<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

リュングベリはMLSへ 他

リュングベリはMLSへ
ウエストハムを円満?退団していたリュングベリがMLSのシアトル・サウンダーズへ加入することになりました。
ベッカム同様の扱われ方になるんでしょうけど、ウエストハムとの淡白な契約解消からも、純粋にトップレベルでプレーする為の新天地探しだったとは思えません。
だったらウエストハムも移籍金を獲って放出したはずですしね。
アメリカでセカンドビジネス含め第2の人生を歩み出したと考えた方が適切なんでしょうね。
なんか勿体無いような気もしますが、アーセナルを去った選手に共通する、どこか寂しい行く末に感じてしまいます。


俊輔が1月にJ復帰!?
夕刊フジによると俊輔はこの1月に横浜FMに復帰が確実なんだそうですね。
移籍金約1億5千万(安くねぇか)も日産がOKしたんだそうです。

復帰理由は右足首の状態が悪く、長くプレーするためにもスコットランドの寒さは酷だということと、それとCLのGL敗退濃厚なことから、6月まで残るモチベーションももうないってことなんでしょうね・・・
今シーズンのスコットランドプレミアの試合を観てても、俊輔にあまりやる気は感じられないというか、惰性でプレーしているようにも見えます。
ストラガンは6月まで残ると思っていたらしくこの件にショックを受けているそうです。



ベッカムはミラノに新居購入?
ミランに期限付き移籍するベッカムはたった3ヶ月程度の単身赴任なのに、新居を購入したらしくミランへの完全移籍を視野に入れた動きでは?と噂されているそうです。
ちなみにその新居の場所は夜遊びがしやすい地区だとかで、単身赴任で夜もやる気満々らしいとも噂されちゃってます・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-10-29 22:58 | 欧州各国リーグ戦

ファンデ・ラモスはシャフタールへ??

ファンデ・ラモスはシャフタールへ??
スパーズを追われたファンデ・ラモスとその取り巻きコーチ陣達には、早くもオファがあるらしくそのクラブはシャフタール・ドネツクと噂されてるんだそうです。

現在シャフタールはCLも厳しい状況で且つウクライナの国内リーグでもパッとしないんだそうで、後任監督を物色中とのこと。
シャフタールはお金もありますので、運のなかったスパーズでのスタートダッシュの失敗で株を下げてしまったラモスの再就職先としては、経済的には悪くない条件となると思われます。
しかしウクライナのその果ての地まで行くかのは、報酬だけでは計れない違った決断も必要でしょうね。

ラモスが去った直後にゴールを決めたパブリチェンコは、「このゴールをラモスに捧げる」とコメントしてくれてますけど、ラモス的にはそんなことはいいからオレがいるときに決めてくれよ!って気持ちでしょうね・・・



モウリーニョ「まだオレ様のことを理解してない奴がいる」
一人少ないジェノアに0-0で終えてしまったインテルですが、モウリーニョは選手が自分の指示通りプレーしていないことにお怒りなんだそうです。

「自分(モウリーニョ)を理解してない奴は、水曜日の招集メンバーから外れる報いを受けることになるだろう!」と殆ど脅しのようなコメントを吐いてます。

そしてその対象はというと、クルス、バロテッリ、オビンナだそうです。
中でもフリオ・クルスモウリーニョと口論しちゃったんだそうで、当分浮かばれそうにありません。
モウリーニョには絶対服従が基本でしょうから、クルスにはボルトン行きの噂もあるだけに、この冬の移籍が現実味を帯びるような気がしてきました。

ちなみに調子を取り戻しつつあるアドリは、ジェノア戦後の夜遊びの影響で練習に遅刻しモウリーニョに帰れ!命令を受けていたこともわかりました。
皆明日のフィオレンティーナ戦には出場しない見込みです。

対するフィオは絶好調ジラが、故意のハンドで2試合出場停止を受けており、注目のインテル戦に出場できないんだそうで、ビックネーム同士の対戦なのにメンツは地味な対戦となるのかもしれませんね。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-28 23:46 | 欧州各国リーグ戦

チェルシーvsリバプール

チェルシーvsリバプール
いやぁ こんなにもリバプールが頼もしく感じられたのは記憶にないですよ
シャビ・アロンソの先制ゴールはラッキーであったことは間違いないですが、その後の試合運びは、やれるもんならやってみろとチェルシーを上から目線で見ていられるくらい、自信を持って守りきれる雰囲気がありました。
チェルシーがあんなに攻めあぐねて途方に暮れている様は、あまり見ることはできないですもんね。
試合前のフェリポンベニテスに対して余裕の態度で、この試合を楽しみにしていたかのコメントもしてたようですが、少し見くびっていたような気もしないでもありません。

両チームのFWはドログバ、トーレスを怪我で欠き、ワントップのキーン、アネルカは共に存在感が無かったことは共通してました。
しかし中盤はバラック、Jコールを欠くチェルシーに対して、リバプールのジェラード、アロンソマスチェラーノは、貫禄と献身性を兼ね備えたどこのクラブもマネの出来ない、レベルの高さがあったと思います。
やっぱりシャビ・アロンソは絶対に放出しちゃぁダメです!!!!
惜しかったツェフが逆にしか動けなかったFKは、先制点のラッキーさと相殺しても、この日1ゴールを奪うに値するものでした。

チェルシーは途中交代で出てきた控えの選手が、選手層のこれでもかという厚さがある印象からは程遠いメンバーが投入されたのは拍子抜けでした。
あとはアシュリー・コールの腹立たしいダーティさは相変わらずだなぁと思いました。
彼は嫌いです。

久々に熱くなり、そして体の中の悪いモノが抜けたかのようにスカッとさせてくれた内容、結果の試合でした。
今シーズンこそ リバプールを応援してて良かったと思わせてくれることを期待してしまいます。



今週はミッドウィークにもプレミアがありますが、リバプールはレドナップの去ったポーツマスとクラウチダービー。
ポーツマスの新監督にはアラダイスの名前も挙がってるようですが、アダムスのまま行くのかもしれませんね。
そしてチェルシーは脅威の好調さを持続する昇格クラブ ハルシティとアウェイで対戦です。
ハルに頑張ってもらって、6ポイント差を付けての折り返しなんてことになるとラッキーなんですけどねぇ
そんなに上手くはいかないな・・

スパーズはラモスが居なくなったとたん、レドナップで勝利・・・・
そんなもんですかねぇ
そういえば、ファンデ・ラモス関係の投稿にファンデーションに関するTBが飛んできてるのに笑いました。
そこまでこじつけるのかよ
[PR]

by beckham306 | 2008-10-27 22:08 | 欧州各国リーグ戦

ファンデ・ラモス解任!と昨夜のプレミア

ファンデ・ラモス解任 そして後任は?
今夜のボルトン戦を前にファンデ・ラモスとコーチ陣の総辞職が発表されました。
木曜のUEFA杯敗戦でクラブ側は、交代に踏み切ったようです。
残念ですが、これ以上現体制に賭ける楽観的要素はないと判断されても仕方はと思います。

昨年に続いてシーズン途中で、監督交代に踏み切らざるを得なくなったスパーズですが、後任はレドナップと交渉中だそうです。
ポーツマスは財政的に厳しいんだそうで、冬には選手を放出しなくてはないらない状況で、そこにつけ込んでレドナップを高値で奪い取る作戦にポーツマスは嫌とは云えないようです。
レドナップ自身もキャリアの終盤にビッククラブ?を率いることに前向きだそうで、今夜のボルトン戦からベンチ入りするとか云う無茶苦茶な話もあるそうです。
このパターンで色気を出したボルトン→ニューカッスルに行ったアラダイスと同じパターンな気もしますけど、どん底スパーズを短期間で蘇らせることができるのでしょうか?

スパーズってキーン、ベルバドフの放出資金があるとは云え、それなりの選手は獲得してますし、監督もヨル→ラモス→レドナップで、契約金、違約金、報酬にかなりのお金を捨ててるイメージがありますが、そもそものオーナーさんが大金持ちなだけなのかよくわかりませんが、資金的は裏づけがイマイチ疑問です。
ポ-ツマスも今シーズンはUEFA杯まで出場するまでになったのに、突然先行き不透明になってきちゃいましたね。
クラウチはどうなるんだ?


昨夜のプレミアの結果
エバートンvsマンU
やじられたルーニーがエバートンサポにマンUのユニにキスをして挑発したり、フィル・ネビルクリロナにダーティーなタックルをして男を上げたり?と期待を裏切らない内容だったようですね。
試合結果はハルシティが勝利しただけに1-1のドローとマンUにとっては痛い結果でした。
モイーズ監督はエバートンと5年の契約更新をしたんだそうです。
中堅クラブにはめずらしい長期政権となります。


サンダーランドvsニューカッスル
こちらも大盛り上がりでした。
先制はマルブランクの切り込みからシセのアクロバティックなゴール!
スパーズはマルブランクは出すべきではなかったと思います。
2-1となってからサンダーランドは、引き過ぎでヒヤヒヤしましたが、ホームでニューカッスルとのダービーに28年ぶりの勝利を飾ってます。

ニューカッスルはこれで19位とスパーズと共に降格圏内です。
この2クラブが、降格なんてことになったら寂しいものがありますねぇ


WBAに勝利して3位をキープしているハルシティーですが、この後チェルシー、マンUと対戦は続きますので、もう少しの間頑張ってくれるとリバプール的には嬉しいですけどね。
その前に今夜の頂上対決 楽しみにしたいと思います。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-26 17:06 | 欧州各国リーグ戦

UEFA杯とベッカムの移籍に暗雲?

10/23のUEFA杯の結果 
A シャルケ 3-1 PSG
  トウェンテ 1-0 ラシン
B ガラタサライ 1-0 オリンピアコス
  ヘルタ 1-1 ベンフィカ
C セビージャ 2-0 シュツットガルト
  パルチザン 1-2 サンプドリア
D ウディネーゼ 2-0 トッテナム
  ディナモ・ザグレブ 3-2 NEC
E ヘーレンフェーン 1-3 ミラン
  ブラガ 3-0 ポーツマス
F ジリナ 1-2 ハンブルク
  アストン・ビラ 2-1 アヤックス
G コペンハーゲン 1-3 サンテティエンヌ
  ローゼンボリ 0-0 クラブ・ブリュージュ
H CSKAモスクワ 3-0 デポルティボ
  ナンシー 3-0 フェイエノールト


シャルケは代表で問題を起したクラニーの1得点を含む3ゴールでPSGに勝利。
ガラはハリー・キューウェルのゴールで勝利してます。ガラはバロシュも先発しておりリバプールファン的には、とても気になるチームですねぇ
スパーズはウディネに0-2で負けて浮上にきっかけをまたもや掴めてません。
ここに名前があることが相変わらず違和感がるミランはアウェイで順当勝ち。
先発のシェバはUEFA杯要員となってしまったのでしょうか?
松井のサンテティエンヌは勝利してますが、出番は巡ってこなかったようです。
松井は移籍後出場機会に恵まれているとは言えませんね


ベッカムのミラン移籍にビクトリアは大反対
ミランへの期限付き移籍が決まったと報じられているベッカムですが、奥さんのビクトリアはハリウッドでの映画撮影や、子供の学校の問題を理由にミラノ移住を拒否しているんだそうで、ミラノ行きを強行するなら離婚?を迫られ、デイリー・ミラーには一転移籍破談の可能性なんて書かれちゃってるらしいです。
実際ベッカムは単身赴任でのミラノ行きとなる模様で、そうなるとイタリアで女が寄ってこない訳がないですよね
今度こそ不倫で離婚となる可能性も・・・

ベッカムの今回のレンタルには現所属先のLAギャラクシーのアリーナ監督もレンタルには猛反対しており、ベッカムはレンタル期間終了後に、すんなりギャラクシーに戻れるのかも疑問です。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-25 19:25 | 欧州カップ戦

CL アトレティコvsリバプール 他

CL GL第3節②の結果
アトレティコ・マドリー 1-1 リバプール
PSV 2-0 マルセイユ


今シーズン久々に早起きして生観戦しました。
ビセンテ・カルデロンでのリバプールvsアトレティコ
トーレスが怪我で盛り上がりに欠けることになりましたが、GL最大の見所と勝手に期待してただけに、内容は拍子抜けの感がありました。
アグエロもベンチだし、特にリバプールはあんなに省エネモードとは思いませんでしたので・・・

ロビー・キーンのゴールは移籍してから最も彼らしいゴールだったと思います。
あーゆうのポンポン決めてくれると獲った価値あるんですけどね。
その後のジェラードのドンピシャクロスをミスったのは、結果的に勝敗に直結する大きなミスとなってしまいました。あれを決めてれば勝利間違い無しだったでしょうしね・・・
粕谷も言ってましたが、ロビーキーンのプレスのかけ方は、リバプールの規律とは少し異なるものがあって、まだフィットしてないという声があっても仕方ないと思いました。

ルイガル、シナマの元リバプールのメンツはスタメン出場してたのは嬉しかったですね。
シナマは仕事をさせて貰えませんでしたが、彼のリーガに行ってからの成功は素晴らしいですよね
ルイガルのプレーする姿も懐かしかったです。

ジェラード、アロンソを下げての0-1でOKモードは見透かされ、ベニテスが欲しくてたまらなかったシマンにやられるとは、キーンの2点目となったであろうミスの重要性を実感させられることになりました。
もっと迫力のある試合を期待してたんですけどね
早起きした満足感は無かったです。
前半を見る限りリバプールの方が明かに底力あると思いましたのでアンフィールドでは、ボコボコして欲しいものです。

もう1試合はPSVが生き返ったようですので、むしろこちらの方が要注意かもしれません。


インテル 1-0 アノルソシス
パナシナイコス 2-2 ブレーメン

アノスソシスはこのレベルの試合で、対等に戦うことレベルにあることが今日の試合を観てよくわかりました。
インテルはアドリのゴールで勝利こそしましたが、ドローであっても何ら驚くことのない内容でしたので、アノルソシスは決勝Tに残っても不思議でも何でもありません。
ブレーメンは相変わらずですね・・・


チェルシー 1-0 ローマ
ボルドー 1-0 クルージュ

ローマは健闘してましたね。
チェルシーは、テリーが辛うじて決めて、順当な結果に
この組は意外にも混戦模様です。


シャフタール・ドネツク 0-1 スポルティング
バーゼル 0-5 バルセロナ

バルサとバーゼルの実力差は、激しいものがありました。
あんなに違うものかと驚きましたよ。
バーゼルは残念ながらGL突破には可能性の欠片もないように見えました。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-24 00:27 | 欧州カップ戦

10/21 CL GL3節①

10/21 CLの結果

両チーム合わせて3点以上点が入った試合が8試合中6試合あります。
内3試合は7点以上ゴールが決まるという、観に来た人はさぞ満足だったと思える大盤振る舞いのゲームが多かったようですね。

マンU 3-0 セルティック
ビジャレアル 6-3 AaB

この組は決まっちゃいましたね・・・
俊輔はファーガソンも恐れる飛び道具を炸裂させられず途中交代・・・
ベルバドフにもて遊ばれて万事休すでした。
ビジャレアルは6点獲りましたがホームで3失点は、どうゆう内容だったのでしょうかね?
オールボーの実力が未だよく判りません


ユーべ 2-1 マドリー
ゼニト 1-1 BATEボリショフ

ボコボコにされるのでは?と心配だったユーべはデルピエロの目の覚めるゴールで先制。
その後の追加点も含めカシージャスにはお気の毒の2失点でした。
マドリーのこの結果でゼニトは勝利していれば、おもしろくなったのにドローで最下位に沈んだままです・・・
このあたり経験の無さでしょうかね?

バイエルン 3-0 フィオ
ステアウア・ブクレシュティ 3-5 リヨン

不調バイエルンはフィオ相手に苦戦するかと思いきや快勝
ただトーニは古巣相手に決められず、方や好調ジラもこの試合は沈黙だったようです。
フィオは苦しくなってきました


フェネルバフチェ 2-5 アーセナル
FCポルト 0-1 ディナモ・キエフ

ディナモ・キエフが予想外の健闘
アーセナルは若い力でも安定しちゃってますねぇ


ACL決勝進出はG大
アウェイのG大が浦和に勝ちました。
決勝は是非ともジーコのブニョドコルに勝ち上がってもらい盛り上げて欲しいですね。
G大には是非ともCWCでマンUと本気モードでの対戦する権利を得て欲しいものです。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-22 23:05 | 欧州カップ戦

ベッカムがミランに期限付き移籍するらしい!!!

ベッカムのミランへの期限付き移籍が実現!?

-------------------------------------------
イタリアの衛星テレビ、スカイ・イタリアは22日、同国サッカー1部リーグ(セリエA)のACミランが来年1月にイングランド代表MFベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー)を期限付きで獲得すると報じた。
 同クラブのガリアーニ副会長が同日午前に明らかにした。ベッカムは国際サッカー連盟(FIFA)の規定で移籍可能となる1月に加入し、今季終盤までプレーするという。同副会長は「交渉は完了した。ビジネス面だけでなく、チーム強化の面でも有益な選手だ」と話した。

[ 共同通信社 2008年10月22日 19:28 ]

--------------------------------------------

久々に目の覚めるようなニュースが飛び込んできました。
ベッカムはMLSのシーズンオフにあたる時期に昨年もアーセナルで練習したりしてましたが、今シーズンはミランで練習することは先日報じられてましたが、上記の記事はまだ契約には至ってはいないにしても、かなり信憑性の高いものに思えます。
まさか本当に欧州でそしてミラン!!でプレー(本来はインテル希望)することになるとは夢を見ているような気分です。
MLS開幕するまでのレンタルということになるでしょうから実質1月~3月の3ヶ月だけってことでしょうね。
もしかしてカペッロが口添えしたんでしょうか?
今回の期間限定移籍はラーションのマンUでプレーしたときと同じでしょうね
若干反則気味な移籍とも感じますが、ベッカムが欧州でプレーできるのなら良しとします。

ベッカムロナウジーニョ、カカ、シェバが一緒にプレーするなんて、一時のマドリーを彷彿させる少し歳を取りすぎたギャラクティコって感じです。
ベッカムは当然欧州杯戦でプレーすることができるでしょうけど、このメンバーで戦う舞台がUEFA杯っていうのは、寂しいものがありますよね・・・・

これでミランが強くなるのか、なったとしてもそれでいいのか 何とも云えないですが、ベッカムにとって、イングランド代表にとってもMLSでプレーするよりは良いことは間違いありません。
[PR]

by beckham306 | 2008-10-22 22:41 | 欧州各国リーグ戦

マンチーニがユーべと・・・

ユーべとマンチーニが接触!?
Goal.comにユーべ首脳陣とマンチーニが会食をしたなんて書いてあります。
ラニエリさんがパッとしない状況で、後任候補かなんて書かれてますが、マンチーニにはマンCの監督に就任説も根強くあり、英語の勉強をしてるとか噂はありますが、現在フリーである大物監督としてその行き先は注目されます。
もしもユーべの監督になってインテルと対戦なんてことは考えるだけで複雑な気分になります。


ブッフバルトは浦和復帰?それとも日本代表監督?
今期の浦和はもはや崩壊なんて書かれてますけど、エンゲルスの後任にはブッフバルトの再登板が濃厚らしいなんて噂が・・・
そのブッフバルトですが現JFA会長犬飼氏と懇意にしていて岡ちゃんの後任候補こそブッフバルトでは?という噂もあるそうで、俄かに注目を浴びてきそうなんだそうです。
ちなみに僕は盲目的なオシム派です。


さて今夜のCLで注目は、日本人的は俊輔セルティックvsマンUなんでしょうね
ファーガソンも俊輔のFKは要注意とコメントしているなどすっかり認知度が上がってます。
そして大きな一戦はユーべvsマドリーでしょうね
元気のないラニエリに止めを刺すことになるのでしょうか?
それからバイエルンvsフィオのトーニダービーもあります。
この組み合わせは昨シーズンのUEFA杯でもありましたね。
今シーズンはジラvsトーニが注目でしょう!
[PR]

by beckham306 | 2008-10-22 00:44 | 欧州各国リーグ戦

オシムが再来日! 他

スパーズどん底を抜け出せず・・
昨夜のプレミアで密かに注目していたストークシティvsスパーズは、危惧したとおり1-2で力負けしたかのような敗戦・・・
この結果でファンデ・ラモスの解任はグッと現実味を帯びてきた気がします。
この方より良い監督なんて、そう簡単に探してこれとは思えませんので、ここから目の覚めるような上昇劇でもあると嬉しいのですが、今となっては期待薄でしょうか?
もう1試合のハルシティは、ウェストハムを破って3位!キープです。


ローマが心配・・・
セリエAはインテルがローマにズラタンの2発を含む0-4で大勝しちゃってますねぇ
インテルがどうのこういうより今シーズンはローマが心配です・・・
モウリーニョはスパレッティを褒め称えたりして、余裕の上から目線で嫌味度が上昇してます。
ミランはロニーの2発でサンプに勝利してますが、あまりおもしろい試合では無かった印象でした。
その他 森本がフル出場したカターニャがパレルモに2-0で勝利し3位と好位置につけてます。
あと気になったのはセリエA得点ランキングでジラが1位なんですけど、チームが変わってすぐこんな結果を見るとミランではよっぽど伸び伸びプレーできなかったんですかねぇ?


オシムが再来日そして札幌の監督就任?
オシムが22日来日するそうです。
アドバイザーとしての活動と病院での検査が目的とのことですが、日刊スポーツはJ2降格が決まった札幌の監督にオシム親子で就任の噂を報じています。

その理由として、当然ながら札幌サイドもそれを希望していることと、02W杯の際にFIFAテクニカルスタッフだった時に札幌での試合担当だったこと(無理がないか?)、生地サラエボに近い涼しい気候が、体調にもよろしいなど、一見なるほどって感じもしますが、こじつけともとれる理由が書いてあります。
半身にマヒが残ると云われてますが、マヒしている方の手も動かせるようになってきたという報道もあり、現場復帰ということは現実味があるんだと思いますけど、もし復帰するなら日本代表を面倒見て欲しいけどなぁ・・・
[PR]

by beckham306 | 2008-10-21 00:02 | 欧州各国リーグ戦