<   2008年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ユーロ08 ワースト選手は?

ユーロ ワーストランキング1位は?
「サン」のユーロで最も期待を裏切った選手ランキングの第一にトーニが選ばれてしまってるそうです。
こればっかりはいくら「サン」でも納得せざるを得ませんね・・・
ちなみに2位ツェフ、3位アビダル、4位ギリシャ代表! だそうです。


チェルシーはカルバーニョ無き後を準備?
カルバーニョモウリーニョの元へ行ってしまうことを覚悟して、チェルシーは労働許可証の問題でPSVに貸し出していたアウシデスを返して欲しいと申し出ているらしいというものです。
モウリーニョに連れられてチェルシーに行ったポルトガルの選手は、フェリポン就任と相まって難しい選択を迫られてる気がします。
カルバーニョはインテルに来るという選択をするのでしょうか?
ユーロが終われば、各クラブ急速に人事の件は動き出すんでしょうね。


さてさて長かったユーロ08も今夜の決勝で最後の試合となってしまいます。
バラックが怪我で出場できないかもなんて報道が流れていますが、単なる情報戦(笑)で多分ピンピンして先発すると思います(?)
スペインがタイトルを獲れる機会は、今回を逃すと四半世紀は有に待たなくてはならないことになるような気がしますので獲らせてあげたい気がしますけど、ドイツはそんなにやさしくはないですよね。
この約3週間の間 素晴らしい試合を沢山見せてもらいました。
それと引き換えに、いろんなものを犠牲にしてしまった(笑)3週間だったような気もします・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-06-29 20:58 | 各国代表

今の日本代表でA組は楽ですか?

南アフリカW杯 アジア最終予選 A組は楽か?
日本はオーストラリア、カタール、ウズベキスタン、バーレーンと同組のA組に入ったわけですが、一見B組に比べ楽勝ムードが流れているようですが、果たして今の日本はそう言えるのでしょうか?
韓国、北朝鮮と実力云々は別にした面倒臭さのある国と対戦を避けられたのは、精神衛生上良いかもしれませんが、今の岡ちゃん率いる日本がここには勝てるだろうなぁと思える相手は如いて言えばバーレーンくらいじゃないでしょうか?

グタグタな内容で3次予選を通過した日本が、残り3国に余裕を持って臨むことなどできないと思います。
オーストラリアはこの組では普通に考えると当確マークに一番近そうな国ですが、弱点は監督のピムでしょうか(笑)。2月に行なわれる日本ホームでの対戦は、是非観たいものです。
カタールはいつ胡散臭い大物帰化選手(笑)が認可されるか判りませんし、何より過去の対戦成績がよろしくないのも気になります。
ウズベキスタンはよく判りませんけどディナモ・キエフのウクライナリーグ得点王シャツキフが居る事以外わかりませんが、簡単な相手とは思えないんですけどねぇ

とは云うものの各組2位までW杯出場できてしまうという、世界一W杯に出場しやすい地区であることは間違いなく、欧州予選なんかと較べると各組1位のみで残りの枠は差し上げます・・と言いたくなるくらいですよ。
これでどんなハプニングがあろうとも2位に入れないのだとすれば、それこそ本大会で何かを期待することもできないんでしょうしね。
監督がもしオシムだったとすれば、もっとどっしり構えて見ていられるのかなぁと思ったりするのは僕だけでしょうか?・・・


クアレスマ インテル入り間近?
インテル入りが濃厚と報じられてますね
ブランカTDがポルト入りして交渉して話が纏まったらしいです。

ランパードも移籍金900万ユーロでチェルシーと合意!なんて報じてるところもあるらしいですが、ランパードはチェルシーを出ないと思うんですけどね
特にこの間 母親を亡くしたときの対応などタイミング的には去りづらいものがあるような気がするんですけどね・・・



テュラム 心臓疾患で引退かも・・・・
ユーロに出場していたフランス代表テュラムはバルサからPSGに移籍合意なんて報じられてましたが、心臓疾患が発見され、その診断が正しければ移籍せず引退となるというものです。
弟でバスケットボールの選手である実弟が心臓疾患でコートで倒れて命を落しているらしく、同じ症状だと思うと本人が語っています。
パルマ→ユーべ→バルサと どのビッククラブも欲しがった鉄壁のDFのテュラムですが、引退の花道として1年PSGでプレーすることは適わないようです。
つらい話ですね
[PR]

by beckham306 | 2008-06-28 22:00 | 各国代表

意外と淡白だったロシアと監督のお話

SemiFinalスペインVSロシア
この二日間 連続して2時間以上の睡眠時間を取ってないような気がします
昨夜のこの試合も2時頃ウトウトして慌て起きてテレビを点けたら前半10分くらいでしたが、その後の記憶はなく 次に気がついた時は既にスペイン3-0で試合を決めていました…
流石に もうどうでもよくなりそのまま寝たものの6時半には起きて…

という訳で期待した程 甲斐性が無かったらしいロシアですが、ここまで来たことでもう満足しちゃってた感じなのでしょうか? ヒディングも今大会の結果に満足のコメントを出してます。
まぁそりゃそうだよな
それから今大会にそもそも出場できたのも予選でイングランドがクロアチアに負けてくれたことに感謝してるそうです
それを言うならクロアチアに感謝しろよって思いますけどね…

スペインは試合前のアラゴネスの去就について協会サイドとギクシャクしてる話題とフェネルバフチェの監督就任報道で、ポルトガルのように空中分解するかと思いましたけどそんなことは忘れさせてくれるような気持ち良い勝ち方をしましたね
アラゴネスは仮に優勝したとしても予定通り退任すると思いますし、W杯準優勝で続投してしまったドメネクのようにはならないことを願います

監督といえばイタリアはドナドーニを解任しましたね
今大会の出来では致し方がない気がします
カンナバーロ不在は大きいとは云え過去にはバレージ離脱でも決勝まで行ったことなど考えると物足りないことは否めないでしょう。
あんなに パッとしなかったイタリアは近年希に見る寂しさであったと思います
お次はリッピが復帰となりましたが、これは非常に手堅い路線ですが2010W杯でもしイマイチだったりしたら手詰まりになる気もしますので、イタリアはそれでも実績十分のリッピにこのタイミングで託すというのはそれはそれで危機感が強い表れだと思います。

アジア最終予選組み合わせが決まってオーストラリアに勝たねばならない日本は、監督を替えるという選択、そして危機感は必要無いのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2008-06-28 01:23 | 各国代表

ドイツvsトルコ

ドイツVSトルコ

トルコの今大会の執念モードは継続してましたねぇ
セミフが同点にしたときはドイツ在住のトルコ人狂喜乱舞の瞬間だったと思います。
これでドイツまでもが喰われちゃうんだと思いましたが、しかしゲルマン魂はそんなトルコさえも蹴散らす強靭なものでした・・・
これがもし相手がスペインだったら勝ちきれなかったのでは?と思ったりしました。

今大会のトルコは正直なところ全く期待されてなかったと思いますけど、所謂強豪国を土壇場で引きずり下ろす奮闘ぶりは、怪我人多数とかいろんな負の要素があった訳ですがそんなことを感じさせない内容で、十分高い実力があることを認識させるものだったと思いました。

ただ如いて悔やまれることがあるとすればGKのリュシュツでしょうか・・・
クローゼが入れた2点目の失点がもし無ければとか思いますけど、でもあの失点が無ければセミフがトップギアに入らず同点ゴールも無かったのかもしれないですしタラレバですよね

トルコの快進撃はこれで止まった訳ですが、ただ退任予定だったテリムの続投は間違い無さそうですね・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-06-26 22:24 | 各国代表

今大会最後迄いいところが無かったイタリア

スペインvsイタリア
毎日手に汗握る本気度100%の試合を見せてもらってる中、昨夜の日本vsバーレーンていうのは、TVで観続けてるのも厳しいのに、あの雨の中会場に行かれた方の気持ちを思うとゾッとする内容でしたね

そして今朝は名実共に大会屈指の豪華カード!スペインvsイタリアです。
ベンゲルとジダンが並んで観戦の超豪華なツーショットや気が早いんじゃないかと思われるテリムの観戦など試合以上?にスタンドも豪華です。

ミランの中盤二人がいないイタリアはペロッタ、アクイラーニ、デ・ロッシのローマシフトで臨んできました。
ドナドーニトーニと心中することに決めたんでしょう
そのトーニはこの試合も決めきれないばかりか決定機を邪魔するシーンもあり残念ながらイタリアの最後までブレーキでしかありませんでした。
今日一番頑張ってたのは結構不安視されてたDFのキエッリーニだったと思います。
でもピルロ、ガットゥーゾ不在は大き過ぎたようですね

スペインはシウバとビジャが今日は彼らの日ではない雰囲気がありありと感じられましたが交代させられたのはトーレス
セスク投入は裏目にでる予感がしましたがそれでも何も起こらずイタリアにとっては予定通り?のPK戦へ
世界最高のGK二人の神憑り具合は若干カシージャスが上だったようでスペインが今大会のGL一位抜けは勝てないジンクスを打ち破って勝利することとなりました


お互い勝ちたいより負けたくないという意識が強く感じられた ひたすら重苦しいけど決してつまらないわけではないゲームでした。
しかし今大会のイタリアは運も味方して決勝Tに駒を進めることができましたが、4試合通じて、スカッとする試合はひとつも無かったように思います。
髭を生やした昔と較べて胡散臭くなったトーニは偽者なんじゃないかと思うほどヘタクソで、大会通じてイタリア中を裏切り続けてしまいましたね
トーニは無事帰国できるのか心配になります・・・


気が付けばユーロ08も残り3試合です。
毎日眠い目を擦りながらのグループリーグ2試合/日を観戦してた日々が懐かしいです(笑)
ドイツvsトルコ、スペインvsロシアという準決勝になった訳ですが、まだまだ波乱が起きそうな組み合わせです。
トルコはニハトが怪我で離脱で怪我人多数と少々厳しい状況ですが、これがまた燃えるんでしょうね きっと・・・・
ロシアもパブリチェンコがトーレスに王子様は俺だ!とばかりにゴールを決めちゃうかもしれないですしね
決勝はドイツvsロシアと予想しておきます。
[PR]

by beckham306 | 2008-06-23 22:20 | 各国代表

まったくヒディングって人は・・・・

オランダvsロシア
こんなことになるんじゃないかと想像できない訳でもなかった結果ですが、まさか現実のものとなるとは…
クロアチアとロシアが決勝Tに勝ち残り、ロシアはこんな大活躍してるんですからこの2カ国に負けて出場できなかったイングランドも慰められる結果となっています(笑)

アルシャフィン、パブリチェンコらのロッペン、ファンペルシのお株を奪う運動力とテクニックは今更驚くことでもないにしろ、持ってるものが行かんなく発揮されてました。
前半に撃ちまくっていたミドル?ロングシュートは惚れ惚れしましたね
ロシア代表はニュルンベルグに所属するサエンコ以外は、実質ディナモ、CSKA、ロコモティフ、スパルタクのモスクワの4クラブとゼニトのメンバーで構成されていてほぼ全員ロシア国内でプレーしており 96年ユーロ準優勝のチェコと状況が似てるような気がしないでも・・
このオフは買い漁られること間違い無しでしょうね
アルシャフィンにはベンゲルが目を付けていると前々から噂はありましたが、今ではニューカッスル、マンC、エバートン、アーセナル・・が獲得の意志があると噂されてます。
そのアルシャフィンが所属するゼニトの監督は元オランダ代表のアドフォカートというのもなんという因果でしょう・・

しかし今日のファンバステンはまるでドメネクに見えましたよ
カイトの代わりのファンペルシは意味無しでしたし、無理を承知で先発させたブラルースを下げた直後の失点といい、ロッペンは使わずじまいなのも不可解でしたしね
何もかも裏目でした。まぁ負けるときってこんなもんなんでしょうけどね

しかしオランダは身内にこんなに結果が読める指揮官がいる訳ですからヒディングを再登板させることが勝利への早道ではないのかと思ってしますのですが?
それにしても真っ赤?(オレンジ)に染まったスタンドは、今日のこの試合ではオランダが負けるとは思いもしていなったんだと思います。
何もかもが終わったかの がっかりぶりは気の毒を通り越してました・・


ここまでの結果で統計的に云えることは、
・グループリーグ1位でグループリーグ3戦目のメンバーを落としたチームは勝てない。
・グループリーグ最後の最後まで死に物狂いで戦い同じくメンバーで中2日で試合をしてるチームが勝利している。
これが勝利の方程式だとすればおのずと今夜のスペインVSイタリアの結果は…
[PR]

by beckham306 | 2008-06-22 19:51 | 各国代表

トルコ恐るべし・・・・

トルコvsクロアチア
観客席前の警備員の数は、今大会最高の物々しさだったと思います。
それも仕方ないと思わせるトルコサポの迫力・・

試合は両者凡ミスも結構あり、致命的ミスの場面も両者ありましたが、決定力もいまひとつで前後半0-0 そして、延長後半の終了間際に、ルスツ痛恨のミスからモドリッチが絶妙の折り返しでクラウスニッチが決めて誰もが勝負あったと確信した直後に、ルスツのフィードからセミフのどさくさシュートが突き刺さり同点・・・・
クロアチアは選手交代を指示してましたが、ロセッティさんはプレーを止めなかったことは、ビリッチ監督にとっては許し難いことで、この先ずっと恨むと思いますね。
当のロセッティさんも、まさか1点入るとは思わなかったんでしょうし、単にすぐに終わるであろうこの試合のゲームセットの笛を吹くことを優先しただけなんだと思います。

トルコは1点獲られてからも全く諦めムードは無かったこと自体凄いんですけど、それでも決めてしまうとはなんてことでしょう・・・
その後のPKは、クロアチアにはもう気迫は残されてませんでした。
特にPKを失敗した若者達はあの状況では責められないと思います。

しかしクロアチアは、ここで負けてしまうにはあまりにも惜しいチームだったと思いますよ。
フランスW杯3位以上の結果が残せるメンバーだったと思います。
モドリッチ、クラニチャール、ラキティッチらの欧州の舞台で花開くであろう若者達とコバチ、スルナらの経験豊富なメンバーの融合は、もっと大きな結果を得ることが夢ではないチームだったと思います。

若いと言えばビリッチ監督の若さも勝ちきるということの周到さが足りない要因だったのかもしれませんけど、経験豊富どころか百戦錬磨のテリムの今日の風貌はいつもにも増して堅気の人には見えない、サウナ上がりの親分て感じでした。
この人の姿をまだ見続けなくてはならないのは正直 気が進みません・・・・


準決勝はドイツvsトルコですか・・・・
これも内容によっては暴動に発展し得るような対戦となってしまいましたね

決勝がトルコvsロシアなんてこともあるかもしれないとか思えてきました・・・



話は替わりますが、昨日敗れ去ったポルトガルの協会は、大会期間中に何の断りもなく、監督就任を発表したチェルシーのやり方を非難しています。
当のフェリポンもあのタイミングでの発表を知らされていなかったようですので、モラルが問われても仕方ない感じです。
敗戦後のCロナの態度も、フェリポンの発表後のチーム状況の変化が多少なりとも影響しているんじゃないかと想像します。


今夜はオランダvsロシアのオランダ人監督対決 母国相手にヒディングはマジックを起してしまうのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2008-06-21 22:09 | 各国代表

やはりこうなるんですね ドイツ勝利

ポルトガルvsドイツ
目覚まし鳴ってたのは記憶にあるのですが、気が付いたら6時半でした・・・・
決勝Tとグループリーグは別物ですね
グループリーグは突破しさえすれば、何処に負けようが引き分けようがそれだけが成果であり、決勝Tはとにかくどんな状態であろうが勝つという意識が徹底されていて、且つ歴史が実証している国はベスト8に残った国の中ではイタリアとドイツなんでしょう。

そのドイツはGL絶好調だったポルトガルとの対戦は分が悪いのではと単純に想像しましたが、
そんなことは無かったみたいですね。
シュバインシュタイガー、クローゼ、バラック何れのゴールもポルトガルDFは淡白な印象を受けました。
バラックのゴールシーンはチームメイトのパウロ・フェレイラを突き飛ばしてゴールしてたのが印象的でした(笑)

ポルトガルは今回のユーロは最もチャンスのあるタレント、チーム状態で迎えた大会だったような気がしますけど、フェリポンは最後迄最高の結果を齎すことはできませんでした。
不完全燃焼でしょうね。

ドイツは次今夜のクロアチアvsトルコの勝者と準決勝を戦うことになりますが、クロアチアが勝ち上がると決め付けますが、ドイツvsクロアチアの勝者が優勝すると予想します。


Cロナは本当にマドリーへ行くの?
ユーロが終わってしまったポルトガルですが、まさかと思ってましたがCロナのマドリー行きは本当にあるのでしょうか?
本人はマドリーへ行きたいのか、2,3日中に動きがあるなんて それらしきコメントをしてるように報じられてますが、実現したらファーガソンは泣くでしょうね(笑)


ナスリはアーセナルへ
こちらは確定的なようです マルセイユとアーセナルは1300万ポンドで合意
後はメディカルチェックだけなんだそうです。
アーセナル上手いチョイスですね
リバプールにはこのあたり是非見習って欲しいです


キューウェルもローマへ?
リーセの移籍先ローマはFWの補強を最優先に考えているらしく、あまりお金がある訳ではないこのクラブはその候補の一人にフリートランスファーで獲得できるキューウェルをリストアップしてるという噂が・・・
イタリアでキューウェルがもう一花咲かせることができるのか?


今夜のクロアチアvsトルコは絶対観ようと思います!
[PR]

by beckham306 | 2008-06-20 23:34 | 各国代表

ロシア本領発揮!とドメネク壊れる

ロシアvsスウェーデン
生観戦はスルーでしたが、7時頃に再放送してたので30分くらい観ましたが、ロシアは魅力的なサッカーをしてましたね
若いチームは萎縮したのか、慎重になりすぎたのか、調子が出てませんでしたが、この試合開き直って気が楽になったのか、それともここぞとばかりにヒディングが何かを囁いたのか、使い古された言葉ですがヒディングマジック炸裂でした。

ゼニトのアルシャフィン、スパルタクのパブリチェンコが若さ爆発のゴールで2-0で勝利!
更なる価格高騰間違い無しです
これ以外にも決定的チャンス2,3点分ありましたので、スウェーデンはズタボロでした。

スウェーデンもフランス同様 御馴染み過ぎる程のベテラン偏重で、この大会はそれに輪を掛けてヘンリク・ラーションまで復活させちゃって、いつのW杯のメンバーだよ?って感じでした。
フランスと異なるのは、ベテランに取って代わる若手の人材が潤沢ではないという事実でしょうかね。
これからしばらくは、つらい時代となるのかもしれません。

ロシアはこれでまさか無いと思ったのですが、オランダと対戦です。
オランダの人達にとって、オランダ代表が快進撃のところ、なんとも云えない余計な対戦となってしまったのかもしれません。
これでロシアがミラクルを起してしまった日には、ヒディングはどうなるんでしょうね?


もう1試合 ギリシャvsスペインは、メンバーと落したスペインがグイサ、デラ・レッドのゴールで3連勝。
前会大会王者のギリシャは3連敗となってしまいました。



ドメネク 敗戦インタビューでプロポーズ!
敗戦直後の監督インタビューでドメネクはカメラを通じて、交際相手であるインタビュアーにプロポーズするという 期待を裏切らないシュールな話題を提供してくれています。

インタビュアー「今後の計画は?(引責辞任するのか?)」
ドメネク「計画はたったひとつ。エステル(インタビュアー)と結婚すること。きょうがプロポーズの日だ。こういうときは、みんな誰かを必要としている。私には彼女が必要だ」


なんとドメネクはこのインタビュアーとの間に二人の子供がいる!らしいのですが、籍は入れていないんだそうです。
こんなときに交際相手に辞めるのか?とインタビューさせること自体凄いことだと思いますけど、ドメネクもキレてしまったんでしょうか?

これに対して、世間の声は
「とっとと新婚旅行に行ってくれ。そして二度と帰ってくるな!」
というコメントが多数寄せられたそうです・・・

発言の真意を問われたドメネク
「暗い気分の夜には、明るい光が必要。誰かに愛していると伝えることは、いいことだ」
壊れちゃってますね・・・
ちなみにドメネクの後任にはデシャンを望む声が多いんだそうです。


リーセ ローマへ移籍
リーセの行き先がローマに正式に決まりました。
TVで観ることのできる強いクラブに移籍できて、それはそれで誇らしいです。
ユニも違和感ないような気がしますし、なぜか気分的にはあっさり受け入れられたんですけど・・・


リバプールがオリッチに興味?
クロアチア代表で活躍中のHSVのオリッチ獲得にリバプールが動くという記事を発見。
じゃぁ誰が出るの?ヴォロニン?それともクラウチ
それよりそんなお金あるの?
[PR]

by beckham306 | 2008-06-19 22:03 | 各国代表

さよならドメネク・・・

フランスvsイタリア
期待したような内容とは程遠い、W杯決勝を戦った両国の時代の終焉を感じさせてしまうほどの寒い内容でした。
リベリー負傷とアビダル退場ではどうにもならないと云うか、むしろ気の毒な感じすら漂うフランス・・・
やっと使ってもらえた本来主力でも不思議ではないナスリ、ベンゼマには覇気を感じましたが、ナスリはあっという間に下げられ・・・
実際ドメネクは試合後、今の代表での若手起用に失敗したことを認めています。

最古参テュラム、サニョール、マケレレは代表から退くことを表明しましたが、マケレレなんてそもそも引退宣言してたのをダメネクに無視され召集され続けるという人権的に問題あるんじゃないかと思う扱いを受け続けてた訳でこの三人が代表のスタメンであること自体が健全ではないですよね。
ドメネクは自ら退くことはないとコメントしてますが、いくらなんでもこれで解任となるんでしょう。
世代交代の遅れが再びフランスに谷間の時代が訪れないことを祈ります


対するイタリアは結果的に勝ったもののトーニに固執したことは致命傷になるところでした。
だいたいチーム全体で勝利に値するような良さがあったかどうかよくわかりません。
幸いにしてPKとドナドーニのミラン時代のお友達ファンバステンがルーマニアにきちんと勝利してくれた運が重なり決勝トーナメントに残れたようなものですよね
まぁそれでも次のスペイン戦はなんだかんでで勝ってしまうんだろうなぁと思わせるのはこの国ならではなのでしょうね・・


片やオランダはメンバーを落としてもルーマニアを寄せ付けませんでした。
オランダ3試合9得点はあまりにも驚異的です
いまとなっては初戦のルーマニアVSフランスが鍵だったように思えてきました
どちらかが勝利していればかなり違った展開になってたでしょうね

結局のところ死の組と呼ばれたC組は一強三弱ということでしたねぇ・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-06-18 23:39 | 各国代表