<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

リュングベリが欧州に戻ってくるらしい

リュングべリがセルティックへ
懐かしい名前が記事に出ていてびっくりです。
MLSのシアトル、シカゴでプレーしていたリュングべリが欧州に戻ってくるようです。
1月からセルティックでプレーすることになったようです。
個人的にはあの頃のアーセナルはメンバーは素晴らしかったと思いますし、リュングベリは好きな選手でしたのでプレミアで再びリュングベリが観られることになると嬉しいんですけどね


槙野はケルン、家長はマジョルカ、安田はフィテッセへ
この冬はJリーガーが続々と欧州へ向かいますね
槙野のケルン行きの会見がありましたし、安田はエールディビジでプレーすることが内定してるんだそうです。家長はマジョルカに移籍し、どこかへレンタルで出されるようです。
フィテッセは15位、ケルンは16位と厳しい位置にいますが、彼らの加入で残留することができれば、5月には次へのステップも開けてることでしょう。
日本人プレイヤーの急激な認知度向上はW杯での成績とそしてドイツでの香川の功績が大きいと思いますが、日本代表に選ばれるステップとして欧州でのプレー経験がない選手は珍しくなってくるでしょうね。
本当素晴らしいことです。


今回が本年最後の投稿となります。
今年は投稿回数がめっきり減ってしまいました。
ブログを書くことは生活のリズムのひとつになっていて、それを維持しようとしてきた部分もあったので、興味が薄れたとかじゃなくて、少し気楽に向き合えるものにしています。
引き続き覗いて観て頂けますと幸いです。
来年もよろしくお願いします。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-31 20:45 | 欧州各国リーグ戦

2010年プレミア最終節の試合結果

プレミア2010年最後の試合の結果
リバプールはなんと最下位だったウルブスにアンフィールドで0-1で負けてしまってます。
観てないのでなんともいえませんが、酷い試合だったようですね。
トーレス、ジェラードを先発させてのこの結果は、上位陣が混戦、足踏みも有りの状況で、CL圏内も見えてきてから、12月の体たらくは言い訳できない結果になってしまいましたね。
もうホジソンへの風当たりは本格的なものになるでしょうし、ベニテスがフリーになっている状況で、いよいよ決断すべき時が来てしまったような気もします。
但しベニテス復帰がベストとは思いませんけど・・・・

前節アーセナルに負けて転げ落ち続けているチェルシーは、これも微妙な相手だったボルトンに1-0と辛勝してなんとか踏みとどまりました。
アンチェロッティもこのままではシーズン中の解任はないとは云えないですからね。
アーセナルはウィガンと引き分けてしまい前日に大勝したマンCと並ぶことはできませんでした。それでも1試合消化が少ないので有利な状況ではありますが・・
マンUもバーミンガムとドロー、スパーズはニューカッスルに2-0で勝利しチェルシーに1P差の5位キープ。
5位まで上位は消化試合の差はありますが5P差内ですからね。
この中にリバプールも早く入ってきて欲しかったんですけど、今となっては5位スパーズに11P差つけられた12位ですよ・・・・
下から数えた方が早い位置に逆戻りです。
リバプールにとって2010年は激動の年でしたが、結果的にはホジソン就任後も安定した強さを保つようには至ってません。むしろCL圏内に入ることができるのはいつのことになるのだろうって感じもしてしまいます。
まだまだ混戦が続くと思われる今シーズンのプレミアですが、2011年はリバプールに上位に食い込んでくれるようなチャンスは巡ってくるのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2010-12-30 21:52 | 欧州各国リーグ戦

本当にレオナルドが就任

インテルの監督は本当にレオナルド
後任監督はクリスマス後に発表できるなんてコメントしてたような気がしましたが、とっとと大方の予想そのもののレオナルドが本当に就任することが発表されました。
これはいざ事実として報じられると衝撃ですね
こんなことがある世の中になってしまったんですかねぇ
マンチーニがインテルを去った後ミランの監督になるようなもんですもんね(ちょっと違うか)

レオナルドはさっそくカカを連れてくることを要望しているらしいですが、あっさり実現しちゃいそうな気がします。
そうなればスネイデルは拗ねて出て行くくなんて話も出るんでしょうけど、両者負傷がちなので、チーム的には二人いて丁度いい感じもしますけど・・
いずれにしてもミラノダービーはとんでもないことになるでしょうね。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-25 18:10 | 欧州各国リーグ戦

ベニテス インテル退団

ベニテス退団
昨日どうやら契約解除濃厚のようだなんて記事を書いた直後に本当に解任されてました・・・
まぁなんともインテルらしさを取り戻してきたというか、今回はベニテスが形勢不利な書かれ方が多いですけど、モラさんみたいな人と直接遣り合って金を引き出し、結果も出してなんてことを上手くやっていける人は本当に大変なことなんだと思います。
ついつい本音が出てしまえばこの通りすぐクビですしね・・・

案の定マンチーニは、この結果に驚くべきことではないと、あんな奴とはやってられない方が普通だよ的なコメントをしてるようですしね。
面と向かって自分のやりたいことの主張含め受け入れて貰い且つ結果を出していくことは至難の業なんだと思います。
モウリーニョもさっさと出て行ってしまったのはモラさんの機嫌を損ねずにやっていくのはもう懲り懲りだったのかもしれませんしね。

そもそも3冠を成し遂げたモウリーニョの後任なんて、誰がやっても見劣りするんですから、若手インテルOBを監督にしても良かったのかもとか思います。
ラファ程の監督でさえ霞んでしまう訳ですので、就任したこと自体が今となっては間違いだったんだと思います。
次はレオナルドが筆頭候補のように(実は無難にOBのゼンガかもしれませんが)報じられてますが、レオナルドベルルスコーニへの恨みを晴らすべくインテルを立ち直させてミランを首位から引きづり下ろすようなことがあったとしたら、サンシーロは修羅場と化すでしょうね・・・

そしてベニテスは自宅の残っているリバプールに戻ってきているそうですが、プレミアの監督をやったりすることになるんでしょうか?
出戻りはないとは思いますが、もう当時の経営陣は替わってしまってるのでわだかまりも無かったりするかもしれませんしね・・・・
[PR]

by beckham306 | 2010-12-25 01:43 | 欧州各国リーグ戦

ベニテス 契約解消の方向へ

ベニテス 契約解消必至
CWCのタイトルを獲り首が繋がったと思っていたベニテスですが、いりいり溜まっていたんでしょうが、優勝直後にモラさんを刺激する余計なことを言ったことに発して、退団?解任?は避けられない情勢になってしまってるようですね。
代理人もインテルとは関係改善ではなく契約解消の為の交渉をしていると認めてしまっているようですので、違約金の調整さえつけば早々に解消となるんでしょう。
インテルの後任監督はスパレッティなんかの前々から噂になっていた名前の他になんとレオナルドの名前が有力視されていることが気になりますね。どうなるんでしょうか・・・
そしてベニテスは何処に行くのでしょうか?
ホジソンはそわそわしてるでしょうけど、個人的には出戻りはないと思います。


Jリーガーのブンデス行きがお盛んなようで
細貝がレバークーゼンに移籍することになったそうですね
彼はそこそこやれるような気がしますが、バラックと同じポジションではないとしてもヒーピアとバラックの間でプレーできたりしたとすればそれは羨ましい話です。
順位も3位と香川のドルトムントを争える位置にいますので、マイスターシャーレを日本人対決で争うなんてことになるのでしょうか?
岡崎はシュツットガルトからオファが正式に来たようですので、こちらも行くことになるんでしょう。こちらは17位と低迷してますので、カンフル剤として期待されてると考えていいんでしょうね。カカウあたりとポジション争いする日本人FWというのも頼もしい限りです。
彼はこれ以上Jでプレーしても得るものは無さそうですので、ダメでも出て行った方が絶対良いと思います。
香川の望外の成功で一気に日本人選手の信頼性が上がったんだと思いますが、欧州行きのステップがブンデスでスタートできるというのは恵まれた世の中になったものですね。
ドルトムント、シャルケ、ヴォルフス、ニュルンベルグ、シュツットガルト、レバークーゼンで代表クラスの日本人がプレーすることになります。
これはもうフジ1、2、NEXT視聴するしかないですかね。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-23 20:27 | 欧州各国リーグ戦

CWCインテル優勝

CWCはインテル優勝
結局1試合も観なかった今年のCWC、無事インテルはアフリカ王者マゼンベを3-0で破りCWCを制覇できたようです。
パンデフのシュートは落ち着いてましたね。あーゆうのを確実に決められることはインテルの
ようなビッククラブでFWをやっていられる重要なことだと思います。
エトーのゴールがマゼンベ側のDFが緩すぎた感があります。
この試合スタメンでなかったスタンコビッチがご機嫌斜めの様子だったりと新たな火種は絶えませんが、ベニテスはノルマをクリアし大きな山場は越えて首が繋がりましたかね。
個人的には今年のCWC 全く盛り上がれませんでした・・・


プレミアは雪で延期
昨夜はリバプールvsフラムを含む4試合が雪の為延期となってしまいました。
ジソンの古巣対決が注目でしたが先延ばしになってしまいました。
同じく19日の大一番チェルシーvsマンUも延期が決まってます。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-19 16:23 | 欧州カップ戦

CL,EL決勝T1回戦組合せ

CL決勝T1回戦組合せ
ローマ 対 シャフタール・ドネツク
ミラン 対 トットナム
バレンシア 対 シャルケ
インテル 対 バイエルン
リヨン 対 マドリー
アーセナル 対 バルセロナ
マルセイユ 対 マンU
コペンハーゲン 対 チェルシー

2位通過だったインテルはバイエルンといきなり作年の決勝の再現となりました。
ただ今期は両者共かつての勢いはありません。インテルは早々に消えるような気がします。
この試合を迎える時点でベニテスが率いているのかも判りませんが・・・
アーセナルはベンゲルの希望通り普通は当たりたくないバルサと対戦です。
難しいでしょうね
ローマはシャフタールと対戦となり少しはCL決勝Tでの自信をつけるきっかけにできるでしょうか
ミランvsスパーズはなんか新鮮なカードですが、老獪なミランのベテラン勢に貫禄を見せ付けることになると予想します。
内田のシャルケはバレンシアと、マドリーは何度も見た気がするリヨンと、マンUはマルセイユとで、これは当確でしょう。
そして絶不調チェルシーは通常であれば圧倒的な実力差と考えられるコペンハーゲンとの対戦ですが、1月には立て直せてるでしょうかね?



EL決勝T1回戦組合せ
ナポリ 対 ビジャレアル
レンジャーズ 対 スポルティング・リスボン
スパルタ・プラハ 対 リヴァプール
アンデルレヒト 対 アヤックス
レフ・ポズナニ 対 ブラガ
ベジクタシュ 対 ディナモ・キエフ
バーゼル 対 スパルタク・モスクワ
ヤング・ボーイズ 対 ゼニト・サンクトペテルブルク
アリス 対 マンチェスター・シティ
PAOK 対 CSKAモスクワ
セビージャ 対 ポルト
ルビン・カザン 対 トゥエンテ
リール 対 PSV
べンフィカ 対 シュトゥットガルト
BATE 対 パリ・サンジェルマン
メタリスト 対 レヴァークーゼン


リバプールはスパルタ・プラハとの対戦となりました。これを勝ち抜くと次はレフ・ポズナニ対ブラガの勝者と対戦とラッキーかどうか判りませんが、若干地味目な対戦が続きます。
総じてこれは観たいと思わせるカードは少ない気がします。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-18 00:44 | 欧州カップ戦

ニューカッスルvsリバプール

ニューカッスルvsリバプール
うーん アウェイで勝てませんね
ヨバノビッチ、Jコール、ポウルセンはベンチで、この試合のスタメンが現在のホジソン的にはベストメンバーなんだと思います。
最近海老蔵を見る度にメイレレスを思い出すのは僕だけでしょうか・・
ゴールシーンだけみてるとキャロル一人に負けたように見えるのですが、3点目のシュートなんてフリーで撃たせてますもんね
地方の運送業社長的雰囲気のニューカッスルオーナー夫妻はひたすら喜んでましたね
リバプールはカイトのちょっとラッキーな1点だけでしたけど、キャロルに対して貫禄を魅せつけて欲しかったトーレスは良いとこなかったんでしょうか?
ニューカッスルのGKは、GKらしからぬナヨッとした風貌でゴリゴリやればミスしてくれそうな雰囲気なんですけど抉じ開けられなかったんですねぇ
しかしキャロルみたいのが日本代表にいたらなぁと惚れ惚れしてしまいます。
イングランド代表のFWはルーニー、キャロルで安泰ですね

勝ったニューカッスルはリバプールと同ポイントで9位 リバプールは10位です。
マンCがウエストハムに順当勝ちして3位に浮上、今夜のスパーズvsチェルシー、明日のマンUvsアーセナル次第で上位の順位は動きそうです。
リバプール的には今夜のボルトンvsブラックバーンの結果も気になるところです。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-12 16:02 | 欧州各国リーグ戦

CL16強出揃う

CL16強出揃う
順当な結果になりつつあった中で唯一気が抜けない状況だったアーセナルがパルチザンを破り16強入りを決めました。

A組はスパーズがトゥエンテと引き分けたのでインテルは1位抜け出来た野にもかかわらず最下位ブレーメンに負けてます。この勢いの無さでのCWCは大丈夫なんでしょうか?
B組はブンデスでもようやく調子が出てきたシャルケがCLでは最後まで絶好調でした。内田は欧州挑戦1年目からCL決勝Tでプレーすることができます。2位はこちらもリーグ戦で調子が出てきたリヨン。
C組はお互い勝ち抜けが決まっていたマンU、バレンシアの対決でしたが結果は盛り上がる訳もなくドロー
D組はルビンカザンがバルサに破れ、コペンハーゲンは勝利した為文句無しの勝ち抜けです。
E組はローマが最低限勝ち点1さえ挙げれば勝ち抜けが決める状況でしたが、その通り最低限の試合をしました。
1位抜けはリーグ戦イマイチな状態が続くバイエルン
F組は絶不調チェルシーは特に勝つ必要はなかったものの、雰囲気的には勝っておきたかったんでしょうけど、それでもマルセイユに負けました。
アンチェロッティは年を越せるのでしょうか?
G組はマドリーとミランですが、ミランは最終節アヤックスにホームで負けたので勝ち点の上では辛うじて2位という結果に。
H組はシャフタールが1位、アーセナルが2位です。

インテル、アーセナルが2位となった為、決勝Tはいきなりビックカード観られそうです。


ニューカッスルの新監督
今夜リバプールと対戦するニューカッスルの新監督はアラン・パーデューだそうです。
2部からプレミアに1シーズンで引き上げた前監督をあっさりとクビにして、次はよっぽど大物なんだろうなと思っていたので、シアラーに拒否されて当てが外れただけかもしれませんがちょっと拍子抜けです。
パーデューさんは確か数年前リバプールがウエストハムとFA杯決勝で対戦したときの監督さんですよね、あのとき敵だったベナユンは凄かった記憶があります。
どうでもいいですけどリバプールは今夜ニューカッスルを破って貰わないとなりません。
[PR]

by beckham306 | 2010-12-11 19:10 | 欧州カップ戦

リバプールvsヴィラ

リバプールvsヴィラ
ウリエの凱旋です。
しかもヴィラのGKはウリエに追われて出て行ったフリーデル・・・
ウォーノックもいるしで、リバプール的には盛り沢山な試合です。
フリーデルは再びウリエによって放出されそうなんだとか・・
この人それなりのネームバリューがありながら実は02W杯の時以外は幸せな時期が少ない印象があります。

リバプールはトーレス、ジェラード、キャラガーを欠くという本来信じ難いメンバーでしたが、この試合コンチェスキーを除いては現在のベストと思わせてくれる内容でした。
ちょっと違うかもしれませんがヨバノビッチが入ってれば最高だったのではないかと思います。
バベルは先日のELに続きようやく仕事らしい働きをし始めてますね
ゴールシーンはオフサイドだったと思いますけど・・・
まぁこんなに気持ちよく観てられるリバプールはいつ以来か覚えてないくらいです。
4位マンCに7P差の8位まで浮上しました。

今週末は監督が解任されたニューカッスルとアウェイで対戦です。
連勝したいですね
[PR]

by beckham306 | 2010-12-07 23:32 | 欧州各国リーグ戦