<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

CL マドリーvsリバプール 他

CLベスト16 1stleg②
今朝は久々に早起きをしたことで一日がすっきりとした気分で過ごせた日でした(笑)

マドリーvsリバプール
CLでのリバプールの戦い方の真骨頂って感じの試合でした。
なんでCL(特に決勝T)だとこんなに頼もしいのでしょうか?
ジェラード不在、トーレスは怪我で途中交代という状況でベルナベウで0-1の勝利でした。

トーレスがベルナベウで一発ぶち込んくれるのが理想でしたが、マドリーに舐められてたと思われる存在のベナユンが終始良い動きを魅せてへディングを決めました。
両チームのメンバー個々の実力だけを較べると、遥かにマドリーの方が素晴らしい選手を揃えてると思います。
特にこの試合頑張っていたリバプールの3人(リエラ、アウレリオ、アルベロア)とイグアイン、ガゴ、マルセロあたりを較べると久々に観ましたが流石マドリーが獲りに行く素晴らしい人材だと再認識しました。
あとロッペン! 相変わらず別世界の切れ味ですね。
それでもリバプールの集中力、向いている方向が一糸乱れないのは、一体何がそうさせるのでしょうかね?

この試合ファンデラモスはグティ(どこのチンピラかと思いました)を投入する以外手を打ちませんでしたが、ベニテスとの手腕の差は明白でした。
マドリー首脳陣は、次マドリーを率いてもらうのはベニテスであることを確信したのではないでしょうか?



チェルシーvsユーべ
ユーべはのんびりとした試合をしてしまったように思います。
往年の?チェルシーらしい試合運びで、勝つべくして勝った感じ。
チェルシーをお払い箱になったチアゴとシソコの中盤は、チェルシーのメンバーに較べると見劣りするものです。
ネドベドは今シーズンいっぱいで現役引退を表明しています。


スポルディング・リスボンvsバイエルン
この結果は2ndkegを待たなくても勝負は決まりでしょう

ビジャレアルvsパナシナイコス
1-1の結果はビジャレアル的には誤算でしょうね。
[PR]

by beckham306 | 2009-02-27 01:32 | 欧州カップ戦

CLベスト16 1stleg①

CL ベスト16 1stleg①
待ちに待ったCL再開です。
ベスト16って一番楽しい時のような気がします。
こんな凄いクラブ同士の戦いが一日に4試合!も観られるなんて凄いことです。
今年もご多分に漏れず筋書きのあるドラマがたくさん用意してあって、ベスト16で見るには勿体無さ過ぎる対戦がいくつかありますよね。

そのひとつはこれでしょ
インテル 0-0 マンU
決勝もしくは準決勝で観るべきカードですよね。
サンシーロでの1stleg 前半はマンUペース 後半はインテルが持ち直すという展開。
DF陣特にインテルは初々しい面子を使わざるを得ない状態で、ジュリオ・セーザルの大活躍で無失点に抑えましたが、2点くらいは入ってて不思議でない試合でした。
インテルはアドリがブレーキでしたね。
とても緊迫した締まった試合でしたが、1点どちらかが決めてたらもっと盛り上がったと思いましたが、まぁでもレベルの高い試合でしたね
どちらが有利かまだまだ判りません。個人的にはなんとしてもインテルにマンUを破って欲しいんですけど、2ndlegは1-1でインテル勝ち抜けを予想します。

リヨン 1-1 バルサ
調子が下降気味のバルサとピークは過ぎたけど余裕が出てきたリヨンの戦いは、メッシを抑え込んだリヨンが飛び道具ジュニーニョのびっくりするようなFKで先制。
その後泥臭くアンリがヘッドで同点(ヘディング後のポストの避け方がエレガントでしたが)にしてドロー 

アーセナル 1-0 ローマ
唯一ドローでなかった試合です。
リーセがイングランドでプレーするのを観るのも感慨深いものがありましたが、トッティの出場したローマは、どうもイングランドの地に苦手意識が根付いているのかアーセナルペースだったようです。
ファンペルシのPKで勝利してます。
ローマはオリンピコで盛り返せるでしょうか?

Aマドリ- 2-2 FCポルト
地味派手なこのカード
ポルトはフッキが先発フル出場してます。
素直に考えればビセンテ・カルデロンで2失点は痛いでしょ。


さてさて今夜はマドリーvsリバプールそしてチェルシーvsユーべのラニエリダービーがあります。
ジェラードは出場するのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2009-02-25 23:01 | 欧州カップ戦

リバプールvsマンC

リバプールvsマンC
あれだけ攻めてて決められないと日本代表っぽい結果になっちゃいます(笑)
もちろんジェラード、シャビアロ不在は大きかったんでしょうけど、でももう1点は獲れたと思う。
べラミーのゴールはアルベロアの足に当たって向きが変わるクリーンでないものでしたし運も無かったのかも
カイトのゴールは彼らしさ満載!
今日のベナユンは精度無さ過ぎ・・
リエラは古巣相手にいいとこ魅せようとして力んだのか?

気が付けばマンUと7P差 
直接対決までにせめて5P差以内にはしておこうよ

その前に今週はCLです。
ジェラードが復帰できるというニュ-スもありますが、今年はまだCLに集中できる状況ではないのは喜ぶべきことなのか?
マンUはインテルに潰してもらえるとしたらプレミアに集中できる訳ですし、リバプールは二頭追うもの・・・・になってしまうのか?
ベニテスはなかなかリバプールと契約更新しないですけど、CLでマドリーを破って評価を上げてそのままマドリー行きなんてことは?
[PR]

by beckham306 | 2009-02-24 01:06 | 欧州各国リーグ戦

ヒディング初采配

ヒディング神話継続中
昨夜のプレミアの注目は、チェルシーのヒディング初采配でしたが、対戦相手は自分達の一つ上の順位であるヴィラとここで負けるようなことがあると優勝はおろかCL出場圏にも影響する初戦にしては重い一戦です。
チェルシーの面々のモチベーションは高く緊張感のある試合でしたが、それにしても従来のチェルシーの横綱相撲的強さをイメージからすると、そんなに実力差は感じられないというか、経験差で一枚上ってくらいにしか見えませんでした。
試合はアネルカの1点を守りきって1-0で勝利した訳ですが、ヒディングは何か特に大きな変化を加えたとも思えませんでしたし、ドログバの先発や途中でデコを投入したりと満遍なく気遣いをした布陣だったと思います。
皆さんその気遣いに応えてはいましたので効果はあったってことなんでしょうけどね。
ヒディングは今期末までの指揮を再三に渡り明言していますが、珍しくこの試合アブラモさんも見にきてましたし、快進撃を続けたら、アブラモさんはそう簡単に帰してはくれないんだと思いますよ。

その他 マンUはブラックバーンに失点してしまったもののルーニー、Cロナのゴールで勝ち点を取りこぼしてくれませんでした。
アルシャフィンのデビュー戦となったアーセナルvsサンダーランドは寂しくドローで、アーセナルは首位マンUとの勝ち点差は、なんと17!
今夜はリバプールvsマンCがある訳ですけど、チェルシーとの差を考えても勝ち点3は必要ですね。


森本にプレミアのクラブが興味?
日本代表招集も騒がれているカターニャの森本ですが、マンCとエバートンが興味を示しているなんて記事がありましたね。
噂はともかくとして、代表には呼ばない理由はないんじゃないかと思うのですが?
カターニャの試合は今夜ですが、昨夜はインテルがミハイロビッチのボローニャを1-2で破ってます。ユーべもローマも勝利と番狂わせは無しでした。


バルサ久々の敗戦
絶好調ぺップのバルサがカンプノウでエスパニョールに負けてます。
それも元バルサ デラペーニャの2ゴールで・・・
マドリーはベティスに6-1!と大勝しており、勝ち点差も7まで縮まってきてます。
気になるのは来週のCLを考えるとマドリーに絶好調になられては困るんですけどね・・
[PR]

by beckham306 | 2009-02-22 20:31 | 欧州各国リーグ戦

UEFA杯 Round32 1stleg 他

ロビーキーンを残すべきだった!
こう考える人がいることは全然不思議ではありませんが、今回この発言を誰がしたかと言うと、来週リバプールと戦う現マドリーの監督で、ロビー・キーンがスパーズを出るきっかけとなった張本人のファンデ・ラモスです。

「キーンはトッププレイヤーであり、彼がリバプールの調子を狂わせていたわけではない。彼はゴールを決めて、チームプレイヤーであることを示してきたはずだ」

「彼はどんなクラブにとっても試合を決する力を持っている。だから、私はもし彼がリバプールに残っていたら、彼に注意するようにディフェンダーに伝えるだろう」

「もしトップクラブを率いていて、年間に60試合以上をこなさなければいけないなら、選手が本当に望まない限りは、1月の移籍市場で選手を失いたくはない」

「特に今回の移籍では期間が短すぎる上に、リバプールは多くの損出を出してしまった」

「リヴァプールは、少なくとも夏まではロビー・キーンを残しておくべきだったし、適正価格で彼を放出すべきだった」


一理あることを云ってますので、とりたてて驚くことでもないのですが、でも 「あんたには言われたかぁないよ」とキーンは思ってるような気がします・・・


UEFA杯 Round32 1stleg
ベッカムが登録されたミランはアウェイでブレーメンと対戦しましたが1-1ドロー。
ベッカムの移籍交渉をLAで20日に行われると言われてましたが、来週に延期されたそうです。
長谷部そして大久保も欧州杯戦に登場したPSGvsヴォルフスブルグは2-0でPSGの勝利。
好調ヴィラvsジーコのCSKAは1-1ドロー。
寒いウクライナのディナモ・キエフとアウェイで対戦するのは給料未払いで懐が寒いバレンシア。
こちらも1-1のドローでした。
ディフェンディングチャンピオン ゼニトはシュツットガルトに2-1で勝利し貫禄を見せてます。
ゼニトはアルシャフィンに続き、ティモシュクが今期限りでバイエルンに移籍しちゃうことが決まってるそうですね。
松井のサンテティエンヌはアウェイでオリンピアコスに勝利と金星です。
松井は出場してませんが・・・

今夜はシャフタールvsスパーズ、フィオvsアヤックス、などネームバリューだけは間違いなくビックカードの部類の対戦があります。
[PR]

by beckham306 | 2009-02-19 23:20 | 欧州カップ戦

アッガーはミランへ?

アブラモさん総資産の40%を失う
アブラモ
さんは依然ロシアで2番目の金持ちはではあるものの、総資産は1年前の235億ドル(約2兆1600億円)から139億ドル(約1兆2800億円)に減少したんだそうです。
チェルシーの負債の額が先日報じられてましたが、フェリポンの違約金がそれに加算されてないとか心配するような記事もありましたけど、目減りしたとは云え依然¥10億単位のお金云々は掠り傷程度みたいですね。


ロッベン「CLではリバプールに借りがある」
来週のCLでリバプールと対戦するマドリーのロッペンが、リバプールに対して「借りがある」とコメントしたそうです。
それはチェルシー時代にCL準決勝で2回負けてることと、PKをレイナに止められたことを指してるみたいです。
そしてアンフィールドでの戦いは厳しく、初戦のベルナベウで2点差以上の差をつけることが重要だと申してます。
ロッペンらしからぬ謙虚なコメントは、そこまでリバプールにビビらなくてもいいんじゃないかと思うのですが、今回3度目の苦汁を舐めてもらいましょう。


ベッカム移籍交渉は20日に決着?
ガッリアーニは移籍期限延長の交渉にUEFA杯後LAに飛ぶそうです。
20日が重要な日になるとコメントしてます。
移籍金の開き分をベッカム自らの自腹を切るなんて話もありますが(それでもあまり痛くない)、この状況でギャラクシーにむしろ戻れるとは思えないので、
決着がついて欲しいと思います。
どうせ売るなら高いほうが良いとか考えて、マンCとかに売られたりして・・・


ミラン アッガー獲得間近?
そのミランがアッガー獲得間近で15、16日にメディカルチェックを済ませたなんて記事があります。
アッガーはリバプールでの出場機会の少なさに失望するコメントをしてますが、それは理解できるもので、正直移籍されちゃうのは仕方ないと思います。
先日の試合でキャラガー、シュクルテル、アッガー3人のDFラインは最強の布陣だと思いましたけど、このままだと来シーズンからはミランの選手ってことになってしまうのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2009-02-18 22:22 | 欧州カップ戦

ミラノダービー 他

ミラノダービー
久しくインテルの話題を取り上げないような気がします。
セリエAの話題といえばミランのベッカムのことばかりに目が行ってしまいますが、MLS行きを決める前までは、インテルに移籍する寸前?だった時期もあったように記憶しています。
個人的には青黒のベッカムは観てみたかったなぁと思います。
両サイドがベッカムとフィーゴなんてことが・・・

移籍がすんなり実現しなかったにも関わらず「ギャラクシー復帰は難しい!」と戻る気全く無しのベッカムも出場したミラノダービー
結果はアドリの疑惑のゴールとスタンコビッチの2ゴールでミランを振りきりました。
活躍したのはアドリとスタンコビッチとは、モウリーニョはモチベーションの作り方は本当に上手いと思いました。
役者の長所をフルに引き出すというか、躍らせるのが上手ですよね
監督なんて、選手の好き嫌いなんて本当はどうでも良くて、いけ好かない奴でも、おだてて結果を出してさえくれれば、それが自分の評価になる訳ですからね。
結果を求めることにプライオリティを置いたメリハリのある采配はモウリーニョの真骨頂でしょう。
あっそういえばこの試合でベッカムは負傷しちゃったんですよね 
もし復帰に3週間とか重い怪我だなんてことになったりしたら、ミランでの見納めの可能性も・・・


オールドファームとFA杯
昨夜は俊輔も出場していたオールドファームを観たのですが、当然ながら熱い肉弾戦が繰り広げられて、見応えはあるのですが、その後にFA杯もエバートンvsヴィラを見たら、レベルの差を歴然と感じましたよ。
プレミアのそれなりにクラブ同士の対戦は全然レベル違いますね。
カリューを久々に観て感動しましたが、結果はエバートンの勝利でした。
その他マンUがダービーに勝利、前日にチェルシーがヒディングが観戦する前で勝利し8強入りを決めています。
皆さんFA杯で勝ち残って体力消耗して下さい(笑)
[PR]

by beckham306 | 2009-02-17 01:20 | 欧州各国リーグ戦

ベッカム ミラン移籍実現せず!?

ベッカム ミラン移籍実現せず!?
MLSコミッショナー側は13日を交渉期限とコメントしていましたが、ミランは当初オファの倍額の2000万ドルを提示するとかの報道もあり、すんなる移籍が纏まるのかと思ってましたが、ギャラクシー側は、ミランからの新たなオファは無かったとして、ベッカムは予定通り3/9にMLSに復帰するコメントを出したようです。
これ以上の交渉、検討は応じないとしているようなのですが、このコメント自体駆け引きそのもののような気がしますのですし、ミラン側があっさり諦めているとは思えず、まだ企みがあると予想します。

当のベッカムもまだ本件についてコメントは出していないようですし、このチャンスを逃すと欧州に第一線に復帰するのは、また不透明になってしまう恐れがありますので、水面下で動き続けているんでしょう。
移籍金を自らの懐から出すなんて話もあったりして予断を許さないのかと思いますが、正直今更MLSで真剣にプレーする気持ちになれというほうが無理だと思います。
でもまだ第一線で通用する時期に、MLS移籍を決めてしまったのはベッカム本人ですし、その決断をするきっかけとなったのはカペッロで、そのカペッロがミラン移籍を後押ししてるというのも、なんだかなぁと思います。

何ににせよ まだこの移籍話は終わってないと思いますね。 
[PR]

by beckham306 | 2009-02-14 21:45 | 欧州各国リーグ戦

今週行なわれた親善試合や予選のお話

オーストラリア戦のあった日の各国親善試合の注目カードでは欧州王者スぺインとユーロ予選落ちのイングランドという、ビッグネーム対決の割りに格差のある対戦は王者スペインが2-0で勝ってますね。
トーレスが怪我をすることが心配でしたが無事でした。
そしてベッカムは108キャップ達成で歴代2位なんだそうです。
そのベッカムのミラン移籍話は、MLS開幕の関係からギャラクシー的には今週中にそれなりのオファを提示すれば応じるとしており一両日中に何らかの発表があると思われます。

ブラジルはロビーニョの個人技炸裂でイタリアを破り、アルゼンチンはマルセイユでフランスと対戦しメッシのゴール等でドメネクをブーイングの嵐に導いたらしいです。
ドイツがノルウェーが0-1で負けてるのが地味ながら目を引きます。

W杯予選では、アイルランドがグルジアにロビー・キーンの2ゴールで勝利しています。
北中米の最終予選ではメキシコはアメリカに2-0で負けるというエリクソンの解任の噂も無理からぬ結果となっています。
6カ国中3カ国はストレートインで4位が南米の5位?6位?とプレーオフですが、今の状況ではエリクソンに、プレミアを初めとするクラブの監督就任の噂は出てきても仕方がありません。
[PR]

by beckham306 | 2009-02-14 00:29 | 各国代表

オーストラリア戦とヒディング

W杯アジア予選 日本vsオーストラリア
リスペクトし過ぎのような気もするケイヒルは、なんだか妙に貫禄がありましたね。
今日の両チームのメンバーの中では、別格な雰囲気というか妙な余裕を醸し出してたように見えました。
冷静に考えれば ただのエバートンの選手なんですけどね(笑)

試合の方は、なんだかんででオーストラリアがアウェイを意識した試合運びをしたというだったように感じました。
いつものことですが日本は惜しいシーンたくさんありましたけどねぇ
特に遠藤のシュートは決まって欲しかったです。
このレベルだと感じることですが、日本の選手のパスのボールスピードの遅さは気になります。今日もコロコロパスを狙われてるケースありましたし・・
松井は俺は欧州でプレーしてるんだぜって感じが 良い意味で滲み出てましたね
格好良かったです。
ドイツから呼んでおいて稲本がベンチ入りメンバーから外れたってのは酷い話だと思います。
岡ちゃんは負けたら解任なんて話までありましたけどドローで首は繋がったとは思いますが、これで1位通過は他力本願ぽくなっちゃいましたね。
最終節のアウェイでのオーストラリア戦まで望みは繋いでおきたいです
あれ?2位でもそのまま出られるんでしたっけ?

取り留めのない話になりますけど、アジアでの宿敵がオーストラリアってのは悪い話ではないですよね
今までなんか韓国がそうゆう対象になっちゃってましたけど、遥かにスポーツとして健全に戦えるし、見るほうもヘンな感情意識させられないし、欧州でプレーしてるそれなりの選手も見られすし、戦うこと自体実際タメになると思うしで 良いことずくめな気がします。


ヒディングがチェルシーの監督に就任!
噂されていたヒディングが今期末までロシア代表と兼務でチェルシーの面倒を見ることになったそうです。
アブラモさんがフェリポン解任もヒディングとの交渉も勝手に決めてしまったというお話もありますが、ヒディングは想像を絶する激務だと思いますけど、本当に凄い人ですよね
アルシャフィンとパブリチェンコは、ミッドウィークは自分の国の代表監督で、週末のリーグ戦では敵チームの監督ってことが有り得ることになりますね。
それも無茶苦茶なような気がする。
そういえばクビにされたフェリポンの違約金は¥10億だそうですね
アブラモさんは実は後先考えないただの短気なだけなのかも?とか思ってしまいます。
[PR]

by beckham306 | 2009-02-12 00:38 | 欧州各国リーグ戦