イタリア代表監督はドナドーニ、マテがステージへ 他

イタリア代表監督はドナド-ニ
リッピ辞任を受け後任人事が早速発表されました。
現役時代はミラン 昨期はリボルノの監督としてチームを躍進させながら途中で解任されていたドナドー二が代表監督に就任することになりました。
WC優勝の後ですから、誰がやってもプレッシャーな訳で、どうせなら若い人材にやらせてみて2年様子見て駄目なら重鎮を連れてくるって感じでしょうか。
このあたりゴタゴタせずスパッと決まっていいですよね。
個人的にはドナドーニはてっきりアンチェロッティの後釜でミランの次期監督かと思ってましたけど・・


マテラッツィはストーンズと競演!
20日にジダン、マテの二人の聴聞会が開かれるようですけど、そのマテ11日にローリングストーンズのヨーロッパ・ツアーの初日 サンシーロ!でのステージの終盤、なんとマテとデルピエロがステージに上がったそうです。
優勝の興奮冷めやらぬイタリアでビックサプライズになったそうだ。
そりゃ盛り上がるよなぁ
ミックジャガー「このステージには『頭』に問題のある奴が多いな」と毒舌を一発かまし、キースとマテラッツィを苦笑させたそうです・・

マテは、7万人のオーディエンスにいまやイタリア第2の国歌になったらしいホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」を歌うよう そそのかしたらしい。

彼は 誰が何と言おうとイタリアではこの先ずっと英雄だよな・・・ 複雑


CLに続きUEFACUP予選1回戦もスタート
CLに続きUEFACUPもスタートしました。
バーゼルの中田浩二は早くも今シーズン初出場を果たし勝利しています。


村上龍はヒデ引退を4ヶ月前から知っていた
村上氏はMSNビデオで配信された動画ニュースに出演し、中田氏から引退表明の約4カ月前に、その意思を報告されていたことを明かしたそうです。
村上氏は「最後のボルトンでは冷遇状態で、それでも試合前には自分を追い込んで万全の状態にしていた。いつかモチベーションが切れるんじゃないかと心配していた」と語ったそうだ。

4ヶ月前って2月末ってこと?
あの時期ボルトンで信頼を得られず、そして他のクラブへ移籍する道もハードルが高く八方塞がりであったことで嫌気というか、これ以上やっていくことへの限界を感じたことが引退を考えさせる決め手になってんですかね。
なんだか数年後に引退を後悔することにならなきゃいいのになぁと思います。

噂の域は出ませんが、イタリアに戻る選択をすればトリノやいくつかのプロバンチャのクラブが獲得の意思はあったとされてますし、ブレーメンがミクーの後釜(ヒデが追い出した選手の後釜ってのも・・)にヒデをリストアップしたいたとの噂なんかも見ましたけど。
プレミアに拘らず欧州でプレーし続ける意思があったならば、行き先はあったのかもしれないのにと思うと・・


現地時間14日にセリエA不正疑惑の処分内容がいよいよ発表されます。
ユーべはB落ちは免れそうもないですけど、あとの3クラブはAのままでCL出場権の剥奪ってとこでしょうか。
[PR]

by beckham306 | 2006-07-14 20:56 | 欧州カップ戦