らしいメンバーが揃った今シーズンなのですから、シーズン終盤までモチベーションを長く保てる状況を維持できることを期待したいと思います。


松井はパレルモ?ジェノア?
ルマンとの契約が今期末で終了する松井の移籍の噂が出てきました。
行き先挙がっているのはセリエA パレルモ!ジェノア!です。

パレルモはルマンのFWデ・メロの獲得がほぼ確実と噂されていますが、松井もセットで獲得の噂が報じられています。
ジェノアはディバイオを放出した時の代替FWに松井をリストアップしているとか・・・

松井サイドもリーグアン上位クラブへの移籍含め、移籍のタイミングと考えているようで、ルマンに居るのもいい加減長過ぎると思いますので、そろそろ違うステージにステップアップして欲しいですね。
間違ってもJに戻るのだけは止めて下さい。



さて今年も最後の更新となりました。
今年1年の10大ニュースとかいろいろと書こうと思っていたネタはあったのですが、振り返れないまま大晦日となってしまいました。

一方的に節操無く書きなぐるだけのこのブログを見に来て下さった皆様には、こちらからの積極的なコミュニケーションをとることもあまりせず失礼をお詫びすると共に感謝申し上げます。
引き続き一日一回の更新を目標に節操無く書いていきたいと思っておりますので来年もよろしく御願い致します。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-31 19:52 | 欧州各国リーグ戦

高原IN?小野OUT?

この3日間個人的な ある程度予期していたとは云え 突発的な出来事に翻弄されました。
後から考えれば年を跨がずに全て終えられたことは良かったと思えるかもしれませんが、人の命は果敢ないものだということを実感しました・・・

ブログの方はまた元のペースで続けて行きたいと思っています。
数日フットボールに関する話題を目にしなかったのですが、気になったものを少しだけ・・

浦和がフランクフルトに高原獲得オファ
フランクフルトで出番が激減している今期の高原ですが、チェコ代表FWを獲得してこともあり移籍金が取れるならフランクフルトは1月に放出は十分有り得そうな雰囲気。
日本で唯一欧州でFWとしての評価がある高原にはまだドイツでプレーして欲しいですが、CWCでの浦和の華々しさを観てしまってJでプレーしても、良いことあるなぁと思ってしまったのも事実なんでしょうね。
年齢的には28歳と戻ってしまったら欧州復帰は難しそうですので、よく考えてもらいたいものです。


小野はブーフムへ?
これは報知しか扱ってない記事のようですので、なんともいえませんがブーフムが小野伸二獲得に乗り出してるらしいです。
浦和は正式にオファがあった場合には移籍を認める意向とのこと。
というかいなくても問題無しという意味なんでしょう。

小野サイドの代理人は小野はスペインでプレーしたいと考えており、ブーフム移籍で欧州での小野の存在感を知らしめるステップにしたいというようなことが書いてありますが、浦和で上手くいってるようには見えませんのでチャンスがあるのなら活かして欲しいものですが、CWCでミラン戦にでも出場していればまだ存在を知らしめるには良い機会だったのかとは思いますが、今となっては移籍したとしても地道にポジションを掴むところからやり直す必要があるのではないかと予想します。
スペインでのプレーなんて考えるのは、それからではないでしょうか?
とは云え 日本人選手の中では突出したセンスの持ち主の小野伸二です。
このまま才能を埋もれさせてしまうのは勿体無さ過ぎますので、チャンスがあるのなら挑戦してもらいたいと思います。


ウィファルシはリバプールのオファを拒否
ウィファルシの代理人がリバプールからの好条件オファを拒否したことをコメントしたようです。
このことに代理人自身も驚いているようで、フィオの3年延長のオファを受け入れるかどうか、それとも他のクラブとのお話が水面下で進展しているのかはわかりませんがリバプールへ来ることはなくなったようです。
うーん 厳しいですね というかこれが事実なら残念でなりません・・・
なんでリバプールに来てくれないんでしょうか?
リバプールはウィファルシを断念したとしても1月に誰かそれなりのDF補強に失敗は許される状況ではありません。



今夜リバプールはマンCとの対戦です、どんな形でも勝利し勝ち点に差を広げたいところです。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-30 23:17 | 欧州各国リーグ戦

ダービーvsリバプール

ダービーvsリバプール
過密スケジュールの12月の中でのボーナスゲームと云っても過言ではない勝ち点3は確実と思われるこの対戦。大量得点での気分の良い試合を期待したのですが・・・・

トーレスの先制点の時は、これはバンバン点が入っちゃうなぁぁと思いましたが、その後渋い内容でした。
挙句にダービーに同点にされちゃうわで もしかしたらシーズンの中でダービーが蘇るきっかけとなる試合になってしまうかとさえ思っちゃいました。

最後にジェラードが相手DFのクリアの甘いところを押し込んで辛うじて予定していた勝ち点3は計上できましたが、悪い意味でリバプールらしい試合となってしまいましたね。
ヴォロニンって最近どうしちゃったんですか?
シーズン序盤の勢いはすっかり鳴りを潜めてますが・・・
アロンソ復帰は数少ない朗報でしたが・・


その他の結果は、
チェルシー 4 - 4 アストン・ヴィラ
トテナム 5 - 1 フラム
ウェストハム 1 - 1 レディング
ウィーガン 1 - 0 ニューカッスル
エヴァートン 2 - 0 ボルトン
サンダーランド 0 - 4 マンチェスター・ユナイテッド
バーミンガム 3 - 0 ミドルスブラ
ポーツマス 0 - 0 アーセナル


チェルシーvsヴィラは派手な試合だったようですね
アーセナルは気まぐれなポーツマス相手にスコアレスドローで首位陥落
マンUはキーン率いるサンダーランドを粉砕 首位に浮上です
スパーズも5ゴールと爆発してますね

マンCは今夜ブラックバーンと試合がありますが、暫定順位は
1、マンU    45
2、アーセナル 44
3、チェルシー 38
4、リバプール 36
5、マンC    34
6、エバートン  33


ついにマンUが来てしまいました・・・
アーセナルはまだ余裕あると思ってたんですけど・・


これで今年はプレミアは最後の試合かと思っていたらまだあるんですね・・・
リバプールは30日に現状最もライバルと云うに相応しいマンC戦が控えています。
マンCには今夜のブラックバーン戦で躓いてもらって、直接対決でも勝利し勝ち点を広げられると理想なんですけどねぇ
[PR]

by beckham306 | 2007-12-27 21:54 | 欧州各国リーグ戦

ベッカムとカペッロ 他

ベッカムとカペッロ
代表100キャップまであと1試合となっているベッカムですが、カペッロは2月のスイス戦でベッカムを招集することを明言しているとGoal.comには書いてあります。

ベッカムはBBCのインタビューでカペッロについて
「イングランドにとって素晴らしい選択だと思う」
「僕も彼の計画に参加できることを願ってる」

と語ったそうです。

マドリー時代かなり難しい関係に陥ったこの二人ですが、結果的にがは両者持ちつ持たれつで良い結果の功労者?となれた訳でそのときは利害が一致したんでしょうけど、そもそもカペッロがベッカムを冷遇しなければ後にMLS行きを決断することもなかったはずですので、本当のところは、利用できるものなら利用しよう的な割り切った関係なのかもしれません。
当のカペッロは今になってマドリー時代にベッカムを干したのは、自分の判断では無く上層部の意向だなんて云ってるみたいですが、この人の世渡り上手は今に始まったことではないですからね・・・

今のところは、イングランド代表の中で唯一関係を築けている選手として、むしろベッカムとの関係を大事に扱うのではと予想しますが、その後継続して招集されるかどうかはベッカムの状態次第ってことになるんでしょう。

実力、冷徹さ、そして世渡り!全てを兼ね備えた指導者ファビオ・カペッロが率いるイングランドの復活はどのような形でなされるのでしょうかね?


ファンバステンはバイエルンへ?
ファン・バステンがオランダ代表監督退任後、バイエルンの監督に就任するだろうとドイツのメディアが報じているそうです。
根拠はドイツ語ができるから だそうで・・・

退くとされているヒッツフェルトは今季限りで契約更新しないことを明かにしていますが、2008後にスイス代表監督に就任すると噂されています。
ヒッツフェルトってドイツブンデスで大成功する前はスイスで成功した方なんですね。
スイスでは常に待望論が出てるらしいです。

ちなみにヒッツフェルトはザルツブルクのトラパットーニの後任監督にも噂されているそうです。
それは勿体無いかな


高原 J復帰?
フランクフルトはチェコ代表FWフェミンと契約することになったことで、高原の去就が噂されています。
「フェミンの獲得による敗者は高原だ」
「ロッカールームをきれいにして、バケーションに帰った」


フランクフルトの会長も
「タカの代理人から、日本のクラブが興味を示していると聞いている。」
と語っているそうで、オファがあれば交渉するという雰囲気のように感じられます。

もしもフランクフルトを出ることになっても、それはそれで仕方ないことですが、まだ日本に帰ってきて欲しくはないです。
高原は、そこそこやれる実績を作りましたので、まだブンデスリーガでお声が掛かると思うんですけどね。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-25 21:23 | 各国代表

インテルvsミラン 他

インテルvsミラン
最近はすっかり形勢が逆転しているミラノダービーですが、この試合も終わってみればインテルの貫禄勝ちと云っても過言ではない内容でした。
ピルロの美しいFKでの先制したときも、これでおもしろくなるぞ的な余裕が見ていてありました。そんな気分でこのダービーを見られるのは以前なら「やっぱり駄目かぁぁ」と思ってしまったはずで考えられなかったことです。

その後クルスの余裕すら漂う?カラーゼの股抜き同点ゴール!
そしてカンビアッソのジーダに印籠を渡すかのような逆転ゴールで2-1の勝利!
ジーダの反応は、あのレベルのクラブの正GKとしては、寂しいものがあったと思いました。
ミランは真剣にGKのお買い物を検討されたほうがいいと思います。

この試合インテルは勝利を喜べない痛い出来事がありました。
そうです サムエルの靭帯損傷です。
カカの突破に振り回されて、付いていけませんでした・・・
今期絶望を言われておりスタンコヴィッチ、ヴィエラ、フィーゴ、ダクール、トルドと並び故障リストにまた一人名前を連ねることとなってしまいました。
ここまでセリエAで無敵のインテルですが、後半戦をこの調子を維持するためには、この冬に補強は必須です。

負けたミランはお約束のアンチェロッティ解任の噂が掲載され、後任の噂もお約束のモウリーニョそしてドログバを52億で連れてくるという噂まで出ています。
うーん 真実味がありますねぇ



リバプールが狙うDFはカラーゼ? ウィファルシ?
CLでインテルと対戦するリバプールのDF補強の噂に、先日から名前あ挙がっているフィオのウィファルシと前述のミランのカラーゼの名前が出ています。

カラーゼですか・・・意外な感じがします。
ウィファルシは今シーズン末でフィオとの契約が切れるそうですので、値段が折り合えばこの冬放出は有り得ますね。
ただウィファルシは引く手数多なような気がしますのでリバプールが獲れるかどうかは判りませんけどね・・・・

今のところウィファルシを最優先で獲りに行くだろうなんて書いてありますが、エインセの時のようなことのなりませんように・・
[PR]

by beckham306 | 2007-12-24 18:16 | 欧州各国リーグ戦

リバプールvsポーツマス

リバプールvsポーツマス
この試合勝ち点3が取れないと上位との差は広がる一方で、なんとしても勝利が欲しい試合ですが、相手は曲者ポーツマス。
序盤で攻撃面に関しては個人技に非凡なものがあり過ぎるポーツマスに圧されて先制でもされると嫌だなぁと思っていてのですが、なんだかポーツマスは元気が無く、自陣でリバプールに好きなようにボールを回されるシーン多数。
そうこうしてる間にベナユンが何気に難易度の高そうなボレーを突き刺して先取点!
その直後グレン・ジョンソンが負傷していてピリッとしない間に、攻め込まれ挙句の果てにOG・・
これであっという間に2点差としてしまい、その後もポーツマスは元気が出ないまま消化試合かのような雰囲気で前半終了。
後半急に蘇ったポーツマスは1点返しますが、終盤トーレスが流石FWと思わせるいいところにいて2点きちんと決めて突き放しました。

終わってみれば4-1の快勝だったわけですが、序盤の攻めてるときに2点取れてたからいいものの、もしと得点できてなければ またいつもの入りそうで入らないパターンだったってことになってたでしょうね。

終盤のトーレスの2ゴールは、あれをきちんと決めるところが素晴らしいのと、あの位置にいることが素晴らしいです。
今のカイトはそれが悪循環ですよね
チャンスに決められない・・・
チャンスのとき ボールがもらえる場所にいない・・・
シーズンも半分終わってしまいますが今のカイトは一昨年のクラウチと同じくらいプレッシャーがあるんじゃないでしょうか。
今はこちらが思ってる以上に精神的に苦しいと思います。
彼の献身的な態度、資質、FWとしての素晴らしさはリバプールサポなら誰でも理解しています。
焦らないでリラックスして試合に臨み、早くトップフォームを取り戻してもらいたいと思います。


この日のプレミアはマンCがヴィラと引き分けてますので、順位は4位マンCと勝ち点1差の5位キープとなっています。
首位アーセナルはトットナムを2-1で退け首位キープ。
ただこの試合アーセナルの得点シーンも惚れ惚れするような展開で圧巻でしたが、スパーズもかなり踏ん張っていて今後に向けて手応えは十分感じられました。


その強すぎるアーセナルにベッカムが練習参加する!!という記事を発見。
これは入団とかそうゆう意味のものでは全くなく、ベッカムがMLSシーズンオフにロンドンでトレーニングを行なうのにアーセナルの練習場使用をベンゲルが快諾したというものですが、セスク、フレブ、ベッカムが中盤で絡んでファンペルシーのゴールをお膳立てするなんてシーンがあるとしたら見てみたいと思うと同時に、もしもそんなことがアーセナルで実現すると思うと恐ろしくなりますが、ベッカムがマンU以外のクラブでプレミアを戦うところもまだ見てみたいし複雑なところです・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-12-23 21:28 | 欧州各国リーグ戦

UEFA杯決勝T組み合わせとカーリング杯

昨夜CLの抽選が行なわれましたが、UEFA杯も抽選してたんですね。
一応押えておこうかと思います。

アバディーン - バイエルン
AEKアテネ - ヘタフェ
ボルトン - アトレチコ・マドリッド
ゼニト - ビジャレアル
ガラタサライ - レヴァークーゼン
アンデルレヒト - ボルドー
ブラン - エバートン
チューリッヒ - ハンブルガーSV
レンジャーズ - パナシナイコス
PSV - ヘルシンボリ
スラヴィア・プラハ - トットナム
ローゼンボルグ - フィオレンティーナ
スポルティング - バーゼル
ブレーメン - ブラガ
ベンフィカ - ニュルンベルグ
マルセイユ - スパルタク・モスクワ


参加クラブ数が数えられない程多かった上、聞いただけではどこのリーグのクラブなのか判らないクラブも多数あったスタート時を思えば決勝Tに残ったクラブは、CL各組3位も参入してますので、一気にこれに勝ち抜けばそれなりの価値はあるだろうって感じの杯戦になってきました。

この中での図抜けているのはバイエルンで、その次にフィオレンティーナ、ブレーメン、アトレティコ、ビジャレアル、トットナム、ベンフィカ、PSVあたりでしょうか・・・
バイエルンはUEFA杯優勝は最低目標?でしょうね
バイエルンvsフィオなんてことが実現したらトーニダービーとか呼ばれるんでしょうか?

ただこの1回戦を勝ち抜くクラブは何処が上に残っても驚きではないような気がします。
中田コは今シーズンで欧州最後の戦いとなるようですから、バーゼルも頑張って欲しいです。
ラモスマジックでトットナムが勝ち上がったりすると盛り上がりそうですけどねぇ

ベスト4でバイエルン、フィオ、トットナム、ブレーメンあたりが残ってると放送する価値大有りだと思いますが如何でしょうか?


ついでにカーリング杯の準決勝の組み合わせを
エバートン vs チェルシー
トットナム vs アーセナル


チェルシー、アーセナルは1軍は温存してくるでしょうけどエバートン、トットナムは獲れるものなら獲りたいタイトルのはずですので、むしろこの試合にメンツを揃えてくるかもしれません。
トットナムがカーリング杯、UEFA杯の2冠なんてことのもしなったらファンデラモスに投じた金は価値があったということになりますよね。
そんなに簡単ではないと思いますが・・・
[PR]

by beckham306 | 2007-12-22 22:41 | 欧州カップ戦

CL 決勝T組み合わせ決定

先程CL決勝T組み合わせ抽選が行なわれました。
その結果が下記の通りですが、かなり偏ってる気がします・・・ 


セルティック vs バルセロナ
リヨン vs マンU
シャルケ vs ポルト
リバプール vs インテル
ローマ vs マドリー
アーセナル vs ミラン
オリンピアコス vs チェルシー
フェネルバフチェ vs セビージャ



是非とも観てみたいおもしろそうな組み合わせはローマvsマドリー、アーセナルvsミラン、リヨンvsマンUそして リバプールvsインテル!!!!!
あぁぁぁ 恐れていたものがついに実現してしまいましたぁぁ 
それも一回戦で・・・・
生きているうちにはCL決勝で見られることを期待してたのにぃぃぃ・・・(笑)

反面シャルケvsポルトとかフェネルvsセビージャとか地味目な組み合わせもあれば、バルサ、チェルシーなんかは楽 しちゃいましたね・・・
当確マーク点灯でしょ
ただこのあたりで楽してしまうと、得てして準決勝あたりで踏ん張りが効かないことになるんじゃないでしょうか。

それにしてもリバプールvsインテルは、どうしたらいいんでしょう・・・・
気持ちの整理がつきません(笑)

この1回戦は第1戦が2月19日と20日に、第2戦が3月4日と5日に行なわれます。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-21 21:29 | 欧州カップ戦

アドリ、クーマン、ヤナギ・・・

トルシエが京都を昇格させ引退した秋田を琉球FCで現役続行を快諾させたなんて報道が出てましたが、どうやら秋田はこの話を断ったようですね。
トルシエは5年契約、年100日沖縄に滞在することが条件で琉球FCと契約しているそうで、監督は外人、助っ人選手がアフリカ人を連れてくる予定だとか・・・


ヤナギの移籍志願はあまりに無神経では?
ヤナギが鹿島での出場機会の少なさを理由に、移籍を志願してるでそうです。
既にJ1数クラブから打診があるそうで、鹿島が認めれば移籍するのは確実な模様。

しかし、一見仕方がないようにも見えるこの話し、なんだか腑に落ちないんですよね
ヤナギのこれまでの海外移籍から復帰迄の経緯からするととってもずうずうしいような気がするんですけどね
鹿島は中田コにしろ、ヤナギにしろ対応が甘過ぎますよね。
完全移籍といいながら往復切符渡している感じですもんね。
ヤナギはその鹿島に対するありがたみを理解してるとは思えないです
イタリアで燻って泣き付いて買い戻してもらった鹿島に、出場機会が減ったから移籍したいとはなかなか軽々しく口に出せることじゃないと思うんですけどねぇ・・・


アドリが サンパウロに半年レンタル
マンCとかフェネルバフチェとかに放出の噂もありましたが、アドリは半年間のレンタルでブラジルでプレーすることで落ち着きました。
但し本当に半年でインテルに戻ってこれるかは信じがたいんですけど・・

アドリもそうですがロナウドなんかにも共通するのは、あるレベルまで到達してしまうと、シーズン通じて働くという意欲が無くなってしまうんでしょうかね


カーリング杯 リバプール敗退
昨夜行なわれたベスト8でチェルシーに2-0で負けてます・・・
クラウチがミケルに対する一発レッドで試合を壊してしまったようですが、荒っぽいミケルはたまには削られた方がいいとも思いますが、負けたリバプールは今期もCL狙いだけがモチベーションになりつつありますねぇ


バレンシアの壊れ具合
クーマンがこれほどハチャメチャなことをする人だとは知りませんでした。
今考えればPSVの契約をあんな中途半端な時期に破棄してこれる人ですから、予想できたことなのかもしれません。
アルベルダ、カにサレス、そしてアングロを戦力外として移籍勧告
バレンシアを応援してる方にはすんなり受け入れられることではないでしょう。
アングロの代理人はビジャと同じらしいので、ビジャの動向もが騒がしくなるのは間違いなさそうです。
アラゴネスも代表への影響を懸念するコメントを出してるようですが、このクーマンの改革は一時の痛みとなって本当に成功するのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2007-12-20 22:37 | 欧州各国リーグ戦

トルシエ続報、キャラガー、ボナチッチ


トルシエ就任会見は大荒れ
琉球FCの総監督に就任するトルシエの就任会見が開かれたようですが、どうやら無茶苦茶だったようです。

沖縄の「かりゆしウエア」を着てご機嫌で登場したトルシエ
「これまでのサッカーと別の道があると思っていた時、沖縄球団から大構想を持ちかけられた。全霊をかけて打ち込みたい」

大構想の内容は
「壮大な夢、ロマンだ

総監督については
「私は車を作る役割。ドライバーが監督。私がチームを指導することもあるだろう」

と具体的なチーム構想については何も無く抽象的なコメントに終始したそうです。

球団側がトルシエとの契約について、
「契約金については前に進んでいない」

総監督の役割について
「トルシエ氏のために来季新たに作られるポスト。監督を決める以外は分からない」

と何も説明できなかったようです。
契約した球団側にも落ち度は多々あると思いますが、来季から3年以内のJ2昇格、5年以内のJ1昇格を公約としている琉球FCですが、無茶苦茶にされそうですね・・・


キャラガー カペッロに呼ばれても代表には復帰しない
カペッロはDFの建て直しにキャラガー復帰を望んでいると云われていますが、キャラガーにはマクラーレンが監督を去ってもその気持ちは変わらないんだそうです。

現在テリー、キング、ウッドゲイトが負傷離脱しており、その代役としてもキャラガーは、是が非でも復帰してもらいたい筆頭なんだと思います。

カペッロはキャラガーを復帰させることができるのでしょうか?
しかし、イングランド代表の話題の中にカペッロという名前が出てくること自体 違和感が物凄くあるんですけど、すぐ慣れますかね?


千葉の新監督はボナチッチ??
アマル
の後任候補は父オシムの弟子 セパハンのボナチッチなんて書いてあります。
息子のクビを斬って、その後釜がオシムの弟子とは、千葉も非情なことをしますねぇ

白羽の矢が立ったボナチッチは浦和と3回も対戦した甲斐がありました。
思惑通りJのクラブからお声が掛かった訳ですから。
イラン代表監督のお話なんかもあるらしいので、どうなるのかは判りませんけどね。
[PR]

by beckham306 | 2007-12-19 22:32 | Jリーグ