<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

リバプールEL予選で白星スタート

リバプール今期開幕戦白星スタート
今期公式戦初戦であるEL予選3回戦マケドニアでのアウェイをNゴクの2ゴールで勝利で飾ってます。
W杯組は帯同しなかったこの試合、昨期はプレミアで大きなプレッシャーの中プレーしてたNゴクは、この程度の試合はリラックスしてプレーできるのかもしれないですね。
そうゆう意味では彼はプレミアの下位チームにレンタルに出して場数を踏ませて自信をつけてから戻すのは有りなのかと思います。
次は主力含めJコールのプレーも観たいものですが、そういえばマキシ・ロドリゲスにエスパニュール行きの噂があるらしいですね・・・


フラムの新監督はマーク・ヒューズ
マンCからお払い箱にされていたマーク・ヒューズホジソンの後釜を務めることになりました。リバプールがホジソンを強奪してしまったので気になってましたがそれなりの監督さんが来てくれて一安心です。


ゲディラのマドリー行きが決定
南アW杯で活躍した選手の中でもドイツのエジル、ゲディラは最も欧州市場を驚かせた選手だと思いますが、ゲディラのマドリー移籍が決まったようですね。
そもそもバラックが負傷しなければスタメンの機会もそれほど無かったはずが、一転注目の選手となってしまった訳でバラックはチェルシーから古巣レバークーゼンへ戻ることになったのに対し方やマドリーですからね、人生何が起きるか判らないですね。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-31 21:36 | 欧州カップ戦

マスチェのインテル行きはマイコン次第?

マイコン→マドリー
マスチェ→インテル
ポウルセン→リバプール 
or ムンタリ+金銭 → リバプール


マスチェをキープすることはもう諦めているようですが、その割りに交渉が進まないのが気になりますが、どうやらインテルはマイコンの売却益をマスチェ購入資金に充てようとしてる為、肝心のマイコンのマドリー行きがモウリーニョの上手い駆け引きで簡単に高額取引とならない為、マスチェが玉突き移籍も進まないのだとすれば辻褄もあいますね。
じゃぁリバプールはマスチェの後釜をどうするのかと言うと、ユーべからポウルセン!を獲得するなんて噂や、インテルとトレードでムンタリ+金銭で交換するなんて記事もあります。
個人的にはポウルセン獲得は嫌じゃないですけど、その場合シュクルテル、アッガーを交換要員に充てるなんてことも書いてありますが、そんな割りに合わない取引も困ります。
トーレスは、残留方向の記事が多くなってきましたね。
W杯優勝直後に、全く別の環境でスタートするモチベーションも無いような気もしますので、何とか残ってくれればなぁと思います、

ラウール、グティ共に移籍先発表
ラウールはシャルケへ、グティはべジクタシュへ予定通り移籍が発表されてます。
シャルケは盛り上がるでしょうね
グティはモチベーション的にどうなんでしょうね?
中途半端にプレーして評価を落として帰ってくるなら、いっそのこと中東でのびのびプレーした方が良かったりするのかも
[PR]

by beckham306 | 2010-07-28 22:53 | 欧州各国リーグ戦

グティとラウール

グティとラウールが退団会見
今日明日と二日に分けてそれぞれの退団会見が行われるようですが、今日のグティの会見は既に終わっていてマドリーを去ることは発表したようですが、移籍先が噂されているシュスターのべジクタシュでることはまだ確定ではないらしく正式発表されてません。
モウリーニョグティはマドリーを去ることを表明した人間なのだから一切今期の戦力として考えないことを一貫してコメントしてきましたが、グティ的には、これまで通り事情次第では、いかようにでもなると思ってんじゃないかなぁと思いますが、完全に退路を絶たれてしまった状況でしたらこの発表は本来遅すぎたくらいなんだと思います。
明日はラウールが同様の会見を開くと思われますが、シャルケ行きは発表されないかもしれないですね。
どんな選手でもいつかはこんな日が来ることは何ら不思議ではないんですが、いざラウール、グティという二人が同時に去るという事実を目の当たりにするのはマドリーを応援してきた人はもちろんですが、そうでない私のような者にとってもショッキングなことです。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-25 23:11 | 欧州各国リーグ戦

リエラはオリンピアコスへ 他

リエラはオリンピアコスへ
噂通りリエラはギリシャへ行くことになりました。
移籍金400万ユーロの200万追加オプション付きで本人の年俸は250万ユーロとのことでギリシャでプレーする選手の中で最も高額な部類の選手となるそうです。
そこまでの選手かは疑問に思いますが、ベニテスが居なくなったとは云え、あれだけ揉めて、ホジソンも彼を重用するという話も聞きませんので、移籍は避けられなかったと思います。
個人的にも保有しておくことに固執する駒ではないと思ってます。


エトゥアルド・ダシルバ アーセナル退団
これは少し驚きました。
大怪我から復帰して、今シーズンこそ復活のはずだったクロアチア代表のエトゥアルドをベンゲルはシャフタール・ドネツクに放出してしまいました。
ベントナー、ファンペルシーを軸にシャマクも獲得できたので用無しということでしょうかね?
なんかまたベンゲルは恨んで去っていく形の斬り方をしてしまってるような気がします。
エトゥアルドはあまりいい気はしてないんじゃないですかねぇ


松井はスポルディング・リスボンへ!?
本人はここに決めてるようですので、後はクラブ間の問題ですが、2部落ちのグルノーブルが抵抗するとは思えませんので纏まり次第正式発表になると思います。
Cロナ、クアレスマを輩出したスポルディングでドリブラー松井に欧州杯戦で暴れてもらいたいものです。


高原、巻の海外移籍
こちらはかなり寂しい海外移籍なんだと思います。
戦力外通告前提でクラブ側も本人は心底乗り気ではないところを、このままでは居場所がないことを元得点王、元日本代表のプライドをズタズタにしてまで判らせて、本人受け入れ先の話があるなら無理やり背中を押してでも出してしまったんだと思います。
高原は韓国、はロシアですが、ピークを超えたこの二人は本当はJ2でプレーしたりする方が良かったような気がしますけどね。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-24 23:51 | 欧州各国リーグ戦

Jコールが来るらしい

Jコールが来るらしい
信じられないことが起きました。
チェルシーと契約更新をしなかったJコールが、なんとリバプールに来ることになったみたいです。
しかしアンチェロッティはJコールの替りにベナユンを獲っておいて、交換でもないのにそのJコールがリバプールに来てしますのはなんだかよく判りませんが、リバプールは移籍金無しの替りにJコールにかなりの報酬(週給8万ポンド!)を支払う契約をするようですし、方やベナユンは安価で放出してる訳で、収支的にはリバプールは全く得してはいないのですが、戦力としてJコールを明らかにベナユン以上と考えてるんでしょうから、それはそれで見合うことになるのかもしれません。
怪我がちなJコールがフルシーズン働いてくれるかはギャンブル要素ありますけど・・・

しかしJコールは何故このタイミングのリバプールに来る気になったのでしょうか?
ウエストハム→チェルシーのロンドンのチーム間での移籍でよっぽど嫌な思いをしたのでしょうかね?
次移籍するときは、ロンドン以外のクラブにするつもりだったとすれば、その場合の第一候補はマンUだったはず、本当になぜリバプールなのか早く理由を聞いてみたいものです。

これでリバプールはヨバノビッチに続き、読める戦力を予想外に補強した訳ですが、マスチェは去ったとしてもトーレスが残ってくれば、今期はプレミアでの戦いに傾注することを考えれば、あとはSB一人補強である程度戦える戦力になる目処がつくことになりますね。


ラウールと内田が同僚?
どうやらラウールはシャルケに行くようです。というか、条件に合致するチームはそこしかないようです。
しかしリーガの大物は外に出てあまり大活躍するイメージはありませんが、選手末期のグアルディオラの二の舞になりませんように・・・
その苦い経験が後々大成功に結びつくことも相似すれば、それはそれで良いことだとも思えますが・・・
[PR]

by beckham306 | 2010-07-21 00:38 | 欧州各国リーグ戦

インスーアはフィオへ

インスーアはフィオレンティナへ
インスーアについてクラブ間の移籍金は合意したと発表になってます。
後は本人の条件のみということですので移籍は確定ということでしょう。
個人的にはこの方には、あまり執着はありません(失礼)。

さてまた一人(準?)主力級が去っていくこととなりましたが、ジェラードは動かないような気がしますし、ルーカスも残ってくれそうなので、残る主力で放出の可能性大はマスチェラーノが筆頭でしょうね。ホジソンもまだ話さえできてないそうですので・・・
そしてまだまだ安心できないのはトーレスだと思ってます。

フラムの新監督はヨル!?
ホジソンをリバプールに獲られ後任が未だ決まっていないフラムは、どうやらスパーズでプレミアの経験もある現アヤックスのヨルの就任が明日にも発表されるとのことですが・・・
スパーズでボロボロでHSVで評価を持ち直してアヤックスに行った訳ですが、プレミアでリベンジしたいのでしょうか?

マンC コーチ陣は元サンプドリアで固める
ダビド・シウバの獲得など今期も派手な補強を続けているマンCですが、マンチーニはコーチ陣をサンプドリア時代の同僚で固めてきています。
元イングランド代表のプラット(懐かしい!)にイングランドでのプレー経験もありサンプ、ラツィオと一緒にプレーしたロンバルドを加えて脇を固めています。
マンチーニに心の拠り所はやっぱりサンプなんですね(インテルではなくて・・・)
[PR]

by beckham306 | 2010-07-18 22:54 | 欧州各国リーグ戦

CL、EL予選3回戦組合せ

CL予選3回戦組合せ
CL予選3回戦の抽選が行われています。
この3回戦は国内上位クラブ予選と国内優勝クラブ予選に別れ、国内優勝クラブは3回戦を勝ちあがった10チームでプレイオフが行われ5チームが本戦出場となり、国内上位クラブ予選を勝ち抜けた5クラブはオセール、セビージャ、トットナム、サンプドリア、ブレーメンを加えた10クラブでプレイオフを行い5クラブが本戦出場権を得ることになり、既に本戦出場権を得ている22クラブと共にようやくGLを戦えることになります。
シーズン前にクラブの今シーズンを左右するようなハードな試合をしなければならない訳でストレートインの権利を得ることがどんなに重要かが良くわかりますね。

スパーズ、ブレーメンなどの競合とプレイオフを行うことになる国内上位クラブ予選に出場するクラブと組合せは以下の通りです。
アヤックスvsPAOK
ディナモ・キエフvsKAAヘント
ヤングボーイズvsフェネルバフチェ
ブラガvsセルティック
ウニウニvsゼニト



EL予選3回戦組合せ
こちらは早くもリバプール、ユーべの名前が出てきてます。
リバプールはマケドニアのラボトニツキというクラブとアルメニアのFCミカというクラブの勝者と対戦、ユーべはアイルランドのクラブとイスラエルのクラブの勝者と対戦です。
この3回戦を勝ち上がる35クラブ!とCL3回戦敗退の15クラブ他いろんな理由で出場権のある24クラブを加えてプレイオフを行い本戦出場クラブを決めるようです。
UEFA杯の時から思ってましたが、優勝するまでを考えると気が遠くなる大会です。

まだ今期の陣容もよく判らないホジソン率いるリバプールの戦いは、7/29から始まってしまいます。どうなるんでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2010-07-17 23:32 | 欧州カップ戦

アンリはMLSへ

アンリMLS行き発表
バルサとの契約が継続されなかったアンリが噂通りMLSのNYレッドブルに移籍が発表されています。
33歳のアンリに複数年契約が提示されたことは大きな選択の理由のひとつだと思います。

ただ彼はベッカム同様 まだ欧州のトップレベルのリーグで十分プレーできる人だと思いますので、
行ってから物足りなくて後悔するんじゃないかなぁと思います。
離婚したりで目先のお金が大事なのかもしれないですけどね。
かなり残念です。
時代が時代ならJリーグにアンリが来たりしたんでしょうか?


日本は32位
W杯で9位相当らしい日本は最新のFIFAランキングで32位に上がりました。
アジアのトップはオーストラリアが20位と高い位置で、韓国は44位なんだそうです。
1位は当然優勝したスペインで2位はオランダ、ブラジルが3位にダウン、そしてドイツ、アルゼンチンで6位がジャンプアップでウルグアイです。
ちなみに著しい惨敗をしたイタリアは11位、フランスはなんと21位!と落ちるとこまで落ちてしまった感があります。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-14 23:58 | 欧州各国リーグ戦

最初に負けたスペインが優勝

スペイン優勝
朝テレビを付けたらイニエスタがニコニコインタビューを受けていたので、スぺインが優勝したことを理解しました。
3決の試合とは打って変わって少ないチャンスをお互い決め切れない展開で延長になったみたいですけど、間違いなく現在世界最高のGKだと思うカシージャスがいなければスペインの優勝は無かったと思います。
そのカシージャスがW杯を手渡され、天に突き上げることになりますが、このシーンはいつ観ても素晴らしいものです。

オランダは最後までファンペルシは存在感を示せず、チャンスシーンはスネイデル、ロッペンどちらかが絡むものばかりで、その二人が決められないとなると勝ち目はないですよね。
スぺインは今度加わるビジャから中盤殆どとDFのプジョル、ピケの二人まで半分以上がバルサである代表チームなだけに、アンリはMLSに行ってしまいますが、そんなこと思い出すこともないくらい来シーズンもバルサは強いんでしょうね。

最初に負けたスぺインが優勝して、無敗で決勝まで上り詰めたオランダは最後に負けました。どっとが良いかは言うまでもありませんけど、ファンマルバイクはやはりW杯優勝監督の器ではなかったんだと思うことにします。
そして優勝してスペインに唯一土をつけたスイスのGL敗退は、当の本人達は一番モヤモヤしてるのではないでしょうか。
スペインはこれでユーロ、W杯と連続して優勝した訳で、チームとしても今がサイクルの頂点なことは間違いなく、これからフランスのように転げ落ちるのか、それともドイツのように素敵な若者のチームに切り替われるのかの非常に難しい時期に突入します。

これでW杯も終了です。
皆さん これでようやく普通の生活に戻れますね
お疲れ様でした
[PR]

by beckham306 | 2010-07-13 01:07 | 各国代表

3決の良いところ

3決はドイツ勝利

貰えるお宝はどんなのものでも持ち帰る気満々のウルグアイと傷心と緊張感の糸が切れて倒れちゃった選手が出ているドイツの対戦はウルグアイはスアレスが戻ってきてベストメンバーで臨み、ドイツはポドルスキー、ラームそして記録のかかるクローゼも大事をとり欠場と大きくメンバーを変えざるを得ないドイツでしたが、気持ちいいほどオープンな撃ち合いで観ている方は楽しい試合でした。
この試合 スカパーでしか放送されてなかったみたいでしたが、ちょっと勿体無い気がしました。

ドイツの3点何れもウルグアイにとっては悔やまれる失点だったように思います。この試合のウルグアイGKは安定感に欠けてましたしね。
ミュラーもGKが弾いたボールをあの瞬間、あの位置に的確に蹴り込めるのは、簡単ではないんでしょう、岡崎ならGK正面に蹴ってしまうんじゃないかなぁ
フォルランのゴールは凄かったです。GK一歩も動けずでしたからね。
大会最多得点者に並んだフォルランは、試合終了間際これを決めれば延長というFKをバーを叩いてウルグアイの奮闘もここまでとなる訳ですが、今大会最も存在感のあるFWと言って言いすぎではないですよね。
ウルグアイは2枚のFWを除いては、ベスト4に残れることを予想できる戦力ではない中、全員が同じ気持ち、目標をぶらさずに最後まで戦った まるで海賊のようなチームでした。
主要国以外に希望を持たせてくれたと思います。

勝ち越しのヘッドを決めたバラックの代役を見事にこなし続けたゲディラはマドリーがジェラード獲得に失敗した場合獲りに行くなんて話やチェルシーが獲るなんて噂も報じられてます。契約満了まで短いので、売るならこのタイミングとクラブ側は考える可能性も大です。
エジルにはビッククラブが触手を伸ばすのは必至です。ブレーメンとの契約も満了のようですから、自らの意思で選べる状況にありますし、シャルケからブレーメンに移籍したように大胆な移籍も平気でやるでしょう。
ドイツでもっとも成長したなぁと感じさせてくれたのはシュバインシュタイガーです。
血気盛んな勢いだけの兄ちゃんが、しっかりと一歩下がったチームリーダーとなっていたことが若いドイツが躍進できた最大の功労者なんだと思います。

無くてもいいんじゃないかと思われがちな3決ですが、何が良いと言われば試合終了後のお互いこの先は無い訳で、大会を最後まで試合をすることができた満足、充実感とそれを両者称え合う温和な雰囲気は独特のものがあると思います。
試合終了後のセレモニーでのドイツは特にチームとしての満足感が伝わってくる感動的なものでした。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-11 13:27 | 各国代表